お母さんが「見守る方法」を学び、「子どもを信じる方法」を学ぶと 子どもは自分でやり切るのです!


DSC_0310 (1)
(小1のお子さんが作った作品)

【夢を語り、実現する子どもが育つ母学3か月レッスン】の受講者さまから
ご報告をいただきました(^^♪

>今朝、こんな事があったので、ご報告です。
小1の息子が、週末、なかなか宿題が進まずにいて、
昨日の夜、「明日の朝、早起きしてやる。」と言い、
今朝、自分で5時前に起きてきました。

今日は主人が6時過ぎには家を出るので、お母さんはお父さんのお弁当も作るし、忙しいからね。と言い、
私は今朝から頭痛がひどく、金曜日から宿題をひっぱっている息子にもイライラしていました。
そして下の娘が今日に限って泣きながら起きて寝室から呼んでいるので、
「あー、もう間に合わないよ」と言いながら、娘の所に行きました。

20分くらいして、リビングに戻ってみると、息子が宿題を終わらせ、
お父さんのお弁当の玉子焼きを焼いていました。

結局、学校にいくまでに、5つの仕事も終わらせ、パズルをやり、
充実して登校させる事ができました。

最近は私よりも息子の方が、気持ちの切り替えが早く、私が息子のおかげで
前向きになれる事が増えているように思います。
3ヶ月レッスンでいろんな事を任せたり、見守る事ができるようになった事で、
いろんな変化が出てきているように思います。
これからもどうぞよろしくお願いいたします。
(埼玉県W・Yさん)

そうなのです!
子どもって、信頼して任せれば自分の力でできるのです。

でも、親は見ていてハラハラするし、イライラするし
黙ってみていることができません(;^ω^)

でも、それは「見守る方法」を知らないからなのです。
そんな「見守る方法」を学び、「子どもを信じる方法」を学ぶと
子どもは自分でやり切るのです!

「お母さんが変われば子どもはその日から変わる!」

を実感した報告でした(^^♪



母学アカデミー

コメントを残す