お母さんの声【母学通信コースのご感想】 山口県Y・Rさん


a0001_013129

あるお母さんから感想のメールをいただきました♪

>河村先生と出会う前なら、テレビの力も借りて効率よく家事をこなしパソコン時間・自分の時間もたっぷり取れていました。

でも、先生がおっしゃった「子供にとって良いことは親が大変なこと(積み木で一緒に遊ぶ、絵本の読み聞かせ、外で思い切り遊ぶ、台所育児、旅行ではなくキャンプ・・・等など)を実践し、子供とじっくり向き合っていると、一日はあっという間で、こちらもヘトヘトで寝かしつけで一緒に寝てしまう事が多くなりました(笑)でも、とっても楽しく、童心にかえって私も一緒に遊ばせてもらっています♪
余裕が無くなって、イライラしてしまい反省する事もまだまだありますが(><)
幸い主人も、子供の事を中心に考えてくれ、ご飯の内容・家事の事・家の汚さ・育児方法など一切文句を言わない人なので助かっています。

それから、もう随分前のブログで、子供を将来どんな大人に育てたいですか・・・という質問がありましたよね。

もう前すぎて、今さらという感じで申し訳ないのですが、ずっと自分の中で考えいました。
私は、我が子に自分の事が大好きな人になってもらいたいです。(ナルシストという意味ではありません)
とても当たり前のことですみません。
自分の事が愛せないと、他人も愛せないし、社会の役に立ちたいとも思えないと思います。
自分の事が大好きだと、おのずと自信も湧いてくるし、色々な事へ挑戦して自分磨きも絶えず向上していくと思います。
自分で考えて、やりたいことを見つけ、挫折しても乗り越える力も身につけ、どんな状況でも自分は幸せだなと思える前向きな・不屈の精神力も磨いて欲しいと思います。
欲張りですね・・・

先生のおっしゃる通り、放っておいて育つものではないので、これからもしっかり私が勉強していかなければと考えております。
私は、両親の事は尊敬しているし、育児に関しても参考にしていますが(孫に対しては甘いので・・・反面教師的な部分もありますが。)
やはり、昔と今の時代は環境も違いすぎるので、母親の勉強はとても大切だと思います。
(山口県Y・Rさん)

私がお伝えしたことがお役に立てて(それも子育ての根幹から変わるような)
本当に嬉しいです♪

母親なら誰でも、子どものことを考えて子育てをしています。
でも、知らなくてやってしまうことも多いのです!

テレビを見せて自分の家事を進める・・・とか
暑いので(寒いので)外遊びはやめてショッピングセンターに行く・・・とか
キッチンに入られないように柵をつけてしまう・・・とか

ただ「ラクだから」という理由で、その意味を深く考えずに
子育てをしてしまうことがあります。

だからこそ、お母さんは勉強が必要なのです!

だからこそ、【母学通信コース】で「母学のすすめ」を学んでいただきたいのです!

勉強をすればするほど、余裕をもって子育てをすることが出来ます。

それは、学生の時のテスト勉強と同じ。
事前にコツコツと勉強をしていたら、余裕を持ってテストに臨むことができます。

でも、一夜漬けやヤマをかけた勉強だったら、テストの時にはアセリまくり(^_^;)

そして、勉強せずに行き当たりばったりにテストを受けると、結果は悲惨なことに(-_-;)

自分のテストなら行き当たりばったりでもいいでしょう。その結果の責任は自分でとるのですから。

でも、子育ての結果の責任をとるのは子どもです。
ぜひ、お母さんには子育ての勉強をして欲しいと思います!



母学アカデミー

コメントを残す