子どもの視野を広くする 【親も楽しむ[後ラク]子育て】より抜粋

【親も楽しむ[後ラク]子育て】広考力
61QJ7j2GQpL

人間は肉食と草食を兼ね備えていますから、
両方の目をもたなくてはなりません。
もちろんこの場合は、本来の目の視野のことではなく、
心と頭の視野のことです。

実際にはいろいろなタイプの人がいます。
一つのことに集中して他が見えなくなってしまうタイプ。
一つのことには秀でているけれども、
他のことには興味も関心も持たない人っていますよね。

一方、常にアンテナを張って情報収集をするタイプの人もいます。
いわゆる「情報通」の人ですね。

 自分の子どもがどちらのタイプかは、
もともとの個性でもありますから
親の育て方で変えることはできないと思います。

でも、なるべくバランスよく
「集中すること」と「広い視野を持つこと」を
心がけて育ててあげたいですね。

~【親も楽しむ[後ラク]子育て】【広考力】より抜粋~

ただ今【母学ワークシート】プレゼント中です!
この記事の上と右のバナーから申し込めます!(^^)!

アドレスと都道府県名を入力してくださいね(^○^)



母学アカデミー

コメントを残す