子どもにカッと怒らない方法

pp816IMGL0944_TP_V (1)

先日、ある旅館に泊まった時のこと。

 

その旅館は皇族の方も
泊まられたことのある
由緒ある旅館です。

 
私はずっと憧れていて
やっと泊まる機会に恵まれました。

 
それは素敵な旅館だったのですが・・・
チェックインの時から何だか違和感。
マニュアル通りの言葉なのですが
言葉に敬意がこもっていない
いやいや、気のせい・・・と
気分を落ち着けたのですが、夕食時。

 

旅館のお食事って、私には量が
多すぎるのです。

 

 

もともと小食でたくさんの量を
食べることができません。

 
その時にも、食事後半の
麺類と鍋物を半分残してしまいました。

 
そうしたら、サービスをして
くださる仲居さんが

 

 

「あなたは、何でもちょっとずつ残すのね。
食器を下げることができないんですけど」

とチクリ。

 
( ゚Д゚)

 

 

もちろん、残した私が悪いのです。

でも、なんで憧れの旅館で夕食を
いただいている時に
説教されなきゃいけないの??(怒)

 
その一言で、せっかくのテンションが
一気に下がりました(;´・ω・)
久々に「ムカっ」とした場面でした。

 
よく、私は
「京子先生はどうやって
怒りを我慢しているのですか?」
という質問を受けます。

 
私は怒りを我慢しているのでは
ありません。

 

 

怒りを感じないのでもありません。

 
ちゃんと怒りを感じます。
ただ、その表現方法に
気を付けているだけです。

 

 

その旅館の夕食時、
私はどうしたでしょう?

 

 

ムカッとはしましたが

 

「ああ、この旅館は
マナー教育ができていないのね。
この人は自分の言葉で
相手がどう思うか考えることが
出来ない人なのね。
自分の立場(お客様を喜ばせる)を
理解していない人なのね。

 

私も気を付けようっと」
(私もクライアントさんと会話をする仕事なので)
こう思って、怒りを分析し分解して
自分の未来に生かす結論を出しました。

 

 
今考えるとその方法は
子育ての時に学んだのだなぁと
思います。
★子どもを怒りたくないのに
怒ってしまう

 

★怒ることではないと
頭では分かっているのに
自分の思うようにならないと
ガマンできず怒ってしまう

 

 

 

多くのお母さんに共通の悩みでは
ないでしょうか。

 

 

 

私も子育て中は子ども達3人の
言動にイラっとすることは
たびたびでした。

 
爆発しそうになったことも
一度や二度ではありません。

 
でも、怒らずに子育てができたのは
★怒りの仕組みを知っていたから

 

★怒りを客観視していたから

 

★怒りを他の表現に置き換えていたから
なのです。

 
私にもともとそんな素質があったのではなく
「怒らない仕組み」を
学んだからなのです。
あなたがもし「怒ってしまう」ことで
悩んでいるならば、

 

あなたが「怒りっぽい」のでは
ありません。

 
「怒らない仕組み」を学んだことが
ないからなのです。

 
★小学1年生で「あいうえお」を
学ぶから、字が書けるようになる

 

★小学2年生で「かけ算九九」を
学ぶからかけ算ができるようになる

 
「怒らない仕組み」も
学ばなくてはできるようにはなりません。

 
もし、「子どもを怒ってしまう」
ことで悩んでいるのなら、
「怒らない仕組み」を
学びましょう。

 
1時間25分の動画です
ワークをダウンロードできます

 

実際のセミナーででも
同じワークをしていただきます

こちらから

http://hahagaku.thebase.in/items/8413033

 

 

 

東大・京大・高校単身留学の子どもを育てた母の「全国対応 無料メールマガジン」



母学アカデミー

コメントを残す