子どもにカッと怒らない方法

IMG_6467

先日、ある旅館に泊まった時のこと。

 

その旅館は皇族の方も
泊まられたことのある
由緒ある旅館です。

 
私はずっと憧れていて
やっと泊まる機会に恵まれました。

 
それは素敵な旅館だったのですが・・・
チェックインの時から何だか違和感。
マニュアル通りの言葉なのですが
言葉に敬意がこもっていない
いやいや、気のせい・・・と
気分を落ち着けたのですが、夕食時。

 

旅館のお食事って、私には量が
多すぎるのです。

 

 

もともと小食でたくさんの量を
食べることができません。

 
その時にも、食事後半の
麺類と鍋物を半分残してしまいました。

 
そうしたら、サービスをして
くださる仲居さんが

 

 

「あなたは、何でもちょっとずつ残すのね。
食器を下げることができないんですけど」

とチクリ。

 
( ゚Д゚)

 

 

もちろん、残した私が悪いのです。

でも、なんで憧れの旅館で夕食を
いただいている時に
説教されなきゃいけないの??(怒)

 
その一言で、せっかくのテンションが
一気に下がりました(;´・ω・)
久々に「ムカっ」とした場面でした。

 
よく、私は
「京子先生はどうやって
怒りを我慢しているのですか?」
という質問を受けます。

 
私は怒りを我慢しているのでは
ありません。

 

 

怒りを感じないのでもありません。

 
ちゃんと怒りを感じます。
ただ、その表現方法に
気を付けているだけです。

 

 

その旅館の夕食時、
私はどうしたでしょう?

 

 

ムカッとはしましたが

 

「ああ、この旅館は
マナー教育ができていないのね。
この人は自分の言葉で
相手がどう思うか考えることが
出来ない人なのね。
自分の立場(お客様を喜ばせる)を
理解していない人なのね。

 

私も気を付けようっと」
(私もクライアントさんと会話をする仕事なので)
こう思って、怒りを分析し分解して
自分の未来に生かす結論を出しました。

 

 
今考えるとその方法は
子育ての時に学んだのだなぁと
思います。
★子どもを怒りたくないのに
怒ってしまう

 

★怒ることではないと
頭では分かっているのに
自分の思うようにならないと
ガマンできず怒ってしまう

 

 

 

多くのお母さんに共通の悩みでは
ないでしょうか。

 

 

 

私も子育て中は子ども達3人の
言動にイラっとすることは
たびたびでした。

 
爆発しそうになったことも
一度や二度ではありません。

 
でも、怒らずに子育てができたのは
★怒りの仕組みを知っていたから

 

★怒りを客観視していたから

 

★怒りを他の表現に置き換えていたから
なのです。

 
私にもともとそんな素質があったのではなく
「怒らない仕組み」を
学んだからなのです。
あなたがもし「怒ってしまう」ことで
悩んでいるならば、

 

あなたが「怒りっぽい」のでは
ありません。

 
「怒らない仕組み」を学んだことが
ないからなのです。

 
★小学1年生で「あいうえお」を
学ぶから、字が書けるようになる

 

★小学2年生で「かけ算九九」を
学ぶからかけ算ができるようになる

 
「怒らない仕組み」も
学ばなくてはできるようにはなりません。

 
もし、「子どもを怒ってしまう」
ことで悩んでいるのなら、
「怒らない仕組み」を
学びましょう。

 
1時間25分の動画です
ワークをダウンロードできます

 

実際のセミナーででも
同じワークをしていただきます

こちらから

http://hahagaku.thebase.in/items/8413033

 

 

 

東大・京大・高校単身留学の子どもを育てた母の「全国対応 無料メールマガジン」

子育ての方法以外で子育てに影響すること

2017.10.151
先週末の四国旅行では
高知の桂浜に行きました

 

 

30年ほど前にも行ったのですが
その時には
「ただの海」
としか思えませんでした

 

 

しかし今回、感動したことがあります

「広い海」

と感じたのです

 

 

お土産やさんの看板に
「海の向こうはカリフォルニア」
と書いてありました

 

 

ただの冗談だと思って
笑って通りすぎましたが
心にひっかかってました

 

 

「ただの海」と「広い海」

 

 

30年と言う年月と経験が
私の感受性を変えたのですね

 

 

「???」

と思われた方も多いと思いますので
詳しく解説しますね。

 

 

私は山口県の瀬戸内側に住んでいます
いつも瀬戸内海を見ています。

 

海の向こうには島や四国が見えます
それが普通だと思って生きてきました

 

 

今回桂浜で太平洋を見て
「広い!カリフォルニアまで続いている!」

と改めて感じたのです。

 

 

そこで思い出したことがあります
私の息子たちは中学高校と
太平洋のすぐそばにある全寮制の学校で
過ごしました。

 

 

その学校に入学させたいと思ったのは
学校見学で訪れた時です

 

800人収容の大食堂は海側が総ガラス張り。
太平洋が見えます。

 

「この広い海を見ながら6年間過ごしたら
きっと息子の人生は変わるだろう」

 

と感じたことが、その中学入学の
決定打となりました。

 

 

人間は「いつも見ているもの」が
その人の基準となります。

 

「いつも瀬戸内海を見ている人」
「いつも太平洋を見ている人」

 

きっと基準が違うのだと思います

 

「何の基準か」
ははっきりとは言えませんが
人生の決断をするときに
きっと影響すると思うのです

 

 

子育てをするときに
★子育ての方法
★親の対処の仕方
★子どもの言葉かけ

 

など大切な事はたくさんありますが

 

一見全く関係ないことも
子供の成長には影響してくると
感じた出来事でした

 

 

「旅をする」ことは
こんな新しい視点を与えてくれます。

東大・京大・高校単身留学の子どもを育てた母の「全国対応 無料メールマガジン」

今日から〇〇になる!自分を変える方法、子どもが変わる方法

「素敵なママに変わりたい」special-02
「今日からは〇〇をしたい」

と思ってはいても、
★なかなか変われない
★なかなか続かない・・・
これは、誰にでも当てはまることで
誰でも経験することでしょう。
本を読んでみたり、
セミナーに参加してみたりして

その時には

「よし!今日から〇〇するぞ!」
と決心するのですが、
3日経つともう忘れていたり。

三日坊主という言葉が
あらわす通りです。
それでは、
★本当に自分が変わる
★本当に続ける

ためにはどうすればいいのでしょう。
人間の脳は保守的です。

「変わらない」ことが何より大事
だと思っています。

だって、昨日と同じことを
今日もした方がラクだからです。
昨日子どもを怒鳴ってしまったら

「怒らないお母さんになろう」
と思うよりも

「今日も怒鳴るお母さんになる」
方がラクなのです。

 

セミナーに参加したり本を読んだりして

「今日から〇〇しよう」
と決心しても

昨日のままの方が実はラクなのです。

__
実は私は先日あるセミナーの「音源」を
購入しました。
つまり、音声が録音されたファイルです。
その中で、「この音声ファイルを
30回は最低聴いてください。
15回目くらいから、やっと本質が
見えてきます」

ということを聞きました。

「へぇ?30回?15回?」

びっくりしました。
しかし、実際に15回聞いてみたら
(ほとんどセリフは覚えてしまうくらい)
やっぱり15回目くらいから
いろいろなことが理解できるように
なりました。
それまでは「人がやっていること」
としか思えなかったことが

「自分がやるためには、どうしたら
いいのだろう?」

と考えられるように
なってきたのです。
それから、さらに30回くらい聴くと

「こうやって、それからああやって
そして、こうすればいいんだ」

ということが、頭の中でクッキリと
描けるようになりました。
そして、実際にそのように
動けるようになったのです。
「何度も繰り返す」

ことの大切さを実感として
感じた瞬間でした。
私も数々のセミナーを開催して
いますが、

参加者にその後お伺いすると

「ちょっと忙しくてできてません」
「やろうと思ったのですが
忘れてました」
「やっぱり私には無理みたいです」

という声を聴いて残念に思うことが
とても多かったのです。
私に足りなかったのは

「繰り返す」ことの重要性を
お伝えすることだったのです。
これからは「繰り返す」ことの
重要性をお伝えしていこうと
決心しました。
__

小学生の宿題には「漢字ドリル」
「計算ドリル」があります。

これも「繰り返す」ことで、
定着させていく方法です。
ただし、自分から自主的に目的を
もって繰り返さないと、
効果はないと思います。

親から「やりなさい!」と
怒られながら繰り返しても
なかなか定着はしないでしょう。
この場合は

「いかにやる気にさせるか」

が重要になってきます。

母学(ははがく)式の学力アップについては
メルマガでお伝えしています。
(その他の子育て情報も)

東大・京大・高校単身留学の子どもを育てた母の「全国対応 無料メールマガジン」

学力=ガリ勉?

a0001_013135-198x300

我が子を「ガリ勉」にしたいわけじゃない!
でも「学力」はつけてあげたい

多くのお母さんお父さんからいただく感想です。

私もずっとそう思って3人の子育てをしてきました
勉強を強要するのではなく、

「勉強を自分からしたい子どもを育てる」

それを目標にしてきました

そして、子育てが終わった今では、
学力=ガリ勉 ではないことを
やっと納得することができたのです。

「もっと勉強が出来るようになりたい」
「勉強って楽しい」
「学ぶってワクワクする」

と子ども達は本来どの子でも
そんなエネルギーでいっぱいなのです。

どうぞその時期を逃さず
お子さんを成長させてあげてください。

もし、「学力=ガリ勉」と思っているお母さんが
いらっしゃるのなら、
その考えをチェンジすることから始めましょう

「え?どうやって?」

そんな方はこちらから登録ください
「本当の学力」についての
メールをお届けします。
http://bit.ly/2nUcZUw
★登録されてから25日間、夜8時に
メールで【本当の学力】についての
情報をお送りします。

______________
我が子達の小中高生時代
______________

我が子達はガリ勉とは程遠い小中高生時代を送りました。
塾にもほとんど通わず、
息子たちは東大・京大に現役合格

娘も中学3年生からイギリス単身留学をしました。

では、小中高生時代に全く勉強をしなかったのかと
聞かれれば「NO!」と答えます。

私は「小学生時代の学力」が
その後大学受験まで影響すると思っています。

しかし、小学生時代の学力とは
「ガリ勉」をすることではなく

「知識」を詰め込むことでもないと
思っています。

______________
自分から勉強する子になるために大事なこと
______________

大切なのは

★勉強とは何か、自分にどんなメリットが
あるのかを知ること

★勉強って楽しいと思えること

★考える力=思考力を養うこと

だと思います。
それらは、がり勉で身につくことでは
ありません。

じゃあ、どうすれば身につくの?

子どもを成長させたいと
全ての親は思っています

でも、その具体的な方法が
分からない方がほとんど・・・

しかし一つだけはっきりと言えることは

「思っているだけでは、叶わない」
ということです。
何かしらの行動をしないと叶わないのです。

子どもの勉強に関して
小学生の親であれば気になるのは
当然です。

そして、幼稚園保育園のお母さんも
数年後の我が子の学力について考えるでしょう

「子どもに本当の学力をつけさせたい」

という方はこちらに登録してください

「本当の学力」についての
メールをお届けします。
http://bit.ly/2nUcZUw
★登録されてから25日間、夜8時に
メールで【本当の学力】についての
情報をお送りします。

「ごめんなさい」が言えるのは3歳?6歳?いつ?

私は母学アカデミー学長として子育てをお伝えしています。
わが子たちは、長男東大、次男京大、娘はイギリス高校留学をしています。
そんな子育てをお伝えしています。

今日は、「ごめんなさい」を無理にでも言わせるべきか、それとも

「ごめんなさい」を自分で言えるようになるまで待ってあげるべきかを

考えてみましょう。

何歳になったら「ごめんなさい」が言えるのでしょうか?

