反抗期の子どもと「言葉」以外の会話を楽しむ方法★


a0001_000283

【スカイプ無料個人相談】でご相談にのっています。

先日は東北のお母さんとお話ししました。

東北と山口でも、顔を見ながらお話ができることに
改めて驚きました。
距離は本当に近くなりました。

感想をいただきましたのでご紹介します。

>先日の先生の話は、私の価値観がひるがえされ大変衝撃的な内容でした。
スカイプ通話に初めて挑戦し、レッスンの説明をお聞きしただけで、
こんなに視野が広がるとは想像しておりませんでした。

ご説明から結果的に私が思ったのは、私が今まで身につけていた子育て常識は一旦外して、
考えを前向きな事に変えていかなくではという事でした。
先生の出版されている本や会員メールで、母学というものをなんとなく解った気でいましたが、
実際スカイプで画面を見ながら生の話を聞くと、全く違った言葉となり私の心に響いていました。

緊張していた私の的を得ていない話を真剣に聞いて頂き、
前向きなアドバイスまで頂きエネルギーを沢山貰った感じです。

先生はそういうパワーあるエネルギーをお子さん達に沢山送って子育てしていたんだなぁと思いました。
その与えるエネルギーがあればある程、それを土台に子供達は夢を叶えるため頑張れるのですね。

心の財布・点と線の話は今の私にとって、とても重要なキーワードになりました。
小5の長男はお話した通り反抗期で会話になりませんが
今,丁度料理に興味をもっています。
それを利用しない手はないと思い、早速夕飯作りに誘い
文句言われながらも心の財布を一杯にしています。
料理しながら衝突しますが、
親子の会話ができてる分OKだなと思える様にもなりました。
見えている部分は氷山の一角、
そこを気にするのではなく子供を今まで以上に観察し心を見ていきたいと思います。

この様に宣言してみましたが、行動に移す事・持続する事は大変なんだろうなと思います。
その難しさを今、肌で感じているところです。
(宮城県Y・Mさん)

本を読んだりブログを読んだりして「文字」から得られる情報は
全体のわずか5%だそうです。

実際に顔を見ながらお話しすると
表情や声色やジェスチャーなどで
多くのものが伝わります。

「文字」を読んでいるだけの時には
「自分の過去の経験」「今持っている知識」を
合わせて理解しています。

だから、私が思っていることも
ねじれて伝わってしまうこともあります。

多くのお母さんが【スカイプ個人相談】でお話しすると

「本やブログの情報よりも何倍もよくわかりました!」
「ストンと理解できました!」

とおっしゃいます。

それは私が、本やブログで出し惜しみしているということではなく、
「文字」以外の何かで、受け取った情報と言っていいのです。

興味のある方はぜひ【スカイプ無料個人相談】にお申込みくださいね(^_-)-☆
【スカイプ個人相談】は、メルマガで募集しています。
1か月の枠には限界がありますので、
枠の空きが出来た時に、メルマガで募集することにしています。

ご希望の方はまず、メルマガにご登録くださいね(^^♪

「考える子ども」から「考える大人」になるための
日々の応援です。

「教えず怒らず脳力伸ばせば、子どもがなりたい自分になる」
東大・京大合格だって、数学オリンピックだって、学生起業家だって。
2000冊の育児書にも書いていない
まったく新しい子育て法を伝授するメルマガ【母学のススメ】
登録はこちらから



母学アカデミー

コメントを残す