子どもが泣いた時、つい子どもの機嫌をとってしまう


11169876_782192965213423_6455153411483526647_n

「子育ての軸」って何でしょうか?
母学アカデミーでは、「子育ての軸を作りましょう」ということを
目標にしています。

★自分の子育ては、果たして正しいのかしら?
★お姑さんや先生やママ友から
 「あなたの子育てはちょっと違うんじゃない?」
 と言われたら凹んでしまう。

そんな時、心は揺れます。

とても不安で孤独になる瞬間ですね。

先日スカイプ無料個人相談をしたお母さんの感想です。

>博多でのセミナーを受講した後も、どうやったら子育ての軸が持てるのか、
ハッキリとしたイメージを持てておらず、
正解のない子育ての中で正解を求める日々でした。

今日の個人相談で、先生から直接
「子育ての軸は人それぞれ違っていて、自分で決めるもの。正解も不正解もない」と言われ、
やっと納得できたように感じました。

これでいいのかな?と思いながらやっていることを具体的に聞いていただき、
「素晴らしいですよ。自分がいいと思ってやっていてブレないのであれば、いいんですよ」と言っていただき、
一つ一つの対応の答え合わせをすることが重要ではなく、
自分の子育てで大切と思うことをしっかり決めて、
一貫して対応することが重要なんだと実感しました。

メルマガ等でも読んでいたことではありますが、
先生から直接言われて初めてしっくりきたという感じがしました。

また、「子供のことを最優先にしなくてはいけない」と思いながらも、
実際は子供の機嫌を最優先にしてしまっていることを指摘していただき、
表面的なことではなく、もっと長い目で見て子供のためになることを
優先し取捨選択していくことが重要ということが分かりました。

目で見て(字を読んで)理解することと、
実際に先生の口から聞くことで心に残ることがこんなに違うんだということを
実感できた個人相談でした。本当にありがとうございました。
(福岡県Y・Nさん)

子育てをしているとどうしても
自分の「子育ての軸」よりも「子どもの機嫌」を優先してしまいがちです。

子どもに泣かれると親はオロオロしてしまいますから。

でも、「子どもの機嫌」より大切なことがあることを
学んでいただけたと思います。

ブログや本で「目で読んだ」情報よりも
実際に話して「耳で聞いて目で相手を見た」方法の方が
何倍も心に沁みるのです。

人数限定ですが、毎月「無料個人相談」を
受け付けています。
詳しいことはメルマガでお伝えしますので
こちらから登録してくださいね(^_-)-☆
「考える子ども」から「考える大人」になるための
日々の応援です。

「教えず怒らず脳力伸ばせば、子どもがなりたい自分になる」
東大・京大合格だって、数学オリンピックだって、学生起業家だって、高校イギリス留学だって。
(すべて3人の我が子たちのことです)
2000冊の育児書にも書いていない
まったく新しい子育て法を伝授するメルマガ【母学のススメ】
登録はこちらから



母学アカデミー

コメントを残す