3歳?6歳?

<あるある!こんなコト>?

★夕食の時、子どもがみそ汁のお椀をひっくり返してしまった!

★公園で遊んでいる時にお友だちのおもちゃを取ってしまった!

★そのおもちゃを返すどころか、お友だちを叩いてしまった!

こんな経験、小さなお子さんをお持ちのお母さんなら誰でもあるでしょう。

子どもは「ごめんなさい」と謝る風もなく、黙ったまま・・・・

そうするとお母さんは頭にカーッと血がのぼります!

「ごめんなさいは?」とさりげなく謝らせようとしても、

プイッと顔を背けられたら、余計にカッカとなりますね。

<無理やりにでも「ごめんなさい」と謝らせないと大人になってもこのまま?>

「ここで「ごめんなさい」を言わずに許してしまったら、もしかして大人になっても謝れない人間になってしまうのでは?

三つ子の魂百までって言うし・・・」

こう考え始めるとお母さんはだんだん焦ってきます。

「ごめんなさいはっ?」の声もだんだんトーンが高くなり、

ついには大声が出てしまう時もありますよね。

「謝りなさいっ!!」

もうこうなってしまったら、子どもは恐怖に怯えて動けなくなるか

余計に反発して絶対に動かなくなるか

「素直に『ごめんなさい』と謝る」ことは不可能に近くなります。

<その結果、どんどん悪循環にハマる!?>

最後にはお母さんが子どもの頭を持って、力づくで頭を下げさせることになるのです!

もうこの時点では、子どもは泣きじゃくるか、怒って反撃するかしかなくなるのです。

その結果、親子でパニック!!

お母さんは自分でも思っていなかったほど大声を出し、

子どもを罵倒して、子どもが恐怖で黙ってしまうまでパニックは続きます。

やっと修羅場がおさまった時には、お母さんには後悔の嵐がやってきます。

「こんなに怒る必要はなかったのに。」

「優しいお母さんでいたいのにどうしてこうなっちゃうの?」

「子どもに申し訳ない・・・」

<その時、子どもはどう思っているか?>

お母さん自身が怒りでパニックになっている間は、

お子さんを思いやる気持ちは働きません。

お母さんに怒られている間、子どもは何を考えているか?

考えてみたことはありますか?

★ただただ恐怖に怯えている

★自分は悪くないのにどうして怒られるの?

★自分がダメな人間だからお母さんはこんなに怒るんだ。

★早く嵐が去って欲しい

決して反省などしていないのです!

そして、恐怖だけが子どもの心に澱のように溜まっていくのです。

そんな恐怖の澱が溜まり続けて、子どもが思春期を迎える頃、

反抗期がやってきます!!

反撃する体力と知識を備えた子どもは、

昔お母さんに怒られたのと同じ方法で、お母さんを攻撃するようになるのです!

そんなこと、考えただけでもイヤですよね。

でも、お母さん自身に【怒りをコントロールする技術】があれば

後から後悔するほど怒ることは防げるのです!

<子どもが素直に「ごめんなさい」と謝るようになる方法>

それでは、どうすれば子どもは素直に「ごめんなさい」と謝るようになるのでしょうか?

★「ごめんなさい」と無理に言わせない

★子どもの顔を見て、反省しているかどうかを判断する

★反省していたら「○○ちゃんは心の中で、「ごめんなさい」って言っているのね。

ママにはちゃんと聞こえるよ。

★謝らなければならない相手にお母さんが謝る

<え?子どもに「ごめんなさい」と謝らせなくていいの?>

「え?子どもに謝らせなくていいの?」

「そんなに甘いことじゃ、いつまでも謝れるようにはならない!」

そう思われた方も多いでしょう。

確かに、「すぐ」には「ごめんなさい」が言えるようにはならないかもしれません。

でも、この方法で

★心の中で反省する

★心の中で「ごめんなさい」を言ってみる

★お母さんが代わりに「ごめんなさい」を言ったのを見る

これを何度も経験すると自然と「ごめんなさい」が言えるようになるのです!

お母さんが「ごめんなさい」を言ったら、

相手が「いいのよ、大丈夫よ♪」

と言ってくれて、周りの空気が明るくなった!

代わりに「ごめんなさい」を言ってくれたお母さんが清々しい顔になった!

そんな変化を敏感にキャッチして、

「ごめんなさいって謝ることは、気持ちいいことなんだ!」

と子どもが心から思えるようになると

自然に「ごめんなさい」が言えるようになるのです。

それは次の日からからもしれません、1年後かもしれません。

お母さんはその日を信じて、お子さんの代弁をし続けて欲しいと思います。

 

 

<a href=”http://haha-gaku.com/mail” target=”_blank”><img alt=”東大・京大・高校単身留学の子どもを育てた母の「全国対応 無料メールマガジン」” src=”http://haha-gaku.com/wp-content/themes/apt-pc/images/blog_mailmagazine.jpg” width=”670″ height=”150″ /></a>

地頭のいい子の育て方

私は母学アカデミー学長として子育てをお伝えしています。
わが子たちは、長男東大、次男京大、娘はイギリス高校留学をしています。
そんな子育てをお伝えしています。

「地頭のいい子の育て方」が育てばa0001_016388-300x198
子育てはどんなにラクでしょう。
地頭がいいって、もともと持っている
遺伝子のことでしょうか?

 
勉強ができる子どもを育てたいと
思っているお母さんも

勉強は出来ても出来なくてもいいと
思っているお母さんも
いらっしゃるでしょう。

 

勉強ができるということと
地頭がいいということは
ちょっと違うと思います。
地頭が良ければ、勉強はできますが
勉強ができるからといって、
地頭がいいとは限らないわけです。

私は勉強は出来ても出来なくてもいいと
思って子育てをしてきました。

でも、「夢を叶える子」
「将来社会に貢献する子」

になって欲しいと思っていました。
(今でも思っています)
そのためみは「地頭のいい子」に
育てることが親の出来ることでは
ないかと思います。
結果として「勉強が出来る」
「学力が高い」子どもに育ったという
感じです。

いわゆる「地頭がいい」子どもです。
まず最初に地頭の良い子を育てるために
一番大切なことからお伝えします。

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━

1.子育てに成功する親の共通点

━━━━━━━━━━━━━━━━━
子育ての成功とは何か・・・。

 

これを詳しく説明するとなると、
いろいろ難しい解説も必要に
なりますが
ここでは、

「子供が将来、自分の夢を叶え
社会に貢献すること」

と定義させていただきます。
もちろん、

・学歴が高い=子育てが成功

・学歴が低い=子育てが失敗

というわけではありません。
でも、学歴は低いよりは高い方が
生きやすいのが今の日本の現状です。
学歴がある方が人生の選択肢が
広がります。
そして地頭が良いと
学歴も得やすいのです。

 
ですから、ここではとりあえず、
東大・京大に入れること
留学をすることを一応の成功と
するとします。
(本当はこれからがタイヘンで
結果がでるのはまだまだ先ですが)

 
さて、子育てに成功する親には
ある1つの共通点があります。
私を含めて私の周りの
東大・京大に子どもを合格させた
親御さんを見ていて、
つくづくそう思います。
その共通点というのは、

「子供の教育方針がブレない」

ということです。
どんな時でも、子供への接し方が
同じルールに基づいています。
このことを理解していただくために
ちょっとした身近な例を出しますね。

 

たとえば、あなたがお子さんと一緒に
お買い物に行ったとします。
お子さんがお菓子のコーナーで、

「お母さん、アメを買って」

とダダをこねたとします。
甘やかしてはいけないので、
買わないつもりでした。
でも、とてもしつこくて、
とうとう売り場で泣き出し始めました。
他の人の白い目に耐えかねて
子供に根負けしてしまい、

「仕方がないね、今日だけだよ」

を買ってあげたとします。

その場は無事収まりました。

 

しかし、翌日のことです。

またスーパーのお菓子売り場で、
子供がダダをこねます。

「ねえ、今日もアメを買って。」

さすがに2回連続はまずいので、

「今日は買わないよ。
昨日買ったばかりでしょ」

と子供を言い聞かせようとします。
すると子供はこう言います。

「昨日は買ってくれたのに、
どうして今日はダメなの?」
・・・
子供のこの質問に対して、
あなたは何と答えますか?

 

「アメばかり食べると
虫歯になってしまうからね」

「毎日お菓子ばかり買わないよ。
ダメなものはダメなのよ。」
こんな答えが、
よくある回答だと思います。

でも、これらの回答は、

「昨日はよくて、今日はダメなのか」

ということを説明するための、
本質的な答えにはなっていません。
虫歯になってはいけないのなら、
昨日も今日もダメなはずです。(笑)

 

 

それではどう答えればよいのか。
実は、この子供の質問には、
答えることができないんです。

私だって正しく答えられません。
・昨日はアメを買ってくれた

・今日はアメを買ってくれない
お母さんのこの2つの行動自体が
そもそも一貫性がないからです。

 

つまり、お母さんの接し方が、

「時によってブレている」

ということになります。
何か決定的な理由が無い限りは、
親の行動がブレてはいけません。
子供にアメを買うという、
ごく身近なことを例に出しましたが、
このあたりがブレててはいけません。

 

たとえば私の場合は、
・どんなに子供がダダをこねても、
絶対にその場では買ってあげない

という姿勢を強く貫いて、
子どもと接していました。

 
また、こんな接し方のお母さんも
いらっしゃるでしょう。
・何かとても頑張ったとき限定で、
子供にご褒美をあげる

どちらがいい訳でも悪い訳でもありません。
明確な基準を作ってそれを守ることが
とても大切だと言えます。
「今日は子供がうるさいから、
仕方なく買ってしまった」

というように流されてしまうのは、
望ましくないんですね。

 
教育方針がブレてしまっていると、
その弱さが子供にも伝わります。

結果的に子供も流されやすい、
弱い子になってしまいます。

 

子供の教育に成功したいなら、

「子育てのブレない軸」

を作ることを意識してください。

これはとても大切なことです。

 
━━━━━━━━━━━━━━━━━

2.地頭の良くなるおもちゃの選び方

━━━━━━━━━━━━━━━━━
お子さんのおもちゃを選ぶ際も、

地頭が良くなることを意識しましょう。

 

子供が欲しがるままのおもちゃを、
与えていてはいけないんですね。
おもちゃは、2種類に分かれます。
・子供の脳を鍛えるおもちゃ

・子供の思考力を奪うおもちゃ
たとえば、積み木や粘土は、
前者にあたります。

 

これにたいして、電気で動く電車や
映像が流れる機器は後者になります。

 

この分岐点は、

「生産か消費のどちらか」

という点です。
生産:何かを作り出すこと

消費:受け身になって受け取ること
積み木や粘土は、自分の力で
何かを作る作業となります。

これは、「生産行為」にあたります。
何かを生産するおもちゃで遊ぶには、
自分で考え工夫する必要があります。

その過程で、手先が器用になったり、
創造力が培われるわけですね。

そしてその結果、「地頭がいい子ども」
になるわけです。

 

 

これに対して、電気や電池で動くものは、
消費行為にあたります。

遊ぶのはとても楽ですね。

ボタン一つで、遊びが始まります。

「その様子を受け身で見ているだけ」

ということになります。

電力を消費するかわりに、
考えなくても受け身で遊べるんです。

 
何かを作り出すのは頭を使いますが、
消費するのは受け身でラクなんですね。
これはおもちゃだけでなく、
全ての活動に当てはまります。
砂場で何かを作ったり、
自然のなかでの魚釣りなどは、

工夫しながら遊ぶ必要があります。

自然のなかでボーっとしていても、
魚は捕れないですからね。

これらが、地頭がいい子どもに
なるための遊びです。

 
逆に遊園地のアトラクションや、
テレビを見ることなどは、

受け身で遊ぶ行為になります。

ですから、思考力を培う意味では、
過度に与えるのは良くありません。

 
ある大手の教育機関の研究結果で、

「東大生が子供の頃遊んだおもちゃ」

というリサーチがあります。

東大生は、一般的な子と比べて、

積み木で遊んでいる経験を持つ子が
とても多いという結果が出ました。

積み木で本気で遊ぶためには、
考える必要があります。

その過程で脳が鍛えられたのだと
推測されますね。
だから東大生は地頭がいいと
いうわけです。

 
もちろん、「消費は一切ダメ」
というのではありません。

 

しかし、子供の周囲を囲む環境は、

「消費ではなく生産を重視する」

という視点で選んであげることが、
子供の脳を鍛えるうえで大切です。

 

 

 

今回は「地頭がいい子ども」を
育てるための

「おもちゃの選び方の基準」

をご紹介しました。
子育てのブレない軸を作るのは、

地頭の良い子を育てるために、
とても重要なことだといえます。

東大・京大・高校単身留学の子どもを育てた母の「全国対応 無料メールマガジン」

子育てのたった3つのルールを守れば能力がドンドン伸びて、東大京大も合格!テレビ・ゲームはいつから?

