子育てが「大変なもの」から「最大限に認める」に変わると子どもの能力は伸びる


2015.10.8森さん

このたび、【夢を語り、実現する子どもが育つ母学3か月レッスン】を
卒業された受講生さまより感想をいただきました(^^♪

>このセミナーを受けてたった数か月で随分変わることができました。
変わってしまえば、もうそれが当たり前になってしまって、
それまで悩んでいたことはだんだったんだろう?という感じです。

母学にであうまで私の子育てとは、

「大変なもの」

「子供が正しい道を歩めるようしつけること」

「親が与えられるものには限りがあるから子供はたくさん産んではいけない」

という考えがベースにあったのですが、

今は

「9歳までは本能で生きていると思えば、あまり大変なことではない」

「躾けるのではなく、認めて伸ばすことが大事」

「子供の能力を伸ばすことができれば親は与え続けなくても大丈夫」

と考えが変わりました。
本当に子育てが根本的に変わったといっても過言ではないと思います。

子供は生まれた時点で親に愛されていて、
それが「無条件で認めてもらっている状態」です。
これが人が人として生きるための心のベースを作っていると私は思います。

それなのに大きくなるにつれ認めてもらいにくくなったりしたら、
子供は伸びないですよね・・・

母学は最低限ではなくて、「最大限に認める」子育てなので
親子関係も良好になる、子供も能力を伸ばすことができてお互いに
ハッピーな子育てができます。

13年後に私自身が納得できるよう、学んだことをこれから実践しなければ!と思っています。

今回、思い切ってアクセルを踏んで学びを深められ、本当に大正解でした。

先生、有難うございます。
そしてこれからもよろしくお願いいたします!
(大阪府M・Aさん)

私も感無量です!

この方だけではなく、【夢を語り、実現する子どもが育つ母学3か月レッスン】に
参加された方は、みなさん最初は不安です。

★自分を変えたくても一人では変えられない、
★今の子育てが子どものためにいいのだろうか?

そんな想いで参加されますが、3か月が経って卒業する時には

「私は私、自分の子育てをすればいいのですね!」

と自信の笑顔で卒業されます。

3か月レッスンといいながら、実は3か月で終わるのではありません。
まだまだサポートは続きますよ~(^^♪

お母さんが変われば、子どもはその日から変わります。
ぜひ一緒に学びましょうね。
【夢を語り、実現する子どもが育つ母学3か月レッスン】に参加希望の方は
【お問い合わせ】からご連絡くださいね。

「考える子ども」から「考える大人」になるための
日々の応援です。

「教えず怒らず脳力伸ばせば、子どもがなりたい自分になる」
東大・京大合格だって、数学オリンピックだって、学生起業家だって。
2000冊の育児書にも書いていない
まったく新しい子育て法を伝授するメルマガ【母学のススメ】
登録はこちらから



母学アカデミー

コメントを残す