イベント

【変わりたいお母さんの本気塾】in 東京

「子育ての知識はたくさんあっても、気づいたらできていなかった・・・」
「子育て本もたくさん読んでいるし、子育てセミナーにも参加しているのにどうして実践できないの?」

こんな後悔をしてしまうのはなぜでしょう。

★子どもの能力を引き出せる母になりたいのにどうしてもできない
★周りのみんなは良いお母さんしていると思うと焦ってしまう
★目の前の子供を見ると、育児書通りに育てられる訳がないと思ってしまう

こんな事はありませんか?

その気持ち、私にもわかる気がします。
まさしく、 10年前までの私がそうでした。
出産前に、子育て本を2,000冊以上読み、自分の子育ては「こうしよう!」と決心して
子育てを始めたはずなのに、目の前の子どもたちはお利口な子どころか、所構わず走り回り、
物を壊し、洋服を汚し、公園の真ん中で転がる・・・

それを周りのお母さんは、クスクス笑って見ている。

自分の子育てはこれで良いと思ってはいても、周りとのあまりにもの違いに凹む日々でした。

<変わりたいお母さんの本気塾始めます>

そんなお母さんたちに、なりたいお母さんになってもらうために【お母さんの本気塾】を開催します!

★「継続は力なり」 1ヶ月間、常に課題を気にかけることで、 1ヶ月後には変わった自分に気付くでしょう
★途中では失敗することもあるでしょう。そんな時、励ましあう仲間がいることで再トライするやる気が湧くのです。
同じ志の友は一生の友になるかもしれません。

<なぜ【お母さんの本気塾】で本当に変わることができるのか>

子育てで1番大切な事は、お母さんのモチベーションを高く保つことです。
子育ての知識を学ぶだけでは、人間はすぐに忘れてしまいます。エビングハウスの忘却曲線によると、人間は覚えたことを1日たつと74%忘れてしまうそうです。
いくら子育ての知識を学んでも忘れてしまったら元も子もありません。
そして覚えたことを忘れてしまったら、子育てのモチベーションをキープすることはできません。
つまり、子育ての知識を学ぶだけではモチベーションをキープすることはできないのです。

お母さんの「変わりたい思い。子育てのモチベーション」をキープするために

★課題を1ヶ月間、常に気にすることで、人間は変われます
★本気の仲間と支え合う事でモチベーションをキープできます
★知識や方法ではなく「心を変えるための本質ワーク」で自分の心の持ち方が変わります

<【お母さんの本気塾】受講者の声>

★セミナーのその日から3歳の子供のおねしょがピタリと無くなりました
★ 1ヶ月間、子供を怒らずに過ごすことができました
★ 「ママ大好き! 」と抱きついてくれるようになりました
★お姉ちゃんが妹を虐めなくなりました

<1ヶ月後の宿題セッション>

セミナーの1ヶ月後に宿題セッションを行います(スカイプ・対面)
「プチ我が子自慢」「変わった自分自慢」をしてくださいね

<お申し込み>

下の申し込みフォームから申し込んでください
参加日と「本気塾」と入力してください

1ヶ月後、本当に変わった自分と出会うために
親子で心から笑いあえる姿を見るために

あなたの本気をお待ちしています

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

講  師 : 河村京子(母学アカデミー学長)
ご参加費 : 10,800円

 

★東京会場   : 東京都港区高輪3-25-22 高輪カネオビル 8F Sun

定  員   : 5名
日  時   : 8月 7日(月)10:00~12:00(9:50に集合)

申込・お支払方法:  BASEショップ内から、お手続きをお願いします。
http://hahagaku.thebase.in/items/7144070

お支払いを確認後、ご参加票をお送りいたしますので、
当日はご参加票をお持ちくださいませ。

 

【親子作文講座】東京・名古屋・兵庫

 

親子で楽しく作文が書けたら、どんなに楽しい夏休みになることでしょう。13006754_959147224184662_5144768888714945383_n

夏休みの宿題で、多くの小学生がため息をつくのが「読書感想文」

本を読むことはできても、感想文を書くのが苦手・・・なお子さんは多いでしょう。
お母さんから
「早く書きなさい!」
と言われても、なかなか鉛筆が進まなくて焦ってしまう。
そんなお子さんが多いのではないでしょうか?

これは、お子さんに読解力がないのではありません。
表現力が足りないのでもありません。

ただ、「作文の書き方」を習ったことがないだけです!
他の算数や国語は授業でちゃんと習うように
作文も「書き方」を学べば、書けるようになるのです!