母学アカデミー学長として子育てをお伝えしています。
わが子たちは、長男東大、次男京大、娘はイギリス高校留学をしています。
そんな子育てをお伝えしています。

テレビ・ゲームはいつからどれくらい
子どもにさせてもいいの?という疑問は
多くのお母さんがお持ちです

私は子育てをする中で赤門編集1-300x200

「子どもを東大に入れよう!」と

思ったことは一度もありません。

「夢を叶える子どもになって欲しい」

「子どもの能力を目一杯伸ばして
やりたい」

「人生を楽しむ子どもになって
欲しい」

と思って子育てをしてきました。

その結果が

長男の東大合格
次男の京大合格
娘のイギリス高校留学

だっただけなのです。

河村家で実践してきたことは、
次の3つのことでした。

たった3つのルールとは・・・・・

★テレビ・ゲームなa0001_011708

★夜8時に寝る

★怒らない
の3つです。

この3つについて、
どのような意味があるのか解説して
いきます。

この3つのルールをお話しすると

「え~~~~~!たったそれだけで
東大京大に合格できるの~~~~~?」

びっくりされる方が大多数です。

でも、本当なのです!!

実は我が家ではこのルールを厳格に
守って子育てをしてきました。

子どもが生まれた日から12歳まで、
このルールを守り続けたのです。

そうしたら、長男も次男もは中学から
メキメキ能力を伸ばし、

塾なし、

「勉強しなさい」の叱咤激励なし

で勝手に東大京大に合格して
しまったのです!

________________

この記事でいちばんお伝えしたいこと

________________

もし、上の3つのルールを見て

「それだけで東大京大に合格する
ハズないじゃない!!」

と思われた方、申し訳ありません。

でも、実際にこの3つのルールで
私の長男次男は

勝手に東大京大に合格してしまった
のです!

その他にも細々と気を付けたことは
あります。

でも、大枠ではこの3つのルールを
守って子育てをしてきたという
意味で書かせていただきました。

この3つのルールには、
子どもの能力を伸ばすために
実は深い意味があるのです!

それらをひとつずつ解説して
いきますね!

________________

(1)テレビ・ゲームなし
________________

現代の生活で、「テレビ・ゲーム」
なしで子どもが生活するのは
ムズカシイと思われるかもしれません。

でもやってみれば案外できるもの
ですよ!

初めから「テレビ・ゲームは世の中に
ないもの」と思えばいいのですから。

我が家にもテレビはあります。
でも、子どもの前ではつけなかった
だけです。

では、どうして私は
「テレビ・ゲームなし生活」を
選んだのか・・・・?

それは、テレビ・ゲームは受け身の
遊びだからです!

私は子どもたちには
「前向きで生産的な人間」に
なって欲しかったからです!

70年ほど前にはテレビ・ゲームも
ありませんでした。
それでも子どもたちは楽しく遊んで
いたのです!

だから現代だってテレビ・ゲームなし
でも十分楽しく遊べるのですよ。

「前向きで生産的な人間」に
育てるには、受け身のテレビ・ゲーム
より

もっと生産的な遊びが大切だと
考えたのです。

・・・キーワードは「生産」・・・

________________

(2)夜8時に寝る
________________

現代の生活ではこれまたムズカシイ
ことかもしれません。

でも、もともと人間は

「太陽が昇ったら起きて、
太陽が沈んだら寝る」

そんな生活を有史以前からしてきた
のです。

電灯が発明されてから、
夜が明るくなり、
夜更かしをするようになったのです。

私たち人間も「自然の一部」です。
だから、自然の摂理に添って生活する
のが一番効率がいいのです。

特に子どもは大人より、
もっともっと自然に近い存在。

より自然の摂理に添った生活をさせる
ことで、本人の持つ能力を最大限に
発揮できる

効率のいい体と頭を手に入れることが
できると考えたのです。

「出来る脳」を持っていれば、

勉強も効率よくできると考えたのです。
そうすれば、能力を伸ばすこともできます

夜8時に寝れば、
自ずから朝は早く目覚めます。

朝のスッキリした頭で、
生産的な遊びをしたり、
小学生になれば勉強をしたりすれば

しっかりと頭に入ります。

つまり、朝は効率の良い勉強が出来る
のです!

実際、成長ホルモンは夜の10時から
夜中の2時の間に出ると言われています。

しかし、起きていては成長ホルモンは
出ません。

その時間に熟睡していることが
必要なのです。

そして、寝入りばなにも成長ホルモン
は出ません。

少なくとも寝てから2時間たってから
出始めるそうです。

夜の10時から2時間前は8時です。

こんな訳で我が家では夜8時に就寝
というルールが出来たのです。

・・・キーワードは「出来る脳」・・

________________

(3)怒らない
________________

日本では今まで、
「親は子どもを怒るのは当たり前」と
して子育てがされてきました。

時には親の感情や機嫌だけで
怒ってしまうことも・・・

では、怒られた子どもの心について
考えたことがありますか?

実は怒られた時、子どもが

「怒られたから反省して、
次からはちゃんとしよう」

と思うことはないのです。

怒られた内容よりも

★怒られる時間から早く逃げ出すこと

★自分を怒られるダメな人間だと
思い込むこと

こんなことしか考えていないのです!

だからうつむいてしんみり聞いて
いたり、

涙を流して「ゴメンナサイ」を
言ったりするのです。

決して「怒られた内容についての
反省」をしているのではなく、

そうした方が早く親の怒りがなくなる
ことを知っているからなのです!

そして恐ろしいことに

怒られることで、子どもの自己肯定感
は下がってしまうのです!

自己肯定感とは「自分は今のままでOK
!」と思える気持ち。

「どうせ自分はダメな人間」と思う
子どもはすでに自己肯定感が低い
子どもと言えます。

毎日毎日怒られ続けると、
子どもは「自分はダメな人間」と
思い込んでしまうのです。

だから子どもは怒るより、褒めて
認めてあげて自己肯定感を上げること
が大切なのです!

・・キーワードは「自己肯定感」・・

どうですか?3つのルールと
3つのキーワード。

自己肯定感の高い子どもが出来る脳
持って生産的な活動をしていたら

勉強も楽しんでやれそうな気がします
ね!
能力もドンドン伸びます!

だって、勉強は生産的な活動です
から!

絶対必要と言われているものは
必要ない!!

東大京大に合格するために一般的に
絶対必要と言われているものは

我が子の場合、必要ありませんでした。

絶対必要と言われているものとは

★塾

★長時間の勉強

★親の叱咤激励

です。

この3つがなければ、思春期からの
子育てはどれだけラクになるでしょう。

そして子ども自身も楽しく
余裕を持って受験期を乗り切ることが
できるのです。

事実、我が子たちは塾へ通うことも
なく(中学受験も大学受験も)、

長時間勉強することもなく、

私が「勉強しなさい!」と言う必要も
なく

今日までやってきました。

(高3の夏休みと冬休みだけ
自習室代わりに入塾しましたが)

そして長男は東大に次男は京大に
合格しました。

以上が私が行った3つのルールです。

私たちが思い込んでいるルール

★難関校に行くには塾に行かねばならない
★長時間勉強しなければならない
★母親は叱咤激励しなくてはならない

この枠を外せば、もっと楽しくラクに
子育てが出来るのですよ!

東大・京大・高校単身留学の子どもを育てた母の「全国対応 無料メールマガジン」

なんで息子たちが東大京大へ???

私は母学アカデミー学長として子育てをお伝えしています。
わが子たちは、長男東大、次男京大、娘はイギリス高校留学をしています。
そんな子育てをお伝えします。

「どうやって子どもを東大や京大に赤門編集1-300x200
合格させたのですか?」

と聞かれることが多々あります。
全国のお母さまからいただく
質問で多いのは、

「どうやって子どもを東大や京大に
合格させたのですか?」

というものです。
みなさん、

「どの教材で勉強をさせたのですか?」

「どうやって頭のよい子に育てたの
ですか?」

「東大京大合格させるコツは
何ですか?」

という

「方法論」

を聞きたがります。

しかし、重要なのは、

「方法論」

ではありません。
親としての

「関わりかた」

なのです。
だからこそ、
長男は、
「塾なし」
「長時間の勉強なし」
「叱咤激励なし」
で、勝手に東大に
合格してしまったのです。

次男も同じようにして
京大に合格しました。

では、どのような

「関わりかた」

で、子育てを行ったのか?
そこで、本日から、
このメルマガ記事にて、

「どうやって子どもを
東大京大に入学させたのですか?」

と聞かれた時に
お答えしている3つのポイント
を、お伝えいたします。

_________________________________

たった3つのルールを守るだけで
勝手に東大京大に合格する
子どもが育つのです!
_________________

東大京大に合格するには、
学力が必要です。

実は学力を手に入れるには、
2つの意味があるのです。

1.テストが出来る学力

2.効率よく勉強が身に付く頭のよさ

この2つが兼ね備わってこそ
「頭のいい子」と言えるのです。

しかし、将来の幸せという考えを
脇に置くとしたら、

東大京大に受かるために必要なのは
テストの点だけです。

テストが出来るために必要な力

それでは、テストが出来るために
必要なこととは何だと思いますか?

私は次の3つの力が必要だと考えました。

(1)理解する力

(2)記憶する力

(3)やる気

この3つを語るだけでものすごい時間
と文字数が必要になりますので
今日から3回に分けてお話することに
しますね。

本日はまず、

________________

(1)理解する力
_________________

理解する力とは、簡単に言うと
「人から聞いたり、本を読んだり
したことを

自分の言葉やイメージに置き換え
られる」力と言えます。

例えば、本を読んだ時に

「リンゴが落ちていました。」1401205top-300x256

という一文を読んだ時、

「り・ん・ご・が・お・ち・て・
い・ま・し・た」

と文字だけを読んでいるのか、

「りんごが落ちていたんだ」

とりんごが落ちたイメージをする
だけなのか、

その文の前の部分で読み取った
内容から

「狭い道の脇にあるリンゴの木の
根元に、真っ赤に熟れたリンゴが
一つだけポツンと落ちていた。

それを、アリが今すぐにでも20091008-youkou-300x225
食べようとしている」

と具体的に鮮やかに自分の推測も
入れてイメージできるのか

この違いが「理解する力」の違いに
なります。

聞いたこと、読んだことを具体的に
イメージできるほどたくさんのことを
学習することができます。

例えば算数の時間に習った「円周率」

あなたはどんな風に理解していますか?円周率数字-300x225

大多数の小学生は(大人も)

「円周率は3.14」

こんな風に覚えているのでは
ないでしょうか?

