子育てで感情的にならなくなった、 愛情表現が多くなった、 認めるように なった★


シュトーレン シュトーレン1

昨日は一日中、シュトーレン作りをしていました。
ラム酒とバターの香りに包まれて幸せな一日でしたよ~。

フェイスブックに写真を掲載したら、早速
【夢を語り、実現する子どもが育つ母学3か月レッスン】の卒業生から
メッセージをいただきました!

シュトーレンもですが、お子さんの嬉しい変化にさらに嬉しくなりました(^^♪

>シュトーレン作りお疲れ様でした(^^)先生は、日本のターシャ・テューダだなあと思いました(^^)

息子に嬉しい変化があるのでメールしました。

最近毎日のように 突如として「お母さん大好きー」と言って抱きついてきてくれます。

今までこんなことはなかったです。

私としては、「コレをしたからこうなった」というような思い当たる節はないので、

全体的に、感情的にならなくなった、愛情表現が多くなった、認めてくれるように なった、など

が原因じゃないかなと思っています。

これも母学のお蔭と感謝しております。

【子どもの脳を鍛え、考える力を培う方法」動画教材のビデオも拝見しました。
さっそく「挨拶と愛情表現のルーチン化」

をしているのですが、

「おやすみ。はやちゃんがいて今日も楽しかった」と言うと、

「お母さんがいて楽しかった。」「お母さんがいて、いいな。」

とか、単語を変えて色々言ってくれました。

単に言葉遊びをして いただけかもしれませんが、
こんなに素直に自分の気持ちを伝えてくれる可愛い子供に

恵まれて幸せだなあと思いました。

母学に出会っていなかったら、こんな幸せを沢山感じずに過ごしていたのだろうなと思うと、大変な損失

だったと思います。本当にありがとうございます。
(大阪府M・Aさん)

まず、お子さんの変化も嬉しいですが、
どんな小さな変化も見逃さないお母さんの感受性が素晴らしいです!

子どもが嬉しい言葉をかけてくれると

「今日は機嫌がいいのね!」

で済ませてしまうことが多いですが、
こうやってお母さんが

「自分の行動」と照らし合わせて子どもの成長を判断できるように
なることが大切なのです。

そうするとさらに子どもの成長に合わせて、
子どもへの言葉かけや行動を変えていくことができます。

★感情的にならなくなった、
★愛情表現が多くなった、
★認めてくれるように なった

まさしくココなのです!

お母さんが変われば子どもも変わります。
でも、お母さんが変わるのが難しい(;´・ω・)

そんなお母さんのためのレッスンが
【夢を語り、実現する子どもが育つ母学3か月レッスン】です。

卒業生もぞくぞくと誕生して、
ますます子育てが楽しくなったと報告をいただいています。

沢山のお母さんに【母学】で子育てを楽しんでほしいですね!
詳しい内容はメルマガでお届けしています。

「考える子ども」から「考える大人」になるための
日々の応援です。

「教えず怒らず脳力伸ばせば、子どもがなりたい自分になる」
東大・京大合格だって、数学オリンピックだって、学生起業家だって、高校イギリス留学だって。
(すべて3人の我が子たちのことです)
2000冊の育児書にも書いていない
まったく新しい子育て法を伝授するメルマガ【母学のススメ】
登録はこちらから



母学アカデミー

コメントを残す