子育てで一生続くことは注意する、時が経てば直ることは言わない


2016013114370000

自分(小さな子どものいるお母さん)が、自宅に帰って来たとき、
リビングがこんな風になっていたら、あなたならどうしますか?

★絶句?
★怒りが爆発??
★お説教???

【夢を語り、実現する子どもが育つ母学3か月レッスン】受講中のお母さんから
報告をいただきました。

先日の京都での講演会【小学生で伸びる子ども~母の心得~】も参加してくださいました。

>短所があっても、長所がとっても伸びている人は人から一目置かれるし
尊敬されているな・・・と思いまして。
迷惑をかけない人でも、自信がなくてやる気のない人より
そういう人間になってほしいと、子育ての方針がキチンと見えてきました。

あと「一生続くことは注意する。時が経てば直ることは言わない。」
も行動に落とし込めるように意識しています。

ただいまリビングはあらゆる物を一か所にまとめられてる最中で、
スゴイことになっていって ます(添付写真)が、何も言わずに見ていられています(笑)

学んでいなければこう出来なかったことです。
本当にありがとうございます。
(大阪府M・Aさん)

「人に迷惑をかけない子どもにしたい」とは
多くのお母さんがおっしゃることです。

その反面、「子どもの個性を伸ばしてのびのびと育てたい」とも
おっしゃいます。

この2つは相反することで、両方を叶えるのは
非常に難しいのではないかと思います。

だからこそ、「バランス」が必要なのです。

「人に迷惑かけ放題」でもよくないし、
「迷惑をかけないけれど、びくびく育つ」のも
よくありません。

我が家のリビングがこんな状態になっていても
他人に迷惑がかかっているわけではありません(笑)

そして、一生続くわけでもありません。

それに比べて、子どもがリビングをこんな風にするには
必ず理由があります。

★○○をイメージした(想像力)
★こうするために努力した(集中力・推察力)

この力は一生を左右するものです。

そこが理解できていると、このお母さんのように
達観できるのですね。

教えず怒らず脳力伸ばせば、子どもがなりたい自分になる」
東大・京大合格だって、数学オリンピックだって、学生起業家だって、高校イギリス留学だって。
(すべて3人の我が子たちのことです)
2000冊の育児書にも書いていない
まったく新しい子育て法を伝授するメルマガ【母学のススメ】
登録はこちらから



母学アカデミー

コメントを残す