【夢を語り、実践する子どもが育つ母学3か月レッスン】卒業生インタビュー 新潟県T・Aさん


高土さん5

5月から始まった【夢を語り、実現する子どもが育つ母学3か月レッスン】
先日、1期生のママさんたちが卒業されました(^○^)

あっという間の3か月でしたが、その間のお母さんとお子さんの成長ぶりは
私が想像した以上でした。

今回、アンケートにお答えいただきましたので
ご紹介します!

Q:【夢を語り、実現する子どもが育つ母学3か月レッスン】に参加する前に
レッスンに期待していたことは何ですか?

A: それまでも家事と子育てにそこそこ一生懸命取り組んで、育児書もたくさん読んで
子育てをしていました。
子どもに特に問題があるわけでもなく、そこそこの子育てはしていました。
でも、「何かが違う!」という感覚がありました。

「家事と子育てではない『何か』がしたい!」
「子どもが4歳になって、それまでの子育てでは何かが違う」

そんな感じで、行き詰っていました。この行き詰った感覚はこれから
どんどん広がっていくような予感もしていました。

Q: それでは、【夢を語り、実現する子どもが育つ母学3か月レッスン】を受講して
変わったことを教えてください。

A: 劇的に変わりました!!!

まず、私の目標がハッキリ見えました!かなり高い目標ですぐには達成できないけれど、
これからずっと時間をかけて、一歩ずつ進んで行く道筋が見えました。
実際、すでに資格を取るために勉強し始めているのですよ(^○^)

そして、私が変わったことで、娘も劇的に変わりました。それまでは、何をするにしても
「ママ、これしていい?」「あれしていい?」と聞いていたのが、
自分で考えて、自分で行動するようになりました。

お料理も自分から包丁や火を使ってすることも覚えました。
まだ5歳になったばかりだから危ないかなぁと思っていましたが、
5歳でもしっかりできるということが、よくわかりました。

それから、夫婦の関係が変わりました!
ワークをする時に、夫にも意見を聞いたり、やってもらったりしたら
私では思いつかない考え方をしたり、娘の対応が私と夫では違うということが
わかったり、夫の子どもに対する思いがよくわかった3か月でした。

Q:具体的なエピソードがあったら教えてください。

A:たくさんありますよ(笑)
家で子どもがヤクルトを飲むときに、私は見ていなかったのですが、
こぼしっちゃったのです。
以前なら、泣いたり拗ねたりしていたのが、
「ママ~、台拭き貸して~」と怒りも凹みもせず言って、
拭いていました。

「どうしてこぼれちゃったのかな?どうしたらよかったのかな?」と
聞いてみたら、しばらく考えてから

「フタを開けたら、すぐに飲めばよかったんだね」と
自分で原因を考えて、改善策まで考えていました。

5歳児でもここまで考えられるようになったんだ!と
親として感動しました。

Q:まだありますか?

A:自分でしたいことがとても増えたようです。
いろいろなことに自分で興味を持ってチャレンジするように
なりました。
娘の髪を三つ編みにしてあげた時に、三つ編みに興味を持ったので
3色の紐で、やり方を1回だけ見せてあげました。
それから、自分でやり出したのですが、
「ママはあっちへ行って!」と追い出されました(笑)

30分くらいたったでしょうか?
娘が見せてくれた三つ編みは、1mくらいの長さになっていました\(◎o◎)/!

その集中力には驚きました!
今までだったら、出来なかったら途中で投げ出したり泣いたりしてたのですが
途中で諦めずやりぬいた集中力の度合いは親もびっくりでした。
(新潟県T・Aさん)

5月から1期生として【夢を語り、実現する子どもが育つ母学3か月レッスン】に参加いただきました。
受講生も初めてですが、私もこのレッスンは初めて!実はドキドキでした(笑)

でも、思った以上の成果が出て本当に「始めてよかった(^○^)」と
思っています。

お問い合わせもたくさんいただいています!
詳細はお問い合わせいただいた方に直接お伝えしております。
ぜひお問い合わせくださいね(^○^)



母学アカデミー

コメントを残す