落ち着きがないわが子、「多動力」なのかも

014993_li

 

「え?ウチの子のこと???」

 

とドキッとするお母さんもいらっしゃると
思います。

 

あるお母さんからのご報告です

 

 

 

>集中力がない、
自分から本を読んで欲しいと持ってくるが、
2.3ページ読んだら
周りをキョロキョロし出す。

 

 

しりとりやカルタなど、
自分が不利になってきたり、
わからないことがあると

 

「もうや~めた」とやめ出す。
ことなどが悩みです。

 

 

【母学通信コースを始めて
お子さんはどう変化しましたか】

 

まだ始めたばかりで、
変化はわかりません。

 

 

【どんな方に母学通信コースを
オススメしたいですか】

 

 

子育てに悩んでる方、
苦労してる方
(Yさん)

 

 

 

 

お子さんの年齢にもよりますが

 

「集中力のある子」

 

になって欲しいと親であれば
子どもに望むものです。

 

 

でも、子どもは落ち着きがない・・・

 

 

 

 

子どもの「集中力」に視線を向けると
子どもの落ち着きがないことに
イライラします。

 

 

 

では、「好奇心」に視線を向けると
どうでしょう?

 

「いろいろなことに興味があるから
落ち着きがないように見える」

 

 

「まだ、夢中になれるものに
出会っていないだけ。
これだけの好奇心があれば
夢中になれるものに出会えるハズ」

 

 

こんな風に見えてきます。

 

 

 

 

今、ホリエモンの「多動力」という
本が話題になっています。

 

 

まさに、「今からの時代」に必要な
力です。

 

 

今までの時代であれば、

 

 

「石の上にも3年」

「一つのことに集中する」

 

ことがヨシとされてきました。

 

 

 

しかし、今は昭和の時代に比べて
時代の動きが何倍も早い!

 

 

そんな時代に活躍できるのは
(今でいういわゆる)

落ち着きのない人間

なのかもしれません。

 

 

 

 

「落ち着きがない」

 

というと、マイナスの言葉に
なりますが

 

 

 

「好奇心がある」

 

「同時進行能力がある」

 

「アンテナが広い」

 

 

こう考えると、その子の強み
になります。

 

 

 

つまり、お子さんを変えるのではなく
お母さんの視点を変えるのです。

 

 

 

そんな「お母さんの視点を変える」
のが、【母学通信コース】です

 

【母学通信コース】の詳細や
お申し込みはこちらから

【母学通信コース】

 

毎月1280円(税別)~学べます。

 

 

オススメは3000円(税別)の
動画コースです!

 

 

テキストにはない
私の解説や体験談、失敗談など
リアルな話を動画で見ながら
学ぶことができます。

 

 

 

 

 
東大・京大・高校単身留学の子どもを育てた母の「全国対応 無料メールマガジン」



母学アカデミー

コメントを残す