子どもが「ママなんか大キライ!」と言ったとき★


a0001_014980
母学アカデミー学長の河村京子です。

2000冊の子育て本にも書いてない「母学」を学んで子育ての花を咲かせましょう!

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ 

「ママなんか大キライ!!」
「ママあっちへ行って!!」
「イヤ!!!!」

こんな風に子どもに言われるとカチンときますね(^_^;)

そうすると
「こんなコト言うもんじゃありません!!」
「親に向かってなんてことを言うの!!」
「言うことをききなさい!!」

とついつい声を荒げたくなってしまいます。

だからと言って、笑ってごまかすとますますエスカレートするし・・・

そんな時は、どうしたらいいのでしょう?

まずは、同じ土俵に乗らないことです。
そのためにも、あらかじめ「子どもがカチンとすることを言った時」に
どう対応するのかをイメージしておきましょう(^○^)

人間って、想定外のことが起こるとパニックになって感情で行動してしまいます。
だから子どもが急に「ママなんか大キライ!」と言い出すと
カチンときて、怒ってしまうのです。

でも「子どもは『ママなんか大キライ!』というもの、そんな時にはこう言ってみよう」という
台本があれば、案外冷静に対応できるかもしれませんよ(^○^)

そんな時には
「そんな言葉は使っちゃダメ!」
「そんな言い方はよくないよ!」

と子どもを否定する言い方をするよりも、

「そんな事言われたら、ママは悲しい(-_-;)」
「○○ちゃんのお口からそんな言葉はママは聞きたくないなぁ」

とお母さんの気持ちを表現してあげましょう。

そうすると、子どもは自分が怒られるのじゃないので
案外素直に聞いてくれるものですよ。

ただ、すぐその場で「ごめんなさい」とはなかなか言えないかもしれません。
(大人だってそうですよね、悪いとわかってはいてもなかなか素直になれないものです)

でもきっと、子どもの心にはお母さんの言葉が素直に入っていきますよ。

まずはお母さんが自分の「子育ての軸」をしっかり持つこと。
その上で「子育てのアレコレ」を学ぶことで、子育てはスムーズになります。

人間は経験がないこと(学んでいないこと)に出会うとパニックになるし、混乱します。
でも、あらかじめ学んでおいたことには、
冷静に対処することができるのです。

子育てのすべてを事前に経験することはできませんが、
「学んでイメージする」ことはできます。

そんな学びが【母学通信コース】です。
ぜひ日本中のお母さんに「子育て」を学んでいただきたいと思います。

くわしくはこちら⇒★

5月のセミナー予定ですヽ(*´∀`)ノ

5/15 10:00~12:00  【子どもの未来を拓く習い事セミナー】in東京
5/16 10:00~12:00  【子どもの未来を拓く習い事セミナー】in東京

http://haha-gaku.com/seminarannai/

【母学】情報
ブログでは書けない「子育て裏ワザ、私の子育て実績」をメルマガでお知らせしますので、
どうぞ、ご登録くださいね!(^^)!
登録はこちらから→★

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ 

「0歳から6歳までの東大に受かる子どもの育て方」
河村京子著 KADOKAWA中経出版

購入はこちらから→★

「親も楽しむ[後ラク]子育て~教えず・怒らず・トコトン考える母学のススメ~」
河村京子著 ハート出版

購入はこちらから