【ズバリ!学力アップ】~母学(ははがく)式アプローチ~

〇〇すれば、子供の学力がアップ!a0001_013135-198x300

そう聞くと、小学生のお母さんなら
きっこと心がざわめくでしょう。

子供が生まれたときには
「元気に産まれてきてくれたら
それだけでいい」
と思っていたのに、

成長するにつれて
「他の子に遅れないでほしい」
「他の子より秀でて欲しい」
と思ってしまうのは
なぜでしょう?

小学生になると「勉強」は
すべての子供がやらなくてはなりません。

【全員がするもの】
   ↓
【イヤでも他人と比べてしまう】

こんな図式が出てくるのです。
学力は遺伝ではないと
私は思っています。

親の関わり、子供の意識で
学力は大きく変わると
確信しています。

まずは「勉強が嫌なもの」
と言うお母さんの思い込みを
変えましょう。

お母さんが「勉強は楽しいもの」
と思えば、子供に伝わります。
そうすると子供のやる気が
アップするのです!

「こ勉強は楽しいもの」と思える
お母さんの声かけは、
案外自分で考えても変えられないのです。

学ぶことで初めて
知ることができるのです。

「親の関わりはどうすればいいの?」
「子どもの意識って、
どうすれば変わるの?」

母学(ははがく)式の学力アップについては
メルマガでお伝えしています。
(その他の子育て情報も)

東大・京大・高校単身留学の子どもを育てた母の「全国対応 無料メールマガジン」



母学アカデミー

コメントを残す