子どもは褒めるとつけ上がる?褒めるべきか厳しくするべきか★


a0001_016388-300x198

「子どもは褒めて育てましょう」とはよく言われることです。

お母さんはわかってはいても、

★なんだか不安がある。
★ホントに大丈夫?
★子どもは厳しくしつけるべきでは?

こんな考えが浮かんできて、思いっきり褒めることが
できないのでは?

★褒めすぎると子どもが調子にのってしまうのでは?
★自分が天才と思い込むと挫折した時に立ち直れないのでは?

という疑問も浮かんできますね。

では、子どもを褒めすぎると何か弊害があるのでしょうか?
今日は「なぜ子どもを褒めた方がいいのか」について考えてみましょう。

★★子どもを褒める2つの理由★★

子供をほめた方がよいと言いますが、
その本当の理由は何でしょうか。

これは、大きく分けて2つあります。

理由1:「子供の自信を培える」

子供は親にほめられると、

「自分はこれでよかったんだ」

「自分はできる子なんだ」

という自信を持つことができます。

逆に必要以上に叱られると、

「自分はダメな子なんだ」

と、自分を責めてしまいます。
その結果、自信を失います。

子供の自信を培うことができれば、
困難なことも成し遂げられます。

難しいことにチャレンジしていく、
エネルギー源になるのです。

理由2:「やる気が出る」

人間の脳は、快感を得られた行動を続けようとします。

逆に嫌な気持ちになった行動はやめてしまいます。

たとえば勉強をしたときに親に思いっきりほめられると、

勉強に対してやる気を出し、
どんどん積極的になっていきます。

がんばったことをほめられると、

「がんばることは快感」と思い、
必死にがんばる子に育ちます。

だから、子供をほめることで、
やる気を出すことができるのです。

1.子供の自信を培える

2.子供のやる気を出すことができる

この2つの理由があるので子供をほめることは大変効果的なのです。

まずはお母さんが、ほめることは良いことだと、
しっかりと認識することが大切です。

それを踏まえたうえで、次のことを考えてみてください。

実は、ほめるということに関して、ちょっとした弊害が噂されています。

そんな噂を聞いた人は、

「子供をほめ過ぎるのは怖い」

と不安になってしまうのです。

一体どんな噂なのでしょうか?

★★子供をほめる弊害について★★

子供をほめることに関して、こんな不安をお持ちの方が多いです。

■ 完璧主義になり、失敗を恐れる

子供に対して「あなたは天才!」と言っていると、

完璧主義になってしまい
失敗を恐れるようになってしまう…

そう思っていませんか?

実際のところは、

・子供が自分は天才と思い込むこと

・失敗を恐れること

この2つは関係ありません。

逆に天才と思っているのなら、失敗を恐れずに挑戦するでしょう。

この気持ちの根本は、

「失敗したときに、親が失望する」

ことなのです。

つまりわが子に対して天才と言いながら、その言葉の裏側には、

「天才のわが子以外は受け入れない」

という気持ちがあるということです。

口では「お前は天才」と言いながら、

失敗をしたらそんな子供を、
叱ったり、拒絶してしまったり…

こんな状況を経験すると子供は失敗が怖くなるのです。

ですから、褒めたことではなく、

子供を受け入れなかったということが
その原因となっているのです。

■ 子供が図に乗ってしまう

ほめ過ぎると図に乗ってしまい、
努力をしなくなってしまうのでは…

こう考えてしまう方もあるでしょう。

たしかにそんなに努力をしなくても、
親が褒めてくれたのなら、

子供が図に乗ってしまうと思います。

こういう風に思ってしまう根本は、

・子供を甘やかすこと

・子供を積極的にほめること

の2つを混同しているということなのです。

子供を甘やかすというのは、

「叱るべきときに、叱らない」

ということを意味しています。

たとえば、子供の成績がよくても、

実際に怠けているのであれば、
きちんと叱る必要があります。

このあたりの線引きができていると、
子供が図に乗ることは防げます。

■ 周囲を馬鹿にしてしまう

自分は天才だと思い込んでしまうと、
周囲を馬鹿にしてしまうのでは…

こんな心配をしてしまうお母さんもいらっしゃるでしょう。

実は周囲を馬鹿にする子は、
自分を天才と思っているからではないです。

本当の理由は、反対に心の奥底で自信がないからなのです。

周囲を馬鹿にすることで、
自分の存在価値を認めたいのです。

だから、親が子供の存在を認め、
自信を身につけることができれば、

周囲を馬鹿にすることは決してありません。

本当に一流だと言われる方々はとても謙虚で人を馬鹿にしたりは
しません。それは子どもにも言えることなのです。

これらの弊害は、子供をほめることが
直接の原因ではありません。

・親が子供を受け入れてあげない

・子供を甘やかしてしまっている

これらが、元凶となっています。

実際、お母さんの心にこんな気持ちがあると、

子供を褒めたとしても、
健全な心は培うことができません。

もしあなたが

「何か弊害が起こることが不安で、 子供をほめることができない」

こんな不安をお持ちなら、まずはその不安を捨ててください。

子供を認めて褒めてあげることで、子どもはどんどん伸びていきます!

今日から「子どもを認めて褒める」ことを意識して
子育てをしてみてください。

きっと生き生きとした我が子を見ることができるでしょう(^_-)-☆

「考える子ども」から「考える大人」になるための
日々の応援です。

「教えず怒らず脳力伸ばせば、子どもがなりたい自分になる」
東大・京大合格だって、数学オリンピックだって、学生起業家だって。
2000冊の育児書にも書いていない
まったく新しい子育て法を伝授するメルマガ【母学のススメ】
登録はこちらから



母学アカデミー

コメントを残す