お母さんからの報告【夢を語り、実践する子どもが育つ母学3か月レッスン】東京都 K・Hさん


3ハヤシライスs004

もし、あなたが小学1年生のお子さんをお持ちで、共働きで、
夕方疲れて帰宅した時に、

こんなことがあったら、どうですか?

>昨日、下の息子を連れて保育園から帰宅したら、小学1年生の長男が夕飯の準備をしてくれていました。
テーブルにはカレー、お味噌汁(両方作りおきの物です)が既に配膳されていて、
本人はウインナーを焼いているところでした。

『そろそろ帰ってくるとおもって用意しといた!』だそうです。

そして、朝 お願いした洗濯ダタミが思うように出来なくて、他に代わるお仕事が無いか考えて 夕飯の支度をしたとの事でした。
嬉しかったです♪
(東京都K・Hさん)

これは【夢を語り、実現する子どもが育つ母学3か月レッスン】に参加いただいている
受講生からの報告です\(◎o◎)/!

ちなみに写真は私の長男が作ったハヤシライスです(笑)

お料理には

★段取り力
★集中力
★創造力
★思いやりの心
★推理力

などなど、いろいろな力が必要です!

だからこそ、私は「キッチン子育て」をオススメしているのです。

もちろん、最初から一人でやらせるのは危険も伴いますからできませんが
徐々に練習すれば、小学1年生だって夕食の用意ができるのです!!

それも、「疲れて帰って来るお母さん」のことを思いやって
自分で考えて行動することが出来るのです!!

小学1年生でこれだけのことが出来れば、
将来大人になった時に、

「自分のやりたいこと(それも人の役に立つこと)を
自主的に、段取りをして、やり切る」

こんな人間になっていることが、容易に想像できますね。

「子どもが30歳になった時に、どんな人間になっていて欲しいか」

を親が常に考え、イメージしながら子育てをすることで
夢を語り、実現する子どもが育つのです!

【夢を語り、実現する子どもが育つ母学3か月レッスン】では
そんなお母さんの子育てをサポートしています。

たった3か月のお母さんの学びで、30歳になったお子さんが
夢を語り、実現する大人になるとしたら、それこそ夢のようですよね。

実際には3か月で終わりではなく、「学び続ける心構え」が出来ますから
そのお母さんは常に学び続け、お子さんはそんなお母さんから
影響を受け続けるわけです。

そんなレッスンが開講できたこと、学んでくださるお母さんが増え続けていること
本当に嬉しいです(^○^)



母学アカデミー

コメントを残す