赤ちゃん返りをしている我が子、どうしたらいい?


000239_li

このブログを読んでくださっているお母さんは
他のブログや本も読んで子育てのことを勉強されていると思います。

でも、なかなか自分の子育ては思うようにならない(;´・ω・)

それはなぜでしょうか?

「知っている」と「出来ている」

はまったく別物だからです!!

先日【スカイプ無料個人相談】を
受けられたお母さんから感想をいただきました

>子育て本などを読んで理解していたつもりでしたが、
いまひとつ実践できなかった私。

先生とお話して、本やブログで読んだことがあるわ、
と思うこともありました。

でも知っていても実践できていないということは、
自分のものになっていないということ。
先生は文章からの情報は5%足らずとおっしゃっておられましたが、
本当にその通りだと思いました。

先生とお話をして
・赤ちゃん返りをしている上の子をたっぷり甘えさせてあげること
・夫は漬物石だと思うこと
・他人と過去は変えられない、変えられるのは自分と未来、という考え方
という以前から知っていたことが、すうーっと自分の中に入ってきて
今は素直にそうできている自分がいます。
お話しただけで、この考えが自分のものになった気がします。

たった1時間のセッションでこの変化は自分でもも驚きました。
そして、とてもうれしいです。

イライラすることが多くて、ずっと変わりたい、このままではいけない、
と思っていましたが、
この母学と出会い、なんだか変われる気がしています。
一歩踏み出せたのでしょうか。

このご縁に感謝し、「育児は育自」という言葉通り、がんばりたいと思います。
これからの自分が楽しみです。
(埼玉県H・Tさん)

文字を読むだけの情報(ブログ・メルマガ・本)で
伝わるのはわずか5%と言われています。

文字だけの情報では「わかった!」とは思えても
「出来ている!」というところまでは至らないことがほとんどです。

直接顔を見て話をすると、同じ内容でも深く心に入るのは
「声」「話し方」「表情」「ゼスチャー」「オーラ」などが
言葉と一緒に心に入っていくからです。

たった1時間のセッションで、何年も変わらなかった自分が
一瞬にして変わってしまうから不思議ですね(^^♪

「考える子ども」から「考える大人」になるための
日々の応援です。

「教えず怒らず脳力伸ばせば、子どもがなりたい自分になる」
東大・京大合格だって、数学オリンピックだって、学生起業家だって。
2000冊の育児書にも書いていない
まったく新しい子育て法を伝授するメルマガ【母学のススメ】
登録はこちらから



母学アカデミー

コメントを残す