これは実は理解しているのではなく、
単に覚えているだけです。

「円周率は円の直径の3.14倍の長さが
あるんだ!」

こんな風に考えられたら、
「理解する力」がより養われていると
思ってください。

(2)記憶する力 も
理解する力があってこそなのです。

勉強=記憶する  と親が思って
いると、子どももそう思い込んで
しまいます。

幼児でも「あいうえお」や「九九」を
覚えさせれば、いくらでも覚えます。

でも、それはとても危険なことだと
お母さんが理解してくださいね。

理解しないまま、記憶だけをしていくと
必ず行き詰ります!

例えば、もしお子さんが中学受験を
するとします。難関校の場合、

1.記憶の問題(県名とか年号とか)
は約10%

2.パターン記憶(鶴亀算とか植木算とか)
は約40%

3.思考力(理解力)を問う難問
は約50%

と言われています。つまり、記憶
だけに頼ると、どんなに頑張っても
50%しか取れないわけです。

もちろん、中堅校以下であれば、
難問は減りますから、記憶だけでも
何とかはなると思います。

そこを理解しないまま、幼児期から
「記憶」だけをさせると、
小学校高学年、中学校になって
伸び悩むことになります。

そうすると、東大や京大などの難関大学は
合格するのが難しいということになります

そのことを頭において、読みすすめて
くださいね。

________________

(2)記憶する力
________________

テストでいい点を取るためには、
記憶する力も必要です。

例えば、英単語を記憶するのに

10回書かないと覚えられないのと、

1回も書かずに見ただけで覚えられる
のとどちらがいいでしょう?

もちろん、後者です。

また、覚えたことを1日経つと忘れて
しまうのと

いつでも思い出せるのでは

どちらがいいでしょう?

もちろん、後者です。

ちなみに我が子たちが、英単語を
必死に書いて覚えているところを

私は見たことがありません。

教科書や問題集をさらりと読みながら

初めて出会う単語はその場で覚えて
いっているようです。

また、我が子の内の一人は、円周率を
100ケタまで

あっという間に覚えてしまいました。

そして、昨日記憶したことも、
1週間前に記憶したことも

同じように頭から取り出すことが
できます。

まるで、図書館に並んでいる膨大な
書物の中から

必要な1冊を、さっと取り出すような
イメージでしょうか。

それは、ただ単に詰め込んだ記憶では
ないようです。

押入れをイメージしてください。
何でもかんでもギューギューに
押し込むことはできますが、
それでは、取り出すときに困ります。

予め、押入れの中に引き出しや棚を
セットしておいて、単語や漢字を
分類しながら入れていくイメージで
しょうか。

ちょうど、図書館の本にラベルが貼って
ある感じです。

だから、記憶力とは、理解力に連動
したものということですね。

その為には、お母さんが
「記憶力」「理解力」について
正確に理解することが大切です。

「いいから、とにかく覚えなさい!」

は効果がないことがわかりますね。

________________

(3)やる気
________________

いくら理解する力があっても

記憶する力があっても

それを有効に使わなくてはテストで
点を取ることはできません。

東大や京大に合格するためには
テストで合格点をとることが
必須です。

自分の持っている力を最大限に
発揮するためには

「やる気」が必要なのです。

例えば、テストで思わぬ悪い点を
取ってしまった時、

凹んでしまってすぐに諦めて
しまったら

「自分はダメな人間」

と自分のイメージを刷り込んで
しまいます。

でも、テストの点だけにとらわれず、

間違った原因を分析し、

間違った問題を復習し、

次回からは間違わないという自信が
持てれば

次のテストでは間違いなくいい点が
取れます。

そして、「今回はたまたま悪かった
だけ。次回は出来る!」

と思い込めば、自信を失うことも
ありません。

授業を受ける時にも

やる気を発揮して授業を受ければ

理解する力も増しますし、

記憶もその場で出来てしまいます。

つまり、「理解する力」と
「記憶する力」を
コントロールしているのが

「やる気」なのです!!

________________

1/8の勉強時間・労力で東大京大に
合格できる!
_________________

もし、学校で受けた授業を

100%理解し、100%記憶し、
100%楽しんで勉強できたら
100%の力を発揮することができます。

でも普通、なかなか100%までは
行きません。

例えば、同じ授業を

50%理解し、50%記憶し、
50%のやる気で勉強したとしたら

1/2 × 1/2 × 1/2 = 1/8

1/8の力しか発揮できないことに
なります。

逆に言えば、この3つの力を100%発揮
できれば、

1/8の勉強時間・労力で東大京大に
合格できるのです!!

東大・京大・高校単身留学の子どもを育てた母の「全国対応 無料メールマガジン」

【母学のススメ】~子供が伸びる言葉のかけ方~

「お子さんの『いいところ』に改めて注目しましょう!pic_g055-1024x680
『いいところ』を言葉に出して褒めると、そこがもっともっと伸びます!「元気にいただきますが言えたね」
「いつも笑っていてお母さん嬉しいよ」」
【母学のススメ】
おはようございます♪

無料メルマガ【母学のススメ】

教えず怒らず脳力伸ばせば、子どもがなりたい自分になる」
東大・京大合格だって、
数学オリンピックだって、学生起業家だって、高校生イギリス留学だって。
まったく新しい子育て法を伝授する無料メルマガ【母学のススメ】
登録はこちらから

【母学のススメ】~幼稚園の子も小学生も子供が頑張る言葉かけ~

「もしお子さんがツラそうにしたときには『ママは○○ちゃんの味方だよ!』と言ってあげましょう。column_kihon01_48_01
ツラそうなことがなくても普段から『味方だよ』と言ってあげることで、
お子さんはツラさを跳ね返すことができます!」
【母学のススメ】
おはようございます♪

無料メルマガ【母学のススメ】

教えず怒らず脳力伸ばせば、子どもがなりたい自分になる」
東大・京大合格だって、
数学オリンピックだって、学生起業家だって、高校生イギリス留学だって。
まったく新しい子育て法を伝授する無料メルマガ【母学のススメ】
登録はこちらから

東大・京大・医学部 合格者、そしてその母の声が聴けます!

 

 

今日㋃14日15時発行のメルマガ【母学のススメ】2016.4.9夢○
3回分の音声セミナーが無料で視聴できます(^^♪

絶対お得な音声セミナー
15時までに登録いただければ
あなたも聞くことができます(^^♪

 

 

無料メルマガ【母学のススメ】

教えず怒らず脳力伸ばせば、子どもがなりたい自分になる」
東大・京大合格だって、
数学オリンピックだって、学生起業家だって、高校生イギリス留学だって。
まったく新しい子育て法を伝授する無料メルマガ【母学のススメ】
登録はこちらから
http://haha-gaku.com/mail/

【おもちゃは子どもの勉強道具!?】~遊び方と選び方~


2016.3.275

本日は、【おもちゃは子どもの勉強道具~選び方と遊び方~】セミナーを
開催しました!

20名近くのご参加があり、お子様連れも多数!

にぎやかなセミナーではありましたが、
遊ぶばかりではありませんでした。

 

「おもちゃは子どもの勉強道具」と思ったら、
選ぶのも遊ぶのも真剣になりますね。

★どれがいいおもちゃかわからない
★買ったけれども、遊び方はわからない

こんなお悩みのお母さんに2016.3.271

★子どもの発達段階
★それぞれの段階に必要なおもちゃ

をお伝えしました。

この「おもちゃの基本を押さえる」

ことをしないで、おもちゃやさんやネットを見ても
目移りして選ぶことができません。

決して
★子どもが喜ぶから

という理由でおもちゃを与えてはいけないのです!

★子どものためになって、子どもが喜ぶから

これが、正しいおもちゃの選び方です。

2016.3.277

そして、積み木の選び方や遊び方を直接説明しました!

二キーチンの積み木の遊び方も
直接お母様に遊んでもらいました。

たった4個の積み木を組み合わせるだけで
頭はフル回転!笑

この二キーチンの積み木で小さい頃から
遊びこむと、

★算数ができるようになる
★考えることが得意になる

ことをお母さんに実感していただきました。

 

最後は、ボードゲーム。
実際にドイツのボードゲームで遊んでいただきました。

3か月レッスンのお母さんたちに先生になっていただいて2016.3.27
やり方や遊び方をレクチャーしたあと、
皆さんで気になるおもちゃを実際に試して
いただきました!

部屋のあちこちから「キャーキャー」という
歓声が聞こえて、とっても盛り上がりました!

これらのゲーム、大人がやっても
面白い!!

だからこそ、子どもと一緒に真剣に
遊べるのです。

次回は6月13日に大阪で開催します!

メルマガ【イギリス留学便り】

娘がイギリス留学を語るメルマガ
留学生の生の声が届きます。
登録はこちらから
http://bit.ly/1TvJl4y

なんで、息子たちが東大京大に?勉強時間1/8で勝手に合格した子育て3つのポイント

 

赤門編集1

「どうやって子どもたちを東大や京大に入学させたのですか?」

と聞かれることが多々あります。
私、河村京子は、母学アカデミー学長として、

母学アカデミーを提唱し、
母学(ははがく)を全国のお母さまに伝えております。

 

母学アカデミーでは、
「お母さんの子育ての軸」を作ることが一番大切だと考えています。

 

でも、全国のお母さまからいただく質問で多いのは、

 

「どうやって子どもを東大や京大に入学させたのですか?」

 

というものです。
みなさん、

「どの教材で勉強をさせたのですか?」

「どうやって頭のよい子に育てたのですか?」

「東大や京大に合格させるコツは何ですか?」

という

「方法論」

を聞きたがります。

 

しかし、重要なのは、

「方法論」

ではありません。
親としての

「関わりかた」

なのです。
だからこそ、
長男次男は、
「塾なし」
「長時間の勉強なし」
「叱咤激励なし」
で、勝手に東大と京大に
合格してしまったのです。
では、どのような

「関わりかた」

で、子育てを行ったのか?
そこで、本日は、
ブログ記事にて、

 

「どうやって子どもを
東大や京大に入学させたのですか?」

と聞かれた時に
お答えしている3つのポイント
を、お伝えいたします。

 

この3つのポイント以外にも気を付けたこと、

気づきなどメールマガジン【母学のススメ】でもお伝えしています。

ぜひご登録ください。

【母学のススメ】
メールアドレス
都道府県名

 

 

  たった3つのルールを守るだけで勝手に東大に合格する子どもが育つのです!

 

 

東大に合格するには、
学力が必要です。

実は学力を手に入れるには、2つの意味があるのです。

1.テストが出来る学力

2.効率よく勉強が身に付く頭のよさ

この2つが兼ね備わってこそ「頭のいい子」と言えるのです。

 

しかし、将来の幸せという考えを脇に置くとしたら、

東大に受かるために必要なのはテストの点だけです。

 

 

テストが出来るために必要な力

それでは、テストが出来るために必要なこととは何だと思いますか?

 

 

私は次の3つの力が必要だと考えました。

①理解する力

②記憶する力

③やる気

 

①理解する力

理解する力とは、簡単に言うと「人から聞いたり、本を読んだりしたことを

自分の言葉やイメージに置き換えられる」力と言えます。

 

 

例えば、本を読んだ時に

 

「リンゴが落ちていました。」

 

という一文を読んだ時、

「り・ん・ご・が・お・ち・て・い・ま・し・た」

と文字だけを読んでいるのか、

1401205top

 

「りんごが落ちていたんだ」

とりんごが落ちたイメージをするだけなのか、

 

 

その文の前の部分で読み取った内容から20091008 youkou

「狭い道の脇にあるリンゴの木の根元に、真っ赤に熟れたリンゴが一つだけポツンと落ちていた。

それを、アリが今すぐにでも食べようとしている」

と具体的に鮮やかに自分の推測も入れてイメージできるのか

 

この違いが「理解する力」の違いになります。

聞いたこと、読んだことを具体的にイメージできるほどたくさんのことを学習することができます。

 

 

例えば算数の時間に習った「円周率」

あなたはどんな風に理解していますか?