そんな作文を、親子で「読書感想文」を題材にして書きましょう。
小学生以上で、本が読めて字が書けるお子さんであれば、親子で参加できます。
中学生でも参加できます。

 

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

ご参加費 : 親子で5400円

 

★名古屋会場  : 東海市芸術劇場 2階 会議室
東海市大田町下浜田137番地
日時   : 8月  5日(土)14:00~16:00(13:50に集合ください)
講  師 : 平光 幸代(キッズ作文トレーナー)
定  員 : 親子10組(お子さん2人まで。3人以上いらっしゃる方はご相談ください)
ご参加費 : 親子で5400円

★兵庫会場  : 芦屋市民センター
芦屋市業平町8番24号
日時   : 8月  5日(土)10:00~12:00(9:50に集合ください)
講  師 : 桜井 のぞみ(キッズ作文トレーナー)
定  員 : 親子10組(お子さん2人まで。3人以上いらっしゃる方はご相談ください)
ご参加費 : 親子で5400円

★東京会場  : 豊洲文化センター
東京都江東区豊洲2-2-18
日時   : 8月  7日(月)10:00~11:30(9:50に集合ください)
講  師 : 志田 千帆(キッズ作文トレーナー養成講師)
定  員 : 親子12組(お子さん2人まで。3人以上いらっしゃる方はご相談ください)
ご参加費 : 親子で5400円

★兵庫会場  : 芦屋市民センター
芦屋市業平町8番24号
日時   : 8月  18日(金)10:00~11:30(9:50に集合ください)
講  師 : 桜井 のぞみ(キッズ作文トレーナー)
定  員 : 親子10組(お子さん2人まで。3人以上いらっしゃる方はご相談ください)
ご参加費 : 親子で5400円

 

(読書感想文を書きたい本を読んで、その本を持参ください。
また、原稿用紙・筆記用具をお持ちください)

*お子さんはご自分のお子さんに限ります。2人まで可
それ以上の場合はご相談ください。

申込み・お支払い:BASEショップ内から、該当のセミナーをお選びください。
http://hahagaku.thebase.in/

★未就学のお子様連れでは受講できますが、ご自分でお世話をしながらの受講になります。

 

【子どもの未来を拓く習い事セミナー】in 東京

あなたのお子さんは習い事をいくつしていますか?
「一つもしていない」というお子さんは、今や少数派かもしれません。

では、その習い事に親子とも満足していますか?

★子どもがやりたいと言うから始めたのに、ちっとも練習をしない
★後から入って来た子の方が上達が早くて焦ってしまう
★習い事が多すぎてアップアップ(^_^;)
★子どもは楽しんでいるが、親としては後で役立つのかどうか疑問(-_-;)

習い事で大切なのは「なぜ、その習い事をするのか?」という原点です。
ここが曖昧なまま始めると、焦りや余裕のなさに繋がってしまいます。

大切なのは「その習い事が子どもの未来にどうつながっているか」だと思います。

お母さんが一人で悶々と悩んでいた「習い事」についてのセミナーです。

我が子たちの習い事についても詳しくお話ししますね(^○^)

何を習っていたかということより、その習い事が今にどうつながっているかについて
特に詳しくお伝えします。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

講  師 : 河村京子(母学アカデミー学長)
ご参加費 : 5,400円

 

★東京会場   : 東京都港区高輪3-25-22 高輪カネオビル 5F Moon
(日曜日は1階ビルの入り口が閉まっています。
ビル玄関に到着されたら03-3473-8882に電話して下さい)
定  員   : 15名
日  時   : 8月 6日(日)10:00~12:00(9:50に集合)

申込・お支払方法:  BASEショップ内から、お手続きをお願いします。
http://hahagaku.thebase.in/items/7144049

お支払いを確認後、ご参加票をお送りいたしますので、
当日はご参加票をお持ちくださいませ。

 

【今日から怒らない母になる!】in 盛岡

子育てをしていたら子どもを怒ってしまうこともあります(-_-;)

「笑顔のお母さんになろう」
「怒らないお母さんになりたい」

と思えば思うほど、ガマンにガマンを重ね、耐え切れずにとうとう爆発!!

そんなお母さんも多いと思います。

「怒り」の感情は誰にでもあるもので
自分の思うようにモノゴトが進まないと出てきます。

子育ては自分の思うようにいかないことばかりですから
「怒り」の感情が出てくるのは仕方がないことなのです。

じゃあ、どうやって付き合ったらいい?

「怒り」をガマンして子育てをしても上手くいきません。
ストレスがたまるばかりです。

でも、自分の感情に任せて子どもに怒りをぶつけるのは
自分のためにも子どものためにもよくありませんね。

そんな「怒り」との付き合い方を
ぜひ学んでいただきたいと思います。

理想は「そう言えば、私最近子どもに怒っていないなぁ~」
と思えること(^^♪

そんなお母さんを目指しましょう。

私は子どもを感情で怒ったことがアリマセン。
「すご~い!」
「どうやってガマンするのですか?」

と聞かれますが、ガマンはしていないし、すごいことでもありません。

そして、「怒らない母」は結局、子どもの自立もスムーズにいくのです
(これは最近の発見です)

