子どもに的確な働きかけをすれば伸ばしたい部分が伸びる★


森愛さん事後課題小

【夢を語り、実現する子どもが育つ母学3か月レッスン】の
卒業生からまとめの課題が送られてきました。

このレッスンを受ける前と受けた後のご自分の変化、お子さんの変化が
一目瞭然でわかります。お子さんは5歳の年中さんです。

>3か月ワークのゴール到達度を記入したシートをお送りします。

的確な働きかけをすれば伸ばしたい部分が伸びるということが分かったので
それが今後も続けられると思うと嬉しいです。
年齢に応じて、すべてを十点に近づけられるように毎月頑張っていきたいと思います。

昨夜、時間ができたので、菅原裕子さんの『子どもの心のコーチング』という本を
読み直しました。先生が普段 からおっしゃっているようなことも書いてあり、

「ああ、ここはこういうことだな」と、より理解できるようになりました。

子育て本は、文章だけ読むと納得しているように感じになり勝ちですが、

あまりに深いことが一行で表現されていたりするので

実際に理解できているかというと そうでないことが多いように思います。

ですので、やはり多方面から学んでいき、それが自分の中で一つにまとまる。

というのが理想的じゃないかと思いました。

これからもよろしくお願いいたします。
(大阪府M・Aさん)

<お母さんの変化>
★「人は人、自分は自分と思える」
6→9

★「今日することを宣言し、実行できる」
1→7

★「子どもの要求を理論的に拒む、納得させる」
4→9

★「子どもが思うようにならない時、「これでOK!」と思える
3→9

<お子さんの変化>
★「一人で買い物ができる」
0→7

★新しい発想で手作りおもちゃを作る
2→7

★1日のすべきことを3つ決め、実行できる
1→7

まだ5歳なのにあんなこともこんなことも
できるようになっています!

お母さん自身が一番驚かれたのではないでしょうか。
そして、自分自身も周りの目や世間の常識で判断するの
ではなく、自分の基準で判断ができるようになっています。

感想でもおっしゃっていますが、まだ完ぺきではありません。
でも、
>的確な働きかけをすれば伸ばしたい部分が伸びるということが分かったので
それが今後も続けられると思うと嬉しいです

この部分が出来ているのでもう大丈夫!!
これからのお子さんの成長が楽しみです。

一旦卒業ではありますが、まだまだサポートは続きます(^^♪
私も一緒にお子さんを見守りたいと思います!

「母学」では、自分に目を向けて、自分の生き方を学びます。
一見、子育てには関係ないように思えますが、お母さんが変われば
子ども自然と変わるのですよ。

「考える子ども」から「考える大人」になるための
日々の応援です。

「教えず怒らず脳力伸ばせば、子どもがなりたい自分になる」
東大・京大合格だって、数学オリンピックだって、学生起業家だって。
2000冊の育児書にも書いていない
まったく新しい子育て法を伝授するメルマガ【母学のススメ】
登録はこちらから



母学アカデミー

コメントを残す