お母さんの声【子どもの個性を伸ばすセミナー】福岡県A・Eさん


a0001_013143

親であれば、「子どもの能力を伸ばしてあげたい」「社会人として立派な人になって欲しい」という
願いを持って子育てをすると思います。

その思いが強すぎると

「~すべき」
「~しなければ」
「~ねば」

という気持ちになります。

子どもはまだ発達中ですから、すべてのことが親の言う通りに出来る訳ではありません。
特に子どもの年齢によっては

「イヤ!」
「あっち行って!」

と親のいう事に反抗ばかりする場合もあります。
そう言われるとカチンときて

「親の言う事を聞きなさい!!(怒)」

と言ってしまったり、

「このまま大人になってしまったら、タイヘンなことになる!」

と焦ってしまったり・・・(-_-;)

先日【子どもの個性を伸ばすセミナー】に参加されたお母さんから
感想をいただきました。

>子育てに自信が持てました!私なりでいいのですね。
先生にお会いできて、エネルギーを受け取れました。

本や講演会ばかりしてきて(受け身)、知識だけはたくさん持っていましたが、
実践が難しいのです。
私なりに実践ができそうです(^○^)

私の子育ての前提条件が「~すべき」「~ねば」だったので、
それが間違っていたことに気づきました。
(福岡県A・Eさん)

子育てをするときに、親が前提条件を持ってしまうと
それに合わなかった時に(合わないことが多いと思います)、
親は焦ってしまいます。

そうすると、「何が何でも従わせなければならない!!」と
思い込んでしまうのです。

そうなると、「今の状況」だけにしか目が向かなくなりますから、
親子のコミュニケーションがとりにくくなります。

子どもだって人間です。
親から命令ばかりされると反発してしまうのです。

それよりも、「子どもを認める」「受け入れる」ことをした方が
案外スンナリといくことが多いように思います。

そのためにも「子どもを認める」「受け入れる」方法を
親が学ぶのが近道です♪



母学アカデミー

コメントを残す