結局は子どもとの○○の仕方なんだと思います。

私の経験と知識を交えてお伝えしたいと思います。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

講  師 : 河村京子(母学アカデミー学長)
ご参加費 : 5,400円

★盛岡会場  : アイーナいわて県民情報交流センター 研修室813
岩手県盛岡市盛岡駅西通1丁目7番1号
日時   :  8月 21日(月) 10:00~12:00(9:50集合ください)
定  員 : 14名

お申込み・お支払方法:  BASEショップ内から、該当のセミナーをお選びください。
 お支払いを確認後、ご参加票をお送りいたしますので、
 当日はご参加票をお持ちくださいませ。
http://hahagaku.thebase.in/items/7165477

★お子様連れでも参加できますが、託児はありません。ご自分でお子様の世話をしながらの受講になります。

 

【子どもをスマホ・ゲーム漬けにしないために】in 盛岡

★タブレットをいじってる間は家事がはかどる。
★友だちから仲間はずれにされないようにゲームをさせる。a0001_011708
★いつでも連絡が取れるからスマホは必須!

最近の子育てで必ず出てくるスマホやゲーム。
「ダメって言う人もいるけど何が悪いのかいまいちわからない。」
そんな人はぜひ勉強に来てください!

ゲームやスマホは一旦持たせてしまったら、
もう取り上げることはできません。

持たせてしまって「しまった!」となる前に
しっかり事前学習しましょう。

どんな影響があるのかを知った上で、
親の責任で選択しましょう。

子どもには楽しそうなモノを見て
欲しがらないという選択肢はありません。

「子育ては予習」が大事です!

「ウチの子はまだ小さいから大丈夫」
・・・ではありません。
今は「赤ちゃん用アプリ」も氾濫しています。

赤ちゃんだから大丈夫?

・・・いいえ!赤ちゃんだから余計に危ないのです!

「ウチの子はもう小学生だから手遅れ?」
・・・ではありません。
すでにゲーム漬けになっていても、打つ手はあります!

そのまま放っておいたらますますメディア漬けに
なってしまいますよ。

私たち大人が誰も受けていないメディア教育、
学ばないままで、子どもをメディアの世界に放り出しますか?

まずは、お母さん、お父さんが学びましょう。
子どもにメディア教育をしてあげられるのは
お母さん、お父さんだけですよ!

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

講  師 : 河村京子
ご参加費 : 3,240円

★盛岡会場   : アイーナいわて県民情報交流センター 研修室813
岩手県盛岡市盛岡駅西通1丁目7番1号
日時    :8月21日(月)13:30~15:30(13:20集合ください)
定  員 : 14名

お申込み・お支払方法:  BASEショップ内から、該当のセミナーをお選びください。
 お支払いを確認後、ご参加票をお送りいたしますので、
 当日はご参加票をお持ちくださいませ。
http://hahagaku.thebase.in/items/7185198

★お子様連れでも参加できますが、託児はありません。ご自分でお子様の世話をしながらの受講になります。

 

【低学年の学力が大事!】in 東京

小学校に入るまでは、子どもに手がかかるし
ずっと一緒にいる時間が長いので、目もかけてあげられます。

でも、小学校に入ると、
自分で用意をして
自分で学校へ行き、
自分で主張することもできます。

そうなると、親って安心してしまうのですよね。
「ウチの子はこんなに成長したからもう大丈夫!」
そして、小学校に入ると勉強が始まります。
そうすると、心配にもなるのですが
低学年の勉強はまだまだカンタンで
テストでもいい点をとってきます。
そうなると、親って安心してしまうのですよね。
「ウチの子の勉強は、もう大丈夫!」

でも、勉強は始まったばかり。
これから、小学校高学年、(人によっては)中学受験
中学生、高校生、(人によっては)大学生と勉強はつづきます。
実は、小学校低学年の時に
★どんな勉強をしたか
★どれくらい勉強をしたか
がその後の勉強人生にとってとても大事になります。
低学年で宿題以外の勉強が0時間だったら、
高学年や中学生になってイキナリ勉強を始めるのは苦痛でしかありません。

でも低学年で10分でも勉強し続けていたら、
それを1時間や3時間に延ばすことはそれほど大変ではありません。

同じように、低学年で教科書の問題しかしなかったら
高学年や中学生になって、難問に挑戦するのはメンドクサイことになります。
低学年のウチに、何をどれくらいやらせるか?
が、その後の我が子の学力の土台になります。

我が子たちの経験から
いろいろな問題集や勉強法をご紹介いたします。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

講  師 : 河村京子(母学アカデミー学長)
ご参加費 : 5,400円

 

★東京会場   : 東京都港区高輪3-25-22 高輪カネオビル 5F Moon
定  員   : 15名
日  時   : 9月 4日(月)10:00~12:00(9:50に集合)

申込・お支払方法:  BASEショップ内から、お手続きをお願いします。
http://hahagaku.thebase.in/items/7514752

お支払いを確認後、ご参加票をお送りいたしますので、
当日はご参加票をお持ちくださいませ。