 

大多数の小学生は(大人も)

円周率数字

「円周率は3.14」

 

 

こんな風に覚えているのではないでしょうか?

これは実は理解しているのではなく、単に覚えているだけです。

 

「円周率は円の直径の3.14倍の長さがあるんだ!」

円周率

こんな風に考えられたら、「理解する力」がより養われていると思ってください。

 

 

 

②記憶する力

テストでいい点を取るためには、記憶する力も必要です。

 

例えば、英単語を記憶するのに

 

10回書かないと覚えられないのと、

1回も書かずに見ただけで覚えられるのと

どちらがいいでしょう?

英単語

もちろん、後者です。

 

また、覚えたことを1日経つと忘れてしまうのと

いつでも思い出せるのでは

どちらがいいでしょう?

 

もちろん、後者です。

 

 

ちなみに我が子たちが、英単語を必死に書いて覚えているところを

私は見たことがありません。

 

教科書や問題集をさらりと読みながら

初めて出会う単語はその場で覚えていっているようです。

 

 

また、我が子の内の一人は、円周率を100ケタまで

あっという間に覚えてしまいました。

 

そして、昨日記憶したことも、1週間前に記憶したことも

同じように頭から取り出すことができます。

 

 

まるで、図書館に並んでいる膨大な書物の中から

必要な1冊を、さっと取り出すようなイメージでしょうか。

 

 

 

③やる気

いくら理解する力があっても

記憶する力があっても

それを有効に使わなくてはテストで点を取ることはできません。

 

 

自分の持っている力を最大限に発揮するためには

 

「やる気」が必要なのです。

 

例えば、テストで思わぬ悪い点を取ってしまった時、

凹んでしまってすぐに諦めてしまったら

「自分はダメな人間」

と自分のイメージを刷り込んでしまいます。

 

 

 

でも、テストの点だけにとらわれず、

間違った原因を分析し、

間違った問題を復習し、

次回からは間違わないという自信が持てれば

やる気

次のテストでは間違いなくいい点が取れます。

 

そして、「今回はたまたま悪かっただけ。次回は出来る!」

と思い込めば、自信を失うこともありません。

 

 

授業を受ける時にも

やる気を発揮して授業を受ければ

 

理解する力も増しますし、

記憶もその場で出来てしまいます。

 

 

つまり、「理解する力」と「記憶する力」をコントロールしているのが

「やる気」なのです!!

 

 

1/8の勉強時間・労力で東大京大に合格できる!

 

もし、学校で受けた授業を

100%理解し、100%記憶し、100%楽しんで勉強できたら100%の力を発揮することができます。

 

 

でも普通、なかなか100%までは行きません。

 

例えば、同じ授業を

50%理解し、50%記憶し、50%のやる気で勉強したとしたら

1/2 × 1/2 × 1/2 = 1/8

 

1/8の力しか発揮できないことになります。

 

 

逆に言えば、この3つの力を100%発揮できれば、

 

 

1/8の勉強時間・労力で東大に合格できるのです!!

 

 

 

我が家の子育てで実践したたった3つのルール

 

私は子育てをする中で

「子どもを東大や京大に入れよう!」と

思ったことは一度もありません。

 

 

「夢を叶える子どもになって欲しい」

「子どもの能力を目一杯伸ばしてやりたい」

「人生を楽しむ子どもになって欲しい」

 

 

と思って子育てをしてきました。

その結果が長男の東大合格・次男の京大合格だっただけなのです。

 

 

 

河村家で実践してきたことは、
次の3つのことでした。

 

 

たった3つのルールとは・・・・・・
★テレビ・ゲームなし

★夜8時に寝る

★怒らない
の3つです。

この3つについて、
どのような意味があるのか解説していきます。

 

この3つのルールをお話しすると

「え~~~~~!たったそれだけで東大や京大に合格できるの~~~~~?」

 

びっくりされる方が大多数です。

 

でも、本当なのです!!

実は我が家ではこのルールを厳格に守って子育てをしてきました。

子どもが生まれた日から12歳まで、このルールを守り続けたのです。

 

 

 

そうしたら、長男は中学からメキメキ才能を伸ばし、

塾なし、「勉強しなさい」の叱咤激励なしで勝手に東大に

次男も同じようにして京大に合格してしまったのです!

 

 

 

 

この記事でいちばんお伝えしたいこと

 

 

 

もし、上の3つのルールを見て

「それだけで東大や京大に合格するハズないじゃない!!」

 

と思われた方、申し訳ありません。

でも、実際にこの3つのルールで私の長男は

勝手に東大に次男は京大に合格してしまったのです!

 

その他にも細々と気を付けたことはあります。

でも、大枠ではこの3つのルールを守って子育てをしてきたという意味で書かせていただきました。

 

 

この3つのルールには、実は深い意味があるのです!

それらをひとつずつ解説していきますね!

 

 

①テレビ・ゲームなし

 

現代の生活で、「テレビ・ゲーム」なしで子どもが生活するのはムズカシイと思われるかもしれません。

でもやってみれば案外できるものですよ!初めから「テレビ・ゲームは世の中にないもの」と思えばいいのですから。

我が家にもテレビはあります。でも、子どもの前ではつけなかっただけです。

 

 

では、どうして私は「テレビ・ゲームなし生活」を選んだのか・・・・?

 

それは、テレビ・ゲームは受け身の遊びだからです!

 

私は子どもたちには「前向きで生産的な人間」になって欲しかったからです!

50年ほど前にはテレビもゲームもありませんでした。それでも子どもたちは楽しく遊んでいたのです!

だから現代だってテレビ・ゲームなしでも十分楽しく遊べるのですよ。

 

「前向きで生産的な人間」に育てるには、受け身のテレビ・ゲームより

もっと生産的な遊びが大切だと考えたのです。

 

・・・・・・・キーワードは「生産」・・・・・・・・

 

 

 

②夜8時に寝る

現代の生活ではこれまたムズカシイことかもしれません。

でも、もともと人間は

 

「太陽が昇ったら起きて、太陽が沈んだら寝る」

 

そんな生活を有史以前からしてきたのです。

 

電灯が発明されてから、夜が明るくなり、夜更かしをするようになったのです。

私たち人間も「自然の一部」です。だから、自然の摂理に添って生活するのが一番効率がいいのです。

特に子どもは大人より、もっともっと自然に近い存在。

 

より自然の摂理に添った生活をさせることで、本人の持つ能力を最大限に発揮できる

効率のいい体と頭を手に入れることができると考えたのです。

 

「出来る脳」を持っていれば、

勉強も効率よくできると考えたのです。

 

 

夜8時に寝れば、自ずから朝は早く目覚めます。

朝のスッキリした頭で、生産的な遊びをしたり、小学生になれば勉強をしたりすれば

しっかりと頭に入ります。

つまり、朝は効率の良い勉強が出来るのです!

 

 

実際、成長ホルモンは夜の10時から夜中の2時の間に出ると言われています。

しかし、起きていては成長ホルモンは出ません。

その時間に熟睡していることが必要なのです。

 

 

そして、寝入りばなにも成長ホルモンは出ません。

少なくとも寝てから2時間たってから出始めるそうです。

 

夜の10時から2時間前は8時です。

 

 

こんな訳で我が家では夜8時に就寝というルールが出来たのです。

 

 

・・・・・・・キーワードは「出来る脳」・・・・・・・・

 

 

 

③怒らない

日本では今まで、「親は子どもを怒るのは当たり前」として子育てがされてきました。

時には親の感情や機嫌だけで怒ってしまうことも・・・

 

 

では、怒られた子どもの心について考えたことがありますか?

実は怒られた時、子どもが

 

「怒られたから反省して、次からはちゃんとしよう」

 

と思うことはないのです。

 

 

怒られた内容よりも

 

★怒られる時間から早く逃げ出すこと

★自分を怒られるダメな人間だと思い込むこと

 

こんなことしか考えていないのです!

 

だからうつむいてしんみり聞いていたり、

涙を流して「ゴメンナサイ」を言ったりするのです。

 

決して「怒られた内容についての反省」をしているのではなく、

そうした方が早く親の怒りがなくなることを知っているからなのです!

 

 

そして恐ろしいことに

 

怒られることで、子どもの自己肯定感は下がってしまうのです!

 

 

自己肯定感とは「自分は今のままでOK!」と思える気持ち。

「どうせ自分はダメな人間」と思う子どもはすでに自己肯定感が低い子どもと言えます。

 

毎日毎日怒られ続けると、子どもは「自分はダメな人間」と思い込んでしまうのです。

 

 

だから子どもは怒るより、褒めて認めてあげて自己肯定感を上げることが大切なのです!

 

 

・・・・・・・キーワードは「自己肯定感」・・・・・・・・

 

 

 

どうですか?3つのルールと3つのキーワード。

 

自己肯定感の高い子どもが出来る脳持って生産的な活動をしていたら

勉強も楽しんでやれそうな気がしますね!

 

だって、勉強は生産的な活動ですから!

 

 

 

絶対必要と言われているものは必要ない!!

 

東大や京大に合格するために一般的に絶対必要と言われているものは

我が子の場合、必要ありませんでした。

 

絶対必要と言われているものとは

 

★塾

★長時間の勉強

★親の叱咤激励

 

です。

この3つがなければ、思春期からの子育てはどれだけラクになるでしょう。

そして子ども自身も楽しく余裕を持って受験期を乗り切ることができるのです。

 

 

事実、我が子たちは塾へ通うこともなく(中学受験も大学受験も)、

長時間勉強することもなく、

私が「勉強しなさい!」と言う必要もなく

今日までやってきました。

(高3の夏休みと冬休みだけ自習室代わりに入塾しましたが)

 

 

そして長男は東大に次男は京大に合格しました。

 

 

以上が私が行った3つのルールです。

 

 

 

リクツはわかった、じゃあどうやってやるの?

 

ここまで読んで、あなたの心に浮かんだ言葉はどんなものですか?

 

★やってみたいけど難しそう

★ホントにできるの?

★出来たらおもしろそう!

 

こんな気持ちをお持ちになりましたか?

 

 

私はこの3つのルールを2000冊の育児書を読むことで編み出しました。

そして、実行するためにもたくさんの育児書の方法を試しました。

 

 

今、日本全国のお母さんにこの方法を伝授しています。

そのお母さんたちに聞いてみると

この3つのルールの中でイチバン難しいのは

 

 

「怒らない」

 

 

を徹底すること!

怒らない母になろうと思ってはいても、どうしても怒ってしまう。

そして、そんな自分に凹んでしまう。そんなお母さんはたくさんいらっしゃいます。

 

 

じゃあ私は「怒らない」ことを簡単に実行できたか?

いいえ!決してカンタンなことではありませんでした。

だから安心してくださいね。

 

子育て中のあなたなら、理解していただけることでしょう。

 

「テレビ・ゲームなし子育て」では、子どもは四六時中母親である私にまとわりつきます。

挙句の果てには、兄弟ケンカが始まります!

 

そのうるささと言ったら!!

 

うんざりするほどでした。

 

 

 

キッチンでお料理をしていると

 

「ボクもやらせて~~~!」

「イヤ!ワタシがやるの~~~~!」

 

と大騒ぎ

 

結局お米は散らばり、小麦粉は床に散乱し、

キッチンは戦場状態・・・

 

何度ため息をついたことか。

 

 

そしてキレて大声を出しそうになったことも度々・・・・・・

 

 

そんな時にどうやって子どもと向き合うか?

笑顔は無理でもなんとか怒鳴らずにすむ方法はないのか?

 

結局は「怒り」そのものを抑えようと思っても、無理があるのです。

イチバン大切なのは「自分がどんな母になりたいか」を

明確にすることです!

