子どもが天狗にならない褒め方3つの方法

IMG_2552
母学アカデミー学長の河村京子です。

「母学」を学んで子育ての花を咲かせましょう!

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ 

「子どもは褒めて育てましょう」とは
よく言われる言葉ですね!

母親なら大抵、そう思っているのですよね~

でもウチの子ホメるところなんてありません(-_-;)
悪いところばかり目についちゃって^^;
ホメたら調子に乗りそうで(~_~;)

そんな考えからどうしてもホメるより、厳しくしてしまう方が多くなりがちです。

子どもを「褒める」ために知っておかなくてはならないことが3つあります。

①「ホメる」ではなくて、「認める」ことを大事にしましょう。

え、「認める」って\(◎o◎)/!

そうです、子どもの存在を認めてあげるということ。

究極の認めるは「あなたがそこにいるだけでお母さんは嬉しい(#^.^#)」
ということ。

②子どものしていることをそのまま実況中継してあげること。

お着替えが完璧に終わってからホメようとすると、
着替えの途中で遊びだしたら、叱ってしまうことになります。
「ちゃんと着替えなさい(怒)」

でも、お着替えを認めてあげるのはカンタンです。
「お着替えを始めたのね(#^.^#)」
「一人で着替えようとしているのね!(^^)!」
と言う風にやっていることをそのまま言ってあげるだけです。

最後までちゃんと着替え終わったかどうかは関係ありません。

そうすると、子どもは
「自分を認めてもらった。」
「お母さんがちゃんと見ててくれている!」
と安心するのです!

「ホメる」よりハードルの低い「認める」
今日から意識して使ってくださいね!(^^)

③子どもが振り向いた時に目を合わせてあげること。

これは思ったよりムズカシイです^^;

子どもは何か達成した時(着替え終わった、折り紙が完成した)に
必ずお母さんの方を見ます。

その時にお母さんに微笑んでもらえたら大満足なのです!

子どもが集中して遊んでいるから今のうちにメールチェックを^^;
と思っていると、その瞬間を見過ごしてしまいます(-_-;)

いつもいつもはムズカシイでしょうが、なるべくお子さんのやることを
見ていてあげましょう!(^^)!

【母学】情報
詳しくはメルマガでお知らせしますので、
どうぞ、ご登録くださいね!(^^)!
登録はこちらから→★

7月4日は東京に参ります。

11:00~12:15【母学ワークショップ】
13:00~14:45【母学セミナー&セッション】(残席1名)

午前は定員10名で3000円
午後は定員5名で5000円です。

母学通信コース受講者さまは特典として
午後の参加費5000円を3000円で参加いただけます(#^.^#)

少人数でじっくりセッションしたいので
定員は5名です。

スケジュールチェックしてくださいね。

お子様連れでも大丈夫です(#^.^#)
(託児はありませんが)

場所はマイスペース 新橋汐留口駅前店新3号室⇒★

申込みはこちらから→★

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ 

「0歳から6歳までの東大に受かる子どもの育て方」
河村京子著 KADOKAWA中経出版

購入はこちらから→★



母学アカデミー

コメントを残す