子どもが自分から進んで勉強するようになるには

pixta_15858292_S
 

私は去年の11月から英会話を
始めました。もう1年になります

 

Skypeを使って海外の先生と
マンツーマンで話します。

 

 

山口の自宅にいる時は
毎日30分の英会話をしています

 

 

 

1年前に始めた時には
「半年後にはペラペラに
なっている私」

 

をイメージしていましたが
1年経っても上達がない・・・

 

そのSkype英会話には
沢山の教材があって
自分で選べるのですが

 

「早く上達したい!」

 

と思うあまり、難しい教材を
選んでやっていました。

 

 

しかし、単語からして
チンプンカンプン(;^_^A

 

先生はいつも
「質問はありませんか?」
と言ってくださるのですが

 

私は半分キレ気味に

「単語がわかりません。
今教えてもらってわかっても
明日には忘れてます(涙)」

 

「質問しても、あなたの答えが
理解できません。
だから質問もできません」

 

とめちゃくちゃなことを
言っているわけです(笑)

 

 

 

これって、親子の会話と
似ていませんか?

 

★お母さんはこうして欲しい

★子どもはできない、やりたくない

 

こんなすれ違いです。
いつもこんな感じで
上達もせず、悶々としていました

 

 

昨日のレッスンの先生は
(先生は毎回違います)

 

初めて、ズバリと指摘して
くださいました。

 

 

「あなたには、この教材は
難しすぎる。
わからない単語でストレスに
なるよりも、
やさしい単語でまずは話すことを
練習してください。

教材は、『絵を見て説明する』
タイプがいいですよ。」

 

 

こうアドバイスして
くださいました。

 

目からウロコ!

 

人間は欲張りですから
ついつい目標を高く掲げます
(そして、それが良しとされる)

 

 

高い目標には歯が立たなくて
めげる(;´・ω・)

 

こんな悪循環に陥りがちです。

 

 

 

 

子育てでも子どもについつい
高い目標を与えてしまう。
(過剰な期待をしてしまう)

 

こんなことはありませんか?

 

 

「子どもにはこうなって欲しい」

思いが強すぎて、行動を強いては
いませんか?

 

 

「小学生になったら、
毎日1時間勉強をするわが子」

をイメージして、
毎日の勉強を強いてはいませんか?

 

 

毎日1時間勉強することはいいことです。

 

でも、「勉強をさせられる」と
子どもが感じていたら、
勉強自体はいいことだけれども
別のストレスが子どもにかかります。

 

 

そのストレスはすぐには目に見えない
ですが、徐々に子どもの心に溜まります。

 

 

「小学生になったら、
毎日1時間勉強をするわが子」

をイメージしたならば、

 

 

「どうすれば子どもが自分から
喜んでするようになるか」

を考えましょう。

 

 

 

 

その作戦を練って、実行するのが
「前向きな子育て」だと思います。

 

 

そのためには、親の「子育ての予習」が
必要なのです。

 

 

【母学通信コース】の詳細や
お申し込みはこちらから

【母学通信コース】

 

 

 

 

 

 

 
東大・京大・高校単身留学の子どもを育てた母の「全国対応 無料メールマガジン」



母学アカデミー

コメントを残す