 

そうすれば、怒ってしまってもそれでいいと思えるかもしれないし、

怒りそのものがなくなるかもしれません。

 

私が考えに考えて編み出した方法をワークシートにまとめました。

今日、この文をお読みいただいたあなたのヒントになれば幸いです。

 

中でも「どうしても子どもに怒ってしまう」お母さんに

そのうちの1つのワークを無料でプレゼントします!

 

 

【子どもが勝手に東大京大に合格する20年間の子育てのポイント】

 

私の20年間の子育てのポイントを約50項目のワークにまとめました!

基本はたった3つのルールですが、そのルールを守るために必要なアレコレを加えると

50項目にもなりました。

 

でも、ひとつとして「子どもにコレをさせなさい!」というものはありません。

すべて

「自分(母親)が子どもをどういう風に育てたいのか?」

「自分はどんな親になりたいのか?」

 

を自分に問うワークばかりです。

 

その結果が、「東大京大合格」であるかもしれませんし、

ある子は「スポーツ」かもしれません。

「芸術」かもしれません。

子どもがイキイキと前向きに生産的に活動をすれば、それがお子さんにとってベストな道なのです!

この50のワークが終わる頃にはきっと、そう確信できるようになっています。

 

 

50のワークシートのうちの「こんなお母さんになりたい!」を体験版として無料でプレゼントいたします。

こちらからダウンロードして試してくださいね。

子育て中のお父さんの役割は、漬物石!

CA330367

今の時代、「イクメン」という言葉を
よく耳にします。

今日は、「お父さんの役割」について
お話ししましょう。

よく、「河村先生のご主人はどんな
お父さんですか?イクメンでしょう」

と聞かれます。
トンデモナイです(笑)

すでに50代後半ですから、子育て中
はイクメンなんて言葉もありません
でした。

「男は仕事、女は家事子育て」という
価値観で育った人ですから、
子育てどころか、
家事も全くできません。

「縦のものを横にもしない」という
言葉がありますが、これは主人の
ことです(笑)

じゃあ、私が苦労したか?
主人と子育ての分担を巡ってケンカを
したか?

と聞かれると「NO!」です。
一度もケンカをしたことはありません

じゃあ、存在価値がないのでは?(笑)

と思われるかもしれませんが、
これも「NO!」です。
主人がいなければ、子どもたちは
今のようには育っていないでしょう。

━━━━━━━━━━━━━━━━━

お父さんは漬物石

━━━━━━━━━━━━━━━━━

私の主人は、つまり子供を
東大と京大に入れたお父さんという
ことになります。

自宅ではゴロゴロして、
テレビばかりを見ています。

でも私は腹は立ちません。

「父親はつけもの石みたいなもの。
 そう考えると気がラク」

と思っているからです。

これについて詳しくお話します。

漬物石というのはまさに、

「つけものを作る時に使う石」

のことを意味しています。

普段は台所の端の方に置いていて、
役に立たない邪魔ものです。

重くて動かせなくて、
めったに使うこともありません。

歩く時につま先が当たったりすると
痛い!(笑)

つけものを作るときには、
野菜を切って、塩に漬け込んだあと
後半の段階で必要になります。

最初の段階では、必要がないのですね

でも、漬物石がなければ、
美味しいつけものは作れません。

重い漬物石で漬け込むから、
味がしみ込むんですね。

・普段は動かずに邪魔になっている

・役立つのは後半になってから

・重いつけもの石ほど味が出る

こんな「つけもの石」の特徴は、
お父さんの役割と似ています。

子育ても同じだと思います。
最初の段階(赤ちゃん~小学生)で
お父さんの出番はあまりありません。

でも、後半(中高生)になった時に
存在が必要になるのです。

つまり、
「お父さんは漬物石なんだから、
普段は役に立たなくても良い。

お母さんはそこを諦め、

自分がしっかりと教育する覚悟を
決めましょう。

そして漬物石を重くするように
働きかけることが大切なんです。」

特に大切なポイントは、

「漬物石を重くするように
 働きかける必要がある」

という点です。

この点を詳しくお話しましょう。

━━━━━━━━━━━━━━━━━

父親の威厳

━━━━━━━━━━━━━━━━━

私は早い段階で

「子供の教育は主人に頼らない。
私一人で強く育ててみせる」

と腹をくくりました。

とても勇気のいることですが

もう1つ決意をしました。

それは、「父親の威厳を高める」
ということです。

自宅でゴロゴロしている主人を、
子供にこう説明しました。

「お父さんはゴロゴロしているけど、
外ではスゴイ頑張っているんだよ。

あなたたちを育てるために、
一生懸命働いているんだよ。

だからお家では休ませてあげてね」

いつもいつも、子供達には
このように伝えてきました。

だからでしょうか、、
子供達は父を尊敬しています。

そして、中高生のいわゆる反抗期に
なった時、威力を発揮しました。

主人の行動は変わらないのですが(笑)
子どもたちの歯止めになったのです。

「くそババア」はさすがに言いません
でしたが、母親に対して

反抗的だったり
口答えをしたり
バカにしたり

することもありました。

そんな時に、

「これ以上言ったらマズイ(-_-;)」

というストッパーになってくれました。

実際、子どもと私の会話が険悪に
なった時には

「それ以上お母さんを傷つけることを
言ったら、俺が許さない!」

とすごい剣幕で言った時には、
子どもはそれ以上口出しが出来なく
なりました。

そんなことは、1回限りですが、
それだけで、子どもたちは全てを
悟ったのですね。

漬物石のお父さんの威厳を保ち

「漬物石を重くする」

ことが、子どもが思春期になって
効果を発揮したのです。

この文章を読まれたお母さまは、

ご主人に対してどう向き合えばよいか
見えてきたかもしれません。

「私が責任を持ってしっかり育てる」

と決意することが最初の段階です。

 

 

 

もし、すでにご主人がイクメンで
子育てを手伝ってくださるようなら
「子育てしないで、ゴロゴロしていて
ちょうだい」

なんて言う必要はありませんよ(笑)

「私はラッキー(^^♪」

と思ってご主人に感謝しましょう。

 

 

またこれを読まれているお父さまで、

「子供の教育にあまり関わって
あげられていないな」

と罪の意識をお持ちなら…

まずは罪の意識を捨ててください。

もちろん子供の教育に対して
積極的に関わるのも良いですし、
それに越したことはありません。

でも、仕事をしないことには、
子供を育てることすらできません。

お父さんは生きた見本として、

「人生をどう生きるべきか」

を子供に見せるだけで十分に、
大きな働きをしているわけです。

とても立派なことをされているので、
無理はしなくて良いと思いますよ。

できる範囲でお子さんと関わり、
教育をしてあげてくださいね。

 

 

無料メルマガ【母学のススメ】

「教えず怒らず脳力伸ばせば、子どもがなりたい自分になる」
東大・京大合格だって、
数学オリンピックだって、学生起業家だって、高校生イギリス留学だって。
2000冊の育児書にも書いていない
まったく新しい子育て法を伝授する無料メルマガ【母学のススメ】
登録はこちらから
http://haha-gaku.com/mail/

 

 

メルマガ【イギリス留学便り】

娘がイギリス留学を語るメルマガ
有料メルマガ(340円/月)です。
毎月400円足らずで留学生の生の声が毎週(月3~4回)届きます。
登録はこちらから
http://bit.ly/1TvJl4y

「地頭のよい子ども」を育てるために大事なこと★

「地頭のいい子の育て方」a0001_014579-300x198

はどうすれば、こんな子どもが育てられる

のでしょうか?

 

このブログを読んでくださっている方は
勉強ができる子どもを育てたいと
思っているお母さんも

勉強は出来ても出来なくてもいいと
思っているお母さんも
いらっしゃるでしょう。

 

私は勉強は出来ても出来なくてもいいと
思って子育てをしてきました。

でも、「夢を叶える子」
「将来社会に貢献する子」

になって欲しいと思っていました。
(今でも思っています)
そのためには「頭の回転が速い子」に
育てることが親の出来ることでは
ないかと思います。
結果として「勉強が出来る」
「学力が高い」子どもに育ったという
感じです。

いわゆる「地頭がいい」子どもです。
まず最初に地頭の良い子を育てるために
一番大切なことからお伝えします。

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━

1.子育てに成功する親の共通点

━━━━━━━━━━━━━━━━━
子育ての成功とは何か・・・。
ちょっと哲学的なテーマになるので、

これを詳しく説明するとなると、
また別の長い説明が必要になりますが、

ここでは、

「子供が将来、自分の夢を叶え
社会に貢献すること」

と定義させていただきます。
もちろん、

・学歴が高い=子育てが成功

・学歴が低い=子育てが失敗

というわけではありません。
でも、学歴は低いよりは高い方が
生きやすいのが今の日本の現状です。
学歴がある方が人生の選択肢が
広がります。

 
ですから、ここではとりあえず、
東大・京大に入れること
留学をすることを一応の成功と
するとします。
(本当はこれからがタイヘンで
結果がでるのはまだまだ先ですが)

 
さて、子育てに成功する親には
ある1つの共通点があります。
私を含めて私の周りの
東大・京大に子どもを合格させた
親御さんを見ていて、
つくづくそう思います。
その共通点というのは、

「子供の教育方針がブレない」

ということです。
どんな時でも、子供への接し方が
同じルールに基づいています。
このことを理解していただくために
ちょっとした身近な例を出しますね。

 

たとえば、あなたがお子さんと一緒に
お買い物に行ったとします。
お子さんがお菓子のコーナーで、

「お母さん、チョコを買って」

とダダをこねたとします。
甘やかしてはいけないので、
最初は突っぱねていました。

でも、とてもしつこくて、
売り場で泣き出し始めました。
他の人に迷惑になるので、
子供に根負けしてしまい、

「仕方がないね、今日だけだよ」

を買ってあげたとします。

その場は無事収まりました。

 

しかし、翌日のことです。

またスーパーのお菓子売り場で、
子供がダダをこねます。

「ねえ、チョコを買って。」

さすがに2回連続はまずいので、

「今日は買わないよ。
昨日買ったばかりでしょ」

と子供を言い聞かせようとします。
すると子供はこう言います。

「昨日は買ってくれたのに、
どうして今日はダメなの?」
・・・

ここで、あなたにクイズです。
子供のこの質問に対して、
あなたは何と答えますか?

 

「チョコレートばっかり食べると
虫歯になってしまうからね」

「毎日お菓子ばかり買わないよ。
ダメなものはダメなのよ。」
こんな感じの答えが、
よくある回答だと思います。

でも、これらの回答は、

「昨日はよくて、今日はダメなのか」

ということを説明するための、
本質的な答えにはなっていません。
虫歯になってはいけないのなら、
昨日も今日もダメなはずです。(笑)

 

それではどう答えればよいのか。
実は、この子供の質問には、
答えることができないんです。

私も正しく答えられません。
・昨日はチョコを買ってくれた

・今日はチョコを買ってくれない
お母さんのこの2つの行動自体が
そもそも一貫性がないからです。

 

つまり、お母さんの接し方が、

「時によってブレている」

ということになります。
何か決定的な理由が無い限りは、
親の行動がブレてはいけません。
子供にチョコを買うという、
ごく身近なことを例に出しましたが、

子供の教育に成功する親は、
このあたりが本当にブレません。

 

たとえば私の場合は、
・どんなに子供がダダをこねても、
絶対にその場では買ってあげない

という姿勢を強く貫いて、
子どもと接していました。

 
また、こんな接し方のお母さんも
いらっしゃるでしょう。
・何かとても頑張ったとき限定で、
子供にご褒美をあげる

どちらがいい訳でも悪い訳でもありません。
明確な基準を作ってそれを守ることが
とても大切だと言えます。
「今日は子供がうるさいから、
仕方なく買ってしまった」

というように流されてしまうのは、
あまり望ましくないんですね。

 
教育方針がブレてしまっていると、
その弱さが子供にも伝わります。

結果的に子供も流されやすい、
弱い子になってしまいます。

 

子供の教育に成功したいなら、

「子育てのブレない軸」

を作ることを意識してください。

これはとても大切なことです。

 

 

 

無料小冊子【留学するために何よりも大切なこと】

まだダウンロードしていない方はこちらから

メルマガ【イギリス留学便り】

娘がイギリス留学を語るメルマガ
【イギリス留学便り】にもぞくぞくと
登録いただいています。
有料メルマガ(340円/月)ですが、
留学生の生の声が届きます。登録された方は
お楽しみに~
登録はこちらから

【お金のこと、子どもにきちんと教えられますか?】感想 小学生になったらお仕事を★

 

【お金のこと、子どもにきちんと教えられますか?】感想をいただきました(^^♪2016.3.11

 

 

知りたかったことが、ズバリ書いてあるので、何度も読み返しています。

 

さっそく、「お仕事」は息子と相談して、

 

何をするか決めました。

 

来年小学校1年生になり、お仕事=収入になるまで、

 

慣らしていきます。

 

(兵庫県Y・Nさん)

 

 

購入いただいた方には、初版限定3つの無料プレゼント!

