「夢を実現する思考」を手に入れるためには「考える力」を育てよう★


2015.11.161

【夢を語り、実現する子どもが育つ母学3か月レッスン】卒業生のお母さんから
ご報告をいただきました(^^♪

年中さんの女の子のお母さんです。

> 手作りピアノ
3日前にティッシュ箱が2個空になりました。
娘はすぐに、「それ工作に使えるからちょうだい」と持っていき、
早速「何がつくれるかな?」と手で持って考えていました。

「あっピアノがつくれるかも!うん!できる!」とひとりごとのように話し、
それから今日までピアノ作り開始。

★1日目~箱を2個糊ではりつける。
★2日目~絵具で色つけ
★3日目~ピアノにデコレーションし、折り紙で鍵盤を折り紙で切って貼り完成。

この過程を娘一人で考え道具を準備し作っていました!
私は3日前に「ピアノがつくれるかも」を聞いて『うん』と返事をして、
時々『写真を撮らせて~』と娘の横で写真を撮り、
お手伝いは「ガッチャンコ(クラフトパンチ)かして」と言われたときに貸したくらいです(笑)

うちにピアノはないので、鍵盤などは大体で作った感じですが、
かなり雰囲気がでていました!
いつの間にかお客さんがいて、♪ドレミのうた♪を弾いて歌っていました(^^)

初めて3日間かけての製作でした。私は一切口を出さず、ただただ見守るに徹しました。
★絵具を使う時に新聞を下に敷く。
★絵具パレット、筆洗いの代わりにイチゴパック3つ使う。
★ピアノにデコレーション(クラフトパンチの使用)。
★楽譜おきを作った。(置くというより差し込む?ですが(笑)) 

これらのことを一人で考えて行った事に驚きと同時に子供のパワーに感動です(^^♪
(新潟県T・Aさん)

2015.11.02015.11.162
年中さんが!
一人で!!
3日間かけて!!!

作り上げたそうです。

【夢を語り、実現する子どもが育つ母学3か月レッスン】では
子どもの「夢を実現するための思考」を育てる方法をお伝えします。

それは

夢を語る

自分を知る

段取り

やり抜く

というものです。文字に書くとカンタンですが
実際にやるのは大人でもムズカシイもの。

このピアノ作りでは

ピアノが欲しい

ティッシュ2箱で何が出来るだろう?

床が汚れないように新聞を敷く
ノリが乾くまで一日おく
クラフトパンチで飾る

3日間かけて作り上げる

という過程です。

たった3か月お母さんが、この「夢を実現する思考の育て方」を
学ぶだけで、
実際にお子さんがここまでやり切る子どもになったのです。

そして、それを見守るお母さんの心の広さ(というか度胸?(笑))

★絵の具で床が汚れるのではないか
★出来なくて泣き出すのではないか
★もっといい方法があるから教えたい
★片付けをしなくて叱ることになるのではないか

など、不安や心配もあったでしょう。

でも、自信を持って見守れるようになったことが
お嬢さんがやり切ったイチバンの原因かもしれません。

ピアノのおもちゃを買ってあげれば、音が出る素敵なピアノがあるのに、
あえて自分で作ったところが、お子さんの頭がもう「頭の中が生産」なのですね。

こんなお子さんやお母さんが【夢を語り、実現する子どもが育つ母学3か月レッスン】では
どんどん生まれています(^^♪

「考える子ども」から「考える大人」になるための
日々の応援です。

「教えず怒らず脳力伸ばせば、子どもがなりたい自分になる」
東大・京大合格だって、数学オリンピックだって、学生起業家だって、高校イギリス留学だって。
(すべて3人の我が子たちのことです)
2000冊の育児書にも書いていない
まったく新しい子育て法を伝授するメルマガ【母学のススメ】
登録はこちらから



母学アカデミー

コメントを残す