キッチン子育てしましょう★

IMG_0242_1IMG_0251_1
母学アカデミー学長の河村京子です。

「母学」を学んで子育ての花を咲かせましょう!

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ 

写真は大学生・高校生の息子たちが苺ケーキや苺大福を作ってくれた時のものです!

今でこそ「スウィーツ男子」と命名していますが、
小さな時から一緒に「キッチン子育て」をしてきました。

いつから?
・・・・ハイハイの赤ちゃんの時からです!(^^)!

お母さんからよく
「子どもの相手をしなくちゃいけないので、ごはんを作るヒマがありません(-_-;)」
という質問をいただきます。

赤ちゃんが生まれるまでは、お母さんのイメージは
「ベビーベッドですやすや眠る赤ちゃん(#^.^#)
 そのそばで夕ご飯をつくる私。」
こんなものかもしれません。

でも現実は、お母さんが少しでも見えないと赤ちゃんは泣くし、
抱っこしていないと機嫌が悪いし(-_-;)
キッチンにハイハイで入って来たら散らかされるし・・・(-_-;)

とうとうキッチンに柵を作ったり・・・

でもそうやってキッチンから子どもを締め出してしまうと、
「キッチンはお母さんの場所、ごはんを作るのもお母さんの役目」が
ハッキリしてしまいます。

小中学生になって、お手伝いを頼んでも
「ごはんはお母さんが作るものでしょ!」
と断られたり(-_-;)

それよりも、赤ちゃんと一緒に「キッチン子育て」をしましょう!
ハイハイの赤ちゃんなら足元で、
歩けるお子さんなら踏み台を用意してあげて
一緒にお料理をしましょう。

キッチンは散らかりますし、お料理に何倍も時間がかかります^^;
でも、10年経てば「キッチン男子」「キッチン女子」になると思えば
ガマンできると思いますよ!(^^)!

我が家のキッチン子育てのことをメルマガでお伝えしますね。
メルマガ登録がまだのママは、この機会に是非!→★

【母学】情報
詳しくはメルマガでお知らせしますので、
どうぞ、ご登録くださいね!(^^)!
登録はこちらから→★

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ 

「0歳から6歳までの東大に受かる子どもの育て方」
河村京子著 KADOKAWA中経出版

購入はこちらから→★



母学アカデミー

コメントを残す