ゲームやスマホにハマる子どもにならないために親がすべきこと★


a0001_013129
母学アカデミー学長の河村京子です。

2000冊の子育て本にも書いてない「母学」を学んで子育ての花を咲かせましょう!

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ 

「ウチの子、ゲームばっかりして勉強しない」
「ウチの子、スマホを取り上げると狂ったように怒るんです」
「ゲームさえ与えておけば、静かに遊んでくれるのでラクなんです」

最近、ゲームやスマホ、テレビに関するお子さんの悩みが増えています。
お父さんやお母さんのスマホアプリを上手に操る1歳児さえいます。

反対に、お母さんの中には
「ネットは怖いので、近づかないようにしています」
「SNSは怖いって聞いているので、やっていません」

こんな方も多いです。
真面目で教育熱心なお母さんほどその傾向があるように思います。

確かに、私たち親世代はネットが無い時代に育ってきましたし、
今だってそれほど困ることもないですから
それでもいいでしょう。

でも、これから未来を生きていく子ども達に
ITスキルは重要です。

インターネットも使えず、スマホも持っていない若者は
これからの時代、仕事や人間関係で不利益を被るでしょう。

実はこれ、とても危険なことなのです!

お母さんはネットの世界が怖い(-_-;)
でも、子ども達には必要だから与えてしまう・・・

危険を知らない子どもたちは、
魅力的なおもちゃ(インターネットのことです)を与えられて
夢中になってしまう。

そして中には危険な罠にハマってしまう・・・・(-_-;)

こうならないためにも、これからの子育てでは「ネット教育」を
お母さんの必須科目にしなければなりません。

「あいさつをする」とか「人の迷惑になることはしない」とか
「歯磨きをする」とかそんな

「子どもに絶対に教えなくてはならないこと」

の一つなのです!

そのためには、お母さんが「ネットを学ぶ」ことが重要です。

自分のためだけなら、避けて通ることもできますが、
子どものために学ばなくてはならないのです。

だからといって、すぐにフェイスブックやtwitterをしてくださいと
いうわけではありません(笑)

まずは「学ぶこと」が大切です。

本屋さんへ行けば、たくさんのネット教育のための本が売られています。
そんな本を読んで勉強するのも一つの方法です。

ネットに奪われる子ども達
ネット2

オススメの書籍です
「ネットに奪われる子どもたち」 NPO法人子どもとメディア 清川輝基編著 

この本には、今の子どもたちの現状はもちろんですが、
具体的な解決法が詳しくわかりやすく書いてあります。

「今からどうやって子どもにメディア教育をしていこう(-_-;)」
「スマホやゲームが欲しいとねだる子どもにどう対処したらいいのか(-_-;)」

こんなお母さんにはぜひ読んでいただきたいです。

まずはお母さんが自分の「子育ての軸」をしっかり持つこと。
その上で「子育てのアレコレ」を学ぶことで、子育てはスムーズになります。

人間は経験がないこと(学んでいないこと)に出会うとパニックになるし、混乱します。
でも、あらかじめ学んでおいたことには、
冷静に対処することができるのです。

子育てのすべてを事前に経験することはできませんが、
「学んでイメージする」ことはできます。

そんな学びが【母学通信コース】です。
ぜひ日本中のお母さんに「子育て」を学んでいただきたいと思います。

くわしくはこちら⇒★

4月のセミナー予定ですヽ(*´∀`)ノ

4/24 10:00~12:00  【子どもの未来を拓く習い事セミナー】in東京
4/25 10:00~12:00 【子どもの未来を拓く習い事セミナー】in東京

詳しい内容は【子どもの未来を拓く習い事セミナー】をご覧ください

4/17 10:00~11:30 【説明力養成入門講座】in大阪
4/19 10:00~11:30 【説明力養成入門講座】in福井

詳しい内容は【説明力養成入門講座】をご覧ください。

【母学】情報
ブログでは書けない「子育て裏ワザ、私の子育て実績」をメルマガでお知らせしますので、
どうぞ、ご登録くださいね!(^^)!
登録はこちらから→★

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ 

「0歳から6歳までの東大に受かる子どもの育て方」
河村京子著 KADOKAWA中経出版

購入はこちらから→★

「親も楽しむ[後ラク]子育て~教えず・怒らず・トコトン考える母学のススメ~」
河村京子著 ハート出版

購入はこちらから