子育ての方法以外で子育てに影響すること

2017.10.151
先週末の四国旅行では
高知の桂浜に行きました

 

 

30年ほど前にも行ったのですが
その時には
「ただの海」
としか思えませんでした

 

 

しかし今回、感動したことがあります

「広い海」

と感じたのです

 

 

お土産やさんの看板に
「海の向こうはカリフォルニア」
と書いてありました

 

 

ただの冗談だと思って
笑って通りすぎましたが
心にひっかかってました

 

 

「ただの海」と「広い海」

 

 

30年と言う年月と経験が
私の感受性を変えたのですね

 

 

「???」

と思われた方も多いと思いますので
詳しく解説しますね。

 

 

私は山口県の瀬戸内側に住んでいます
いつも瀬戸内海を見ています。

 

海の向こうには島や四国が見えます
それが普通だと思って生きてきました

 

 

今回桂浜で太平洋を見て
「広い!カリフォルニアまで続いている!」

と改めて感じたのです。

 

 

そこで思い出したことがあります
私の息子たちは中学高校と
太平洋のすぐそばにある全寮制の学校で
過ごしました。

 

 

その学校に入学させたいと思ったのは
学校見学で訪れた時です

 

800人収容の大食堂は海側が総ガラス張り。
太平洋が見えます。

 

「この広い海を見ながら6年間過ごしたら
きっと息子の人生は変わるだろう」

 

と感じたことが、その中学入学の
決定打となりました。

 

 

人間は「いつも見ているもの」が
その人の基準となります。

 

「いつも瀬戸内海を見ている人」
「いつも太平洋を見ている人」

 

きっと基準が違うのだと思います

 

「何の基準か」
ははっきりとは言えませんが
人生の決断をするときに
きっと影響すると思うのです

 

 

子育てをするときに
★子育ての方法
★親の対処の仕方
★子どもの言葉かけ

 

など大切な事はたくさんありますが

 

一見全く関係ないことも
子供の成長には影響してくると
感じた出来事でした

 

 

「旅をする」ことは
こんな新しい視点を与えてくれます。

東大・京大・高校単身留学の子どもを育てた母の「全国対応 無料メールマガジン」



母学アカデミー

コメントを残す