【2:6:2の法則】子どもがトップ2割に入る方法

pixta_14709763_M

ハロウィンが終わったら
街は一気にクリスマスモードですね

 

 

先日カフェでお茶してたら
BGMがクリスマスソングだったので
びっくり(@_@)

 

 

そういう私も子どもたちに
年末年始の帰省の予定を聞いて
新幹線の切符を予約するため
スタンバっています(笑)

 

 

年末年始の新幹線切符は
1か月前の朝10時に発売です
(12/30の切符は11/30発売)

 

 

もう、10時ジャストに
ネットで予約しないと
すぐに売り切れになります。

 

 

そのためには、
★11/30の午前中には用事を
入れない!

 

★切符を取る順番(長男次男)の
作戦を練る!

 

 

など、段取りが大事になります

 

 

 

早めにスケジュールを立てて
準備をすると
スムーズにお得になることが
実はとても多いのです。

 

 

 

「2:6:2の法則」という法則があります
パレードの法則ともいいます

 

 

一般のパレードの法則は

★優秀な人が2割

★普通の人が6割

★よくない人が2割

と言われています。

 

 

 

これは、スケジュールや段取りにも
言えることです

★2割の人は早めに準備してお得条件ゲット

★6割の人はみんなが動き出してから行動

★2割の人はギリギリまで行動しない

 

 

 

 

その結果

 

★最初の2割の人は好きな席を選べる

★6割の人は運がよければ座れる

★最後の2割の人は立ったまま移動

 

という結果が待っています。

 

 

 

これは、新幹線の切符だけではなく
いろいろなことに当てはまります。

 

 

自分がどこに入るか、
我が子がどこに入るか

 

 

これは、「習慣」によって決まります。

 

「親が行動に対してどういう習慣を
持っているか」が

子どもの行動にも影響します。

 

 

親の行動パターンがそのまま子どもに
伝わる場合が多いのです。

 

 

 

 

11月の街はすでにクリスマスモードですが
お子さんのクリスマスプレゼントは
もうお考えですか?

 

 

これにも2:6:2の法則は
当てはまります。

 

 

早めに考えて、早めに行動すれば
心に余裕をもってクリスマスが
迎えられますよ。

 

 

 

母学ママさんは
「母学つみ木」をクリスマスプレゼントに
される方も多いです。

 

 

しかし、この「母学つみ木」、
一度にたくさんの注文をいただいくと
間に合わないこともあります。

 

 

 

在庫をたくさん抱えているわけではなく
注文をいただいてから
おつくりしています。

 

 

 

といっても私が作るのではなく(笑)
山口県のある工務店さんに
作っていただいています。

 

 

年配のご夫婦が営んでいらっしゃいます。
ご主人様が積み木と箱を作り、
奥様が積み木ひとつひとつに
やすりをかけられます。

本当の手作りです。

 

 

つみ木には国産のケヤキ
(主に山口県産)を使っています

 

 

積み木を入れる箱もご主人の手作りです

 

ですから、一度にたくさんは出来ません。

 

 

 

クリスマスに確実に間に合わせる
ためには、

 

 

ぜひ、「最初に行動する2割の人」に
なってくださいね。

 

 

 

ご注文はこちらから

母学ショップ

 

 

 

東大・京大・高校単身留学の子どもを育てた母の「全国対応 無料メールマガジン」



母学アカデミー

コメントを残す