 

1.本書の項目ベスト3解説動画

 

(動画のURLをメールでお送りします)

 

 

2.母学オリジナル「お金記録シート」PDFプレゼント

 

(印刷してお使いください)

 

 

3.出版記念講演会無料ご招待(全国5か所)

 

(講演会参加の方には「お金ノート」500円相当プレゼント)

 

 

(山口・東京・大阪・広島・博多)東京は満席

 

ぜひ、こちらもGETしてくださいね!

 

このプレゼントはHPから応募できます。

 

 

 

また、メルマガ読者様には特別プレゼントがあります!!

 

出版ウラ話や我が子たちのお金教育失敗談の

 

動画をプレゼントします!

 

(捧腹絶倒です(?(笑))

 

詳しくはメルマガに登録してくださいね。

 

2000冊の育児書にも書いていない

 

まったく新しい子育て法を伝授するメルマガ【母学のススメ】

 

登録はこちらから

 

 

 

福島県でお茶会します

image

おはようございます

【母学のススメ】~子どもを認める言葉~

images-3
「ご飯をたくさん食べてるね!歯をちゃんと磨けたね!楽しそうに笑ってるね!
などお子さんの様子を実況中継してあげましょう(#^.^#)
お子さんを「認める」ためにとても大事なことなのですよ♪

【母学のススメ】

おはようございます♪

「教えず怒らず脳力伸ばせば、子どもがなりたい自分になる」
東大・京大合格だって、
数学オリンピックだって、学生起業家だって、高校生イギリス留学だって。
2000冊の育児書にも書いていない
まったく新しい子育て法を伝授するメルマガ【母学のススメ】
登録はこちらから

自分の親からの呪縛に苦しんでいるお母さんへ

a0001_016388-300x198

私は、1人でも多くのお母さんと直接お話をしたいと思っています。
そのために、セミナー小屋私は、1人でも多くのお母さんと直接お話をしたいと思っています。
そのために、セミナー後や、スカイプで
無料個人相談の時間を設けています。

先日面談をさせていただいたお母さんから
感想をいただきました。

>先日はセミナー&個人面談、ありがとうございました。
河村先生もお母様に私と同じように育てられたということや
対応の仕方を実体験を交えてお話し頂き、本当に勇気づけられました。

・子育ては遺伝とは関係ない
・経験の引き出し<知識の引き出し

をしっかり心に留めて我が子と向き合っていきたいと思いました。
また、我が子のことを

「顔立ちが整っている」
「バランスがいい」

などとお褒め頂きありがとうございました。
全く思いもよらないお言葉だったのですが、出産当日に顔を見るなり
「顔が(私に)似ていて残念だ」と親に言われて以来、
「残念な子(外見も中身も)」と無意識に思ってしまっていたことに
気づきました。

面談後は、玉森クンのお話ではないですが(笑)、
ジャニーズばりのイケメンと思えるようになりました。
今後は外野の余計な発言には惑わされず、
我が子のポテンシャルを信じて親バカになろうと思います。

私の思い込みが本人のセルフイメージに影響してしまうことを考えると、
早い段階で気づくことができて本当に良かったです。

想定をあらかじめ広げておく、というお話も非常に興味深かったです。
「娘さんが外国の方と結婚するかも」「息子さんが警察に捕まるかも」などと、
想像をはるかに超える、私では到底思いつきもしない想定にびっくりしました。

本などで「想定を広げておきましょう」と読んだだけでは
ここまでのインパクトは無かったと思いますが、直接お話を聞き、
「想定ってそこまで広げられるんだ」と衝撃を受けました。
子育てについては学びはじめたばかりですが、
経験に負けない知識の引き出しを増やしていくべくこれから色々学びたいと思います。
今後ともどうぞよろしくお願いします。
(東京都N.Iさん)

たった1回のセッションで、お母さんの考えが180度変わってしまったり
「目から鱗が何枚も落ちました」と言われることも度々です(笑)

無料個人相談は、メルマガで募集します。
気になる方はメルマガに登録してくださいね!

教えず怒らず脳力伸ばせば、子どもがなりたい自分になる」
東大・京大合格だって、数学オリンピックだって、学生起業家だって、高校イギリス留学だって。
(すべて3人の我が子たちのことです)
2000冊の育児書にも書いていない
まったく新しい子育て法を伝授するメルマガ【母学のススメ】
登録はこちらから

留学するために英語力より大切なのは○○力!

image

ただいま、小冊子を制作中です。

テーマは「留学するために大切なこと(仮称)」

将来は我が子を留学させたいと思った時、
1番に思い浮かぶのは
「英語力をつけなくては!」
と言う事かもしれません。

でも実は、英語力よりも大切なことがあります。
今回、中学生の娘が、イギリス留学をするにあたって
大切なことがわかってきました。

将来我が子の留学を考えるご両親のために
その大切なことをお伝えします。

留学情報や、留学あれこれを
楽しく読んでいただけるように準備中です。

その中でも役に立つのが「経験者の体験談」

私も娘の留学にあたって何人もの留学経験者に
お話を伺いました。

今回、そのうちの1人黄野いづみさんに
登場していただきます。

高校留学で必要なこと、留学生活、
卒業後の仕事や子育てのこと、

私の知りたかったこと、そして皆さんの
しりたいであろうポイントを
ズバリお伺いしました。(*^^*)

本日、対談をしてそれを動画に撮りました。
小冊子にその動画を掲載たします。

また、私の娘との対談も掲載いたします。

とっても充実した小冊子になりそうです(*^^*)
お楽しみに

教えず怒らず脳力伸ばせば、子どもがなりたい自分になる」
東大・京大合格だって、数学オリンピックだって、学生起業家だって、高校イギリス留学だって。
(すべて3人の我が子たちのことです)
2000冊の育児書にも書いていない
まったく新しい子育て法を伝授するメルマガ【母学のススメ】
登録はこちらから

どうしても子どもを怒ってしまう、そんなお母さんの解決法

image

【今日から怒らない母になる!】セミナー参加の
お母さんから、感想をいただきました。

>セミナー冒頭に「怒ってもいいんですよ!」と
おっしゃったことにびっくりしました。

怒りの感情が沸いた時に、客観視している自分を作ると
怒る理由がないことに気がつける。
子供の気持ちにも気付ける。

3ヶ月レッスンに参加している方のお話で
「うまくいかない時も諦めずにやっていけば
たどり着ける境地だ」と言うことがわかり
励みになりました。

河村先生だからできるわけではないんですね!
私でも出来るかなと勇気をもらいました。

怒らないことをことをやってみても、
うまくできずに意気消沈気味でしたが
何に意識を向ければ良いのかわかりました。

それをやり遂げて「怒らない境地」を
手に入れた方々がいたことで
やる気がキープできそうです。
(東京都T.Nさん)

よく、「河村先生だから出来るんでしょう?」と言われますが
そうではありません!

私が子育てを学び、実践してきたことを
理論的に体系化していますので、
誰でも学べばできるようになります。

そんな【今日から怒らない母になる!】セミナー
2月は既に満席です。
3月5日も開催しますが、残席わずかです。
お申し込みはこちらから

「教えず怒らず脳力伸ばせば、子どもがなりたい自分になる」
東大・京大合格だって、数学オリンピックだって、学生起業家だって、高校イギリス留学だって。
(すべて3人の我が子たちのことです)
2000冊の育児書にも書いていない
まったく新しい子育て法を伝授するメルマガ【母学のススメ】
登録はこちらから

小学1年生が7人分のパーティ料理!キッチン子育てのススメ★


2016.1.11

【夢を語り、実現する子どもが育つ母学3か月レッスン】の受講生さんから
報告をいただきました(^^♪

今日、パーティーメニューに挑戦しました。
小学1年生の息子に何を作りたいのか聞くと、オムライスというので、
それと、他にスープ、サラダ、フルーツ寒天を作りました。

前日に材料を決め、
今日、買い物に行き、
おやつの時間の後から作り始めました。

前半に、ごはんを炊く。寒天をながす。材料を切る。
などの仕込みを行い、

後半に炒める。盛り付けるなどの仕上げをして、

途中に50分くらいの遊びの時間を入れたら、上手く集中してできました。

息子は作る順番の紙を見ながら、
「今はこれ。次はこれ。」と言いながらやっていました(^^)

急に7人分を作ることになったので、ごはんを炒める時は手伝いましたが、
その他はほとんど自分で作ることができました。

息子はみんなにほめられて、すごく嬉しそうで、自信もついたようでした。
私も息子の成長が感じられて嬉しい1日となりました。

これを機に、お料理ノートというのを作って、
毎月一回ずつ、息子が料理を作る日というのをやっていこうと思います‼
(埼玉県W・Yさん)

小学1年生が7人分のパーティメニューを作る!?

にわかには信じられないかもしれませんが、
子どもだってできるのです!

逆に言えば、子どもはやらせなければ
いつまでたってもできません(;^ω^)

2016.1.111
お料理を作るって

★自分を表現する(作りたいものを決める)
★自分を知る(自分でできること、手伝ってもらうことがわかる)
★段取り(紙に書く、前半後半を決める、休憩を入れる)
★やり抜く(作り上げる!)

この「夢を実現する思考」がしっかり入っているのです!

