子どもの捉え方ポジティブとネガティブ~【親も楽しむ[後ラク]子育て】より~

securedownloadkokura
また、同じ体験をしてもその捉え方は子どもによって違います。
ポジティブに捉える子もいれば、
ネガティブに感じてしまう子もいるでしょう。

包丁で手を切ってしまった時、
「今度は気を付けて使おう。」
と思う子どももいるでしょうし、
「包丁は危ないから、もう使わないことにしよう。」
と逃げてしまう子どももいるかもしれません。

できれば何事もポジティブに捉え、前向きに進んで欲しいですよね。

~【親も楽しむ[後ラク]子育て】【先考力】より抜粋~
ただ今【母学ワークシート】プレゼント中です!
この記事の上と右のバナーから申し込めます!(^^)!

アドレスと都道府県名を入力してくださいね(^○^)



母学アカデミー

コメントを残す