【母学のススメ】~子どもを伸ばすために認めること~

Hold me
「子どもが何か失敗したとき、『失敗の裏にあるもの』(やろうと努力したけどできなかった、一部分はできた、人にゆずってあげて自分はできなかったなど)を見て、ちょっとでも出来た部分を認めてあげましょう!
認めてあげた部分は必ず伸びます!」
【母学のススメ】

おはようございます♪

子どもの「悪い部分を正す」より「伸びる部分を伸ばす」方が
子どもの能力を生かすことができますよ!



母学アカデミー

コメントを残す