「ごめんなさい」が言えるのは3歳?6歳?いつ?

私は母学アカデミー学長として子育てをお伝えしています。
わが子たちは、長男東大、次男京大、娘はイギリス高校留学をしています。
そんな子育てをお伝えしています。

今日は、「ごめんなさい」を無理にでも言わせるべきか、それとも

「ごめんなさい」を自分で言えるようになるまで待ってあげるべきかを

考えてみましょう。

何歳になったら「ごめんなさい」が言えるのでしょうか?

3歳?6歳?

<あるある!こんなコト>?

★夕食の時、子どもがみそ汁のお椀をひっくり返してしまった!

★公園で遊んでいる時にお友だちのおもちゃを取ってしまった!

★そのおもちゃを返すどころか、お友だちを叩いてしまった!

こんな経験、小さなお子さんをお持ちのお母さんなら誰でもあるでしょう。

子どもは「ごめんなさい」と謝る風もなく、黙ったまま・・・・

そうするとお母さんは頭にカーッと血がのぼります!

「ごめんなさいは?」とさりげなく謝らせようとしても、

プイッと顔を背けられたら、余計にカッカとなりますね。

<無理やりにでも「ごめんなさい」と謝らせないと大人になってもこのまま?>

「ここで「ごめんなさい」を言わずに許してしまったら、もしかして大人になっても謝れない人間になってしまうのでは?

三つ子の魂百までって言うし・・・」

こう考え始めるとお母さんはだんだん焦ってきます。

「ごめんなさいはっ?」の声もだんだんトーンが高くなり、

ついには大声が出てしまう時もありますよね。

「謝りなさいっ!!」

もうこうなってしまったら、子どもは恐怖に怯えて動けなくなるか

余計に反発して絶対に動かなくなるか

「素直に『ごめんなさい』と謝る」ことは不可能に近くなります。

<その結果、どんどん悪循環にハマる!?>

最後にはお母さんが子どもの頭を持って、力づくで頭を下げさせることになるのです!

もうこの時点では、子どもは泣きじゃくるか、怒って反撃するかしかなくなるのです。

その結果、親子でパニック!!

お母さんは自分でも思っていなかったほど大声を出し、

子どもを罵倒して、子どもが恐怖で黙ってしまうまでパニックは続きます。

やっと修羅場がおさまった時には、お母さんには後悔の嵐がやってきます。

「こんなに怒る必要はなかったのに。」

「優しいお母さんでいたいのにどうしてこうなっちゃうの?」

「子どもに申し訳ない・・・」

<その時、子どもはどう思っているか?>

お母さん自身が怒りでパニックになっている間は、

お子さんを思いやる気持ちは働きません。

お母さんに怒られている間、子どもは何を考えているか?

考えてみたことはありますか?

★ただただ恐怖に怯えている

★自分は悪くないのにどうして怒られるの?

★自分がダメな人間だからお母さんはこんなに怒るんだ。

★早く嵐が去って欲しい

決して反省などしていないのです!

そして、恐怖だけが子どもの心に澱のように溜まっていくのです。

そんな恐怖の澱が溜まり続けて、子どもが思春期を迎える頃、

反抗期がやってきます!!

反撃する体力と知識を備えた子どもは、

昔お母さんに怒られたのと同じ方法で、お母さんを攻撃するようになるのです!

そんなこと、考えただけでもイヤですよね。

でも、お母さん自身に【怒りをコントロールする技術】があれば

後から後悔するほど怒ることは防げるのです!

<子どもが素直に「ごめんなさい」と謝るようになる方法>

それでは、どうすれば子どもは素直に「ごめんなさい」と謝るようになるのでしょうか?

★「ごめんなさい」と無理に言わせない

★子どもの顔を見て、反省しているかどうかを判断する

★反省していたら「○○ちゃんは心の中で、「ごめんなさい」って言っているのね。

ママにはちゃんと聞こえるよ。

★謝らなければならない相手にお母さんが謝る

<え?子どもに「ごめんなさい」と謝らせなくていいの?>

「え?子どもに謝らせなくていいの?」

「そんなに甘いことじゃ、いつまでも謝れるようにはならない!」

そう思われた方も多いでしょう。

確かに、「すぐ」には「ごめんなさい」が言えるようにはならないかもしれません。

でも、この方法で

★心の中で反省する

★心の中で「ごめんなさい」を言ってみる

★お母さんが代わりに「ごめんなさい」を言ったのを見る

これを何度も経験すると自然と「ごめんなさい」が言えるようになるのです!

お母さんが「ごめんなさい」を言ったら、

相手が「いいのよ、大丈夫よ♪」

と言ってくれて、周りの空気が明るくなった!

代わりに「ごめんなさい」を言ってくれたお母さんが清々しい顔になった!

そんな変化を敏感にキャッチして、

「ごめんなさいって謝ることは、気持ちいいことなんだ!」

と子どもが心から思えるようになると

自然に「ごめんなさい」が言えるようになるのです。

それは次の日からからもしれません、1年後かもしれません。

お母さんはその日を信じて、お子さんの代弁をし続けて欲しいと思います。

 

 

<a href=”http://haha-gaku.com/mail” target=”_blank”><img alt=”東大・京大・高校単身留学の子どもを育てた母の「全国対応 無料メールマガジン」” src=”http://haha-gaku.com/wp-content/themes/apt-pc/images/blog_mailmagazine.jpg” width=”670″ height=”150″ /></a>



母学アカデミー

コメントを残す