普通は大人になってから身につけるこの思考を
子どもの時から身につけていたら
どんな大人になるのか、想像できますね(^^)/

詳しいことはメルマガでご紹介しています。
「考える子ども」から「考える大人」になるための
日々の応援です。

「教えず怒らず脳力伸ばせば、子どもがなりたい自分になる」
東大・京大合格だって、数学オリンピックだって、学生起業家だって、高校イギリス留学だって。
(すべて3人の我が子たちのことです)
2000冊の育児書にも書いていない
まったく新しい子育て法を伝授するメルマガ【母学のススメ】
登録はこちらから

【母学のススメ】~子どもにイライラする私はダメな母?~

images
「子供がどうしても好きになれない時、イライラする時は
『自分はダメな母親』と思わずに、
心は伴わなくても『大好きよ』とプラスの言葉をかけてあげましょう。
いつもいつも心を込めて・・・はムズカシイ(~_~;)
行動(言葉)すれば、心は後からついてきます!
今日も笑顔で(^○^)」
【母学のススメ】

おはようございます♪

「教えず怒らず脳力伸ばせば、子どもがなりたい自分になる」
東大・京大合格だって、
数学オリンピックだって、学生起業家だって、高校生イギリス留学だって。
2000冊の育児書にも書いていない
まったく新しい子育て法を伝授するメルマガ【母学のススメ】
登録はこちらから

今年のノーベル賞と母学の共通点★


2015.12.29

この12月には日本人2人がノーベル賞受賞と言う嬉しいニュースが
ありました。

医学生理学賞に大村智氏
物理学賞に梶田隆章氏

そんなお二人のお人柄と教育方針がよくわかる記事が
新聞に出ていました。

「教えない教育」大村氏
「怒らない教育」梶田氏

これはまさしく【母学】の理念と一致しています。

大村氏の教え子の一人は
「細かいことまで指示するとただのまにになるから。
でも迷った時には大きな方向性を示してくれる」と
話されています。

子育ても同じだと思います。
親はつい、子どもにアレコレ指示をしたくなります。
その方が失敗も少ないし、親自身がラクだからです。
でもそれでは、子どもが自分自身で考えることを
しなくなってしまいます。

子どもが失敗するとわかっていても教えず見守る姿勢が
大切ですね。

また、「怒らない」ことはこれから未来を担う子どもを育てる上で
本当に大事だと思います。

親が怒ると子どもは恐怖を感じます。
恐怖から逃れるために親の言うことをきくのです。
一見「素直でいい子」のようですが、
「恐怖から逃れるため」にいい子になっても
自分で考えることはできません。

それよりも、自分で考えて「やりたいからやる」ことを
決心した子どもは前向きです。
その前向きさを応援してあげましょう。

その時に重要なのは親の「怒る」感情をどう処理したらいいのか
ということです。

人間なら誰でも、自分の思うようにならない時には怒りの感情が
沸き起こります。その感情をそのまま相手にぶつけるのが
「怒る」という行為です。

他人であれば、怒りの感情が沸き起こった時でも
冷静に対処することができますが、

自分の子どもだと思うとなぜか冷静にはなれず、
親の怒りの感情をそのまま子どもにぶつけてしまうことが
多くなります。

「自分の怒りの感情さえ上手く処理できれば
私の子育てはもっと楽しくできるのに」
と思うお母さんは多いでしょう。

来年には「怒りの感情」にフォーカスしたセミナーも
開催したいと考えています。
お楽しみに(^_-)-☆

クリスマスプレゼントに積み木を★

IMG_0672
IMG_0670
(あるお父さんはこの積み木の写真に「萠え」だそうです!(^^)!)

母学アカデミー学長の河村京子です。

「母学」を学んで子育ての花を咲かせましょう!

12月に入り、クリスマスの声を聞くと、
お子さんへのプレゼント選びに力が入りますね。

母学プロデュースの白木の積み木もたくさんの注文を
いただいています!

先日お送りしたお母さんからお礼のメールをいただきました。

>昨日、積み木が到着しました。
先ほど、家族が寝ている間に開けてみたんですが・・・・

素敵です!!

木のいい香りがして、木を切ったときの粉もまだ積み木についていて(笑)
私の宝物になりそうです(笑)
これから、またひとつずつ買い足していくのが楽しみです♪
 
河村先生にはお会いしたこともないし、積み木の実物も見てないし、
そんなところで購入するのは、どうかと迷ったんですが・・・
先生の、メルマガや、ブログから伝わるお人柄だけを頼りに決めました。

でも、このお値段で、この品質。
大満足です^^
ひとつひとつの積み木のお値段を
買い求めやすい価格にしてくださっているので、とても助かりました。

先生のところで、買ってよかったです。
これからも、よろしくお願いいたします。(ここまで)

>河村先生にはお会いしたこともないし、積み木の実物も見てないし、
そんなところで購入するのは、どうかと迷ったんですが・・・

当然ですよね。怪しいと言えば怪しいし(笑)
よくぞ勇気を出して購入していただきました!

>これから、またひとつずつ買い足していくのが楽しみです♪

そう、積み木は一箱あればいいというものではありません。
成長と共に積み木の数は増やしていかなければならないのです!

我が家の場合、子どもが3人でしたのでこの積み木が10箱分くらいありました!(^^)!
たくさんあるとケンカにもなりません(笑)

クリスマスまでにお届けできる数には限りがあります。
ご希望の方はお早めにお申し込みくださいね(^^♪

こちらから購入できます(^○^)

母学ショップ

【母学のススメ】~子どもが失敗した時の対応~

images
お子さんがお水をこぼしたり、コップを割ってしまったりしたときは
『お母さん、残念だなぁ~』とママの気持ちを伝えてあげてください。
カ~ッと怒るより、効果がありますよ!
【母学のススメ】

おはようございます♪

「教えず怒らず脳力伸ばせば、子どもがなりたい自分になる」
東大・京大合格だって、
数学オリンピックだって、学生起業家だって、高校生イギリス留学だって。
2000冊の育児書にも書いていない
まったく新しい子育て法を伝授するメルマガ【母学のススメ】
登録はこちらから

【母学通信コース】キャンペーン★ナント!43,000円分のプレゼントも!!


11169876_782192965213423_6455153411483526647_n

今日は、今年中にお申込みいただいた方へのキャンペーンのお知らせです。

【母学通信コース】は通信で子育てを学ぶコースです。
毎月、「テキスト」と「ワーク」が郵送でお手元に届きます。
そのテキストとワークを使って、

「好きな時間に」
「好きな場所で」
「自分なりのやり方で」

子育てを学んでいただきます。

すでにのべ500名以上のお母さんが学ばれています。

ちょうど【母学通信コース】が始まって2年が経ちましたので
今年いっぱいのキャンペーンを開催したいと思います。

★★キャンペーンその1★★
<<消費税サービス>>
(102円または400円×受講月数)

来年1月からは、講座費に消費税をお預かりすることに
なりました。
講座費とは別に8%をお預かりします。

今年中にpaypal払いで【母学通信コース】をお申込みいただいた方は
来年以降も消費税分をサービスさせていただきます。

ただし、郵便振替や銀行引き落としの方は来年1月からは消費税分を
お預かりいたします。
今から申し込まれる方は、ぜひpaypal払いをおススメします。

また、今受講中の方で、郵便振替や銀行引き落としの方は来年1月からは消費税分を
お預かりいたします。
今年中にpaypal払いに変更されることをおススメします。

お申し込みはこちらから

★★キャンペーンその2★★
<<動画コース開始時サービス>>
(1720円~43,000円相当)

来年1月からは新しく【母学通信動画コース】を
新設いたします。
今までの郵送でのテキストとワークに加えて、私の解説動画を
自由に見ていただけるコースです。

また、テキストの内容についての質問も受け付けます。
質問には【母学コーチ】が答えます。(河村京子ではありません)
モチロン、私もすべての質問と回答に目を通します。

今まで、「テキストのこの部分、どうやってやればいいの?」
「やってみたけれど、上手くいかない(-_-;)」
こんな疑問をお持ちの方にお勧めです。

動画コースは来年1月から始まりますが、
今年中に【母学通信コース】にお申し込みの方には
サービスとして入会された月からの動画を見ていただけるように
いたします。

つまり、11月から入会された方は、来年1月に動画コースに
ランクアップされたら、11月からの動画を見ていただけます。

来年になって入会された方は入会された月からの動画になります。

すでに2年前から入会されていらっしゃる方には25か月分の
動画をサービスいたします(^^♪
ナント!43,000円のサービスです(^_-)-☆

お申し込みはこちらから

まだまだ詳しい内容をお伝えしたいのですが
後はメルマガ【母学のススメ】でお伝えします。

「考える子ども」から「考える大人」になるための
日々の応援です。

「教えず怒らず脳力伸ばせば、子どもがなりたい自分になる」
東大・京大合格だって、数学オリンピックだって、学生起業家だって、高校イギリス留学だって。
(すべて3人の我が子たちのことです)
2000冊の育児書にも書いていない
まったく新しい子育て法を伝授するメルマガ【母学のススメ】
登録はこちらから

【母学のススメ】~自分からごめんなさいが言える子どもに~

images
親だって子どもとの約束が守れなかったり
時間に遅れたりすることもあります。
そんな時、子どもにちゃんと謝りましょう。
「キチンと謝る姿」を親が子どもに見せることで
子どもは「ゴメンナサイ」を学びます。
【母学のススメ】

おはようございます♪

「教えず怒らず脳力伸ばせば、子どもがなりたい自分になる」
東大・京大合格だって、数学オリンピックだって、学生起業家だって。
2000冊の育児書にも書いていない
まったく新しい子育て法を伝授するメルマガ【母学のススメ】
登録はこちらから

【母学のススメ】~子どもが朝起きない!宿題しない!時~

pic_g055-1024x680
子どもが朝起きなかったり、宿題をなかなかしなかったりした時は
「早くしなさい!」というよりも
「いつまでに出来る?」と
聞いてみましょう。誰だって
人から命令されたことに従うのはイヤですが、
自分で決めたことは守れるのですよ。
【母学のススメ】

おはようございます♪

「教えず怒らず脳力伸ばせば、子どもがなりたい自分になる」
東大・京大合格だって、数学オリンピックだって、学生起業家だって。
2000冊の育児書にも書いていない
まったく新しい子育て法を伝授するメルマガ【母学のススメ】
登録はこちらから

子育てでブレることがなくなりました!周りのお母さんの目も気になりません!


2015.9.27

【夢を語り、実現する子どもが育つ母学3か月レッスン】のカリキュラムである
【日本の母の寺子屋】を開催しました。

今回入学されたお母さんもあり、今回で卒業のお母さんもあり
にぎやかに開催しました(^^♪

2015.9.271

今回印象的だったのは、
「このお母さんは何回目の参加なのか」
が一目瞭然でわかってしまうこと!!

初参加のお母さんは不安な面持ちです。
「~できるように頑張ります。」
「出来るかどうか不安ですが、そうなりたいです。」

でも、3回目のお母さんになると
「ブレることはなくなりました!」
「困っていること?・・・思いつきません(‘◇’)ゞ」
「周りのお母さんの目?・・・気になりません!」

とあっけらかんとおっしゃるのです(笑)

実際にワークをやってみても、
「恥ずかしかった、困った場面を書いて解決策を考えましょう」
というワークでは、

「・・・書くことがありません(;^ω^)」
とおっしゃるほど\(◎o◎)/!

もう、これなら卒業してもブレずにやっていけますね!

卒業するには、もっと先の中学受験、高校受験、大学受験、海外留学のことなどを
考えていただきます。

「3回目の今回が一番学びが深かったです♬」とおっしゃって
卒業されました(^^♪

そして、卒業生にはアドバイザーとして参加していただいています。
その卒業生からのご報告です。

>先日、頭痛がしてとても体調が悪い日がありました。
無理をして幼稚園に娘を迎えに行って、スーパーで買い物をして帰りました。
娘にはツラい顔は見せないように頑張っていたのですが、
家に帰りついて、ちょっと椅子に座ってボーっとしていたら、

ナント!年中の娘が私の知らないうちに買ってきたものを冷蔵庫に直してくれていたのです(^^)/

「ありがとう(^^♪」とお礼を言ったら、

「お母さん、頭が痛い時や疲れている時は言ってね。
私に出来ることはするから。」
と言ってくれたのです。

もう嬉しくて感激しました!3か月前の娘では考えられないです。
私はツライ顔はしないようにしていたのですが、ちゃんと見抜いていたのです。

その後フリーザーを開けたら、なんとレタスが入っていましたが(笑)
さすがに娘の前で出すことは出来ませんでした。
いいんです、レタスの1個くらい(笑)
(新潟県T・Aさん)

たった5歳で、ある意味お母さんを越えたお嬢さんの話を聞いて
私も感激しました♬

お母さんが変われば、子どもはその日から変わります。
ぜひ一緒に学びましょうね。

「考える子ども」から「考える大人」になるための
日々の応援です。

「教えず怒らず脳力伸ばせば、子どもがなりたい自分になる」
東大・京大合格だって、数学オリンピックだって、学生起業家だって。
2000冊の育児書にも書いていない
まったく新しい子育て法を伝授するメルマガ【母学のススメ】
登録はこちらから