子どもは「積み木で遊ぶ」のじゃなく、「お母さんと積み木で遊ぶ」のです★

IMG_4875-300x225
母学アカデミー学長の河村京子です。

2000冊の子育て本にも書いてない「母学」を学んで子育ての花を咲かせましょう!

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ 

5月1日にこのHPのプチリニューアルをします!

ご要望の多かった「母学積み木」の購入がこのHPから出来るようになります。
もう少しお待ちくださいね。

母学積み木についてはこちら

先日から積み木遊びのお話をしていますが、よくご相談を受けるのが

「せっかく積み木を揃えてあげたのに、ちっとも遊びません^^;」
というものです。

ただの白木の積み木を子どもに与えただけでは、残念ながら子どもは
遊びません(-_-;)

まずは、ちょっとしたきっかけを与えてあげましょう!

お母さんが高く積んであげるのもいいですし、
長くつなげるのでもいいです。

写真のお子さんは、ミニカーで遊んでいたのですが、

「車のお家を作ろう♫」と
提案してあげたら、さっそく車庫を作り始めました。

そうしたら、
「ボク、道も作る!」
と道も作り始めました!

こうやって、少しきっかけを与えてあげるだけで
後は子どもがどんどんイメージを膨らませて
遊び始めます。

決して、「アレを作りなさい」
と命令するのではなくて、楽しく遊んであげてくださいね!(^^)!

お子さんが小さいほど、「積み木で遊ぶ」のではなくて
「お母さんと積み木で遊ぶ」のです。

ホントに手がかかりますが、
その時のひと手間で、後はウンとラクになりますよ!(^^)!

白木の積み木は「おもちゃの主食」です!!
おかずやデザートばかりでなく、しっかりと主食を味わせてあげましょう。

まずはお母さんが自分の「子育ての軸」をしっかり持つこと。
その上で「子育てのアレコレ」を学ぶことで、子育てはスムーズになります。

人間は経験がないこと(学んでいないこと)に出会うとパニックになるし、混乱します。
でも、あらかじめ学んでおいたことには、
冷静に対処することができるのです。

子育てのすべてを事前に経験することはできませんが、
「学んでイメージする」ことはできます。

そんな学びが【母学通信コース】です。
ぜひ日本中のお母さんに「子育て」を学んでいただきたいと思います。

明日30日までにお申し込みいただければ、5月11日に発送いたします。
その後、毎月10日に発送します。

くわしくはこちら⇒★

5月のセミナー予定ですヽ(*´∀`)ノ

5/15 10:00~12:00  【未定】in東京
5/16 10:00~12:00  【未定】in東京

【母学】情報
ブログでは書けない「子育て裏ワザ、私の子育て実績」をメルマガでお知らせしますので、
どうぞ、ご登録くださいね!(^^)!
登録はこちらから→★

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ 

「0歳から6歳までの東大に受かる子どもの育て方」
河村京子著 KADOKAWA中経出版

購入はこちらから→★

「親も楽しむ[後ラク]子育て~教えず・怒らず・トコトン考える母学のススメ~」
河村京子著 ハート出版

購入はこちらから