子どもの能力の引き出す方法は、お母さんの○○★


2015.11.13能力

11月13日に広島でセミナー開催しました!

東京以外では初開催の【子どもの能力を引き出す必要十分条件セミナー】

広島市はもちろん、広島県各地、岡山県や山口県からもご参加いただきました。
30名近くのお母さんに集まっていただきました(^^♪

お子様連れの方も多くて、にぎやかなセミナーになりました(^^♪
2011.11.13semina
ご参加の方の感想をいただきました。

>自己肯定感を高めることでマイナスになることは一つもないこと、
能力を伸ばすためには、それを見つける経験を親が与えてやり、
見つけ、さらに与えて褒めること。
今まで自分でも実践していたり、これからそうしたいと思うことだったので
子育てに目標ができました。

やり抜く子どもになる方法(ポイント制)や、9歳までの自分軸を作る方法は
とても勉強になりました。

今まで、子育ての悩みは特になかったのですが、
自分に余裕がない時に、想定がのことが起こると
怒ってしまっていたので、これからは対応できそうです。
(広島県S・Yさん)

「特に子育ての悩みがない」のはとても幸せなことです。
でも、「悩みがない」のが最高の状態ではなく、
「子どもの能力をいかに引き出すか」を意識することが大切です。

逆に言えば、子育ての悩みはあってもいいのです。
あって当然だと思います。

でも、その悩みだけに目を向けると
「子どもの能力をいかに引き出すか」ということに
目が向かなくなってしまいがちなのです。

お母さんの意識が変わるだけで
子どもの能力の引き出し方が変わってくるとしたら
お母さんの子育ての学びは本当に大切になってくると思います。

そんな意識改革のお手伝いが出来たと思います。

「考える子ども」から「考える大人」になるための
日々の応援です。

「教えず怒らず脳力伸ばせば、子どもがなりたい自分になる」
東大・京大合格だって、数学オリンピックだって、学生起業家だって、高校イギリス留学だって。
(すべて3人の我が子たちのことです)
2000冊の育児書にも書いていない
まったく新しい子育て法を伝授するメルマガ【母学のススメ】
登録はこちらから



母学アカデミー

コメントを残す