ケンカの特効薬★

1609851_285088794974621_288845871_n
母学アカデミー学長の河村京子です。

「母学」を学んで子育ての花を咲かせましょう!

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ 

昨日、下関市で「ニキーチンの積み木を作る会」を
開催しました(#^.^#)

以前積み木を作ってくださったママさんが
お友達をさそって開催準備をしてくださいました!

また、下関の【母学】ママさんも応援に来て下さって
ワイワイ賑やかに開催出来ました(#^.^#)

防府市では毎月1回開催しています。
5回で完成です。

今回のように出張開催では、1回のみで完成です!
・・・といっても、宿題つきですが(笑)

4色のうち、塗れるのは1色のみなので、あとの3色は
お家で塗っていただきます。

無事完成することを祈ってますね。

こんな出張教室もありますので、ニキーチンの積み木を
作ってみたい!!ママさんグループの方は
お問い合わせくださいね!(^^)!

写真 4
その後は【母学ランチ会】
積み木の会のご参加者と【母学通信コース】の下関ママさんで
賑やかにランチしました。
写真 1
いろんな子育て情報や質問が出ました。

その中で「兄弟ゲンカ」の話題も!

今回はナゼか「女の子姉妹」「男の子兄弟」の
お母さんが多くて、特に男の子兄弟のケンカ!!

「見守った方がいいですか?」
「いつやめさせたらいいのですか?」
「結局私が爆発しちゃって・・・」

2人以上のお子さんを持つお母さんの
共通の悩みかもしれませんね(笑)

我が家は3人の子どもがいますので、
いろんな組み合わせのケンカがありました(笑)

私はケンカをとめたことがありません。
見ているだけでした。

幸せなことに骨折とか怪我とかは
ありませんでした。

ケンカって、結局は「母親の愛情の取り合い」だと
思うのです。

だから、ケンカを裁くと
次の日にもっと激しいケンカになります。

裁かれて「ワルモノ」になった方は
反省なんてしません^^;
悔しさを募らせるだけなのです。

だって、大好きなお母さんの愛情を取りに行ったのに
「ワルモノ」としてレッテルを貼られて
相手(兄弟姉妹)に愛情を全部取られた気がするのです(-_-;)

3人の場合は、2人がケンカしている間は、
傍観しているもう一人が、とても「お利口」になります。

「漁夫の利」を狙っているのです(笑)

だから、お母さんはケンカは裁かないで
両方に「共感」してあげましょう。

「お兄ちゃんが叩いた!」と言ってきたら
「痛かったね」

「弟がボクのおもちゃを取った!」と言ってきたら
「とられて悔しいね」

と共感をしてあげて
どちらも非難しないことです。

ケンカを止めさせる特効薬は・・・・

・・・これは私の使っていた裏技なので詳しくはメルマガで
お伝えしますね!
急いで登録してくださいませ!(^^)!

大事なのは、お母さんがカッカしないこと!
兄弟ケンカが始まったら
頭の中で「カッカしなかったら私の勝ち、カッカしたら負け」と
自分と勝負してみましょう。
(コレも私がよく使った手です(笑))

【母学ワークショップ】

3月9日(日)10:15~11:30 神戸県民会館 1102会議室 
4月11日(金)午後  愛知県知多市(場所は後日)
4月12日(土)10:15~11:30 名古屋日本ガイシフォーラム 第3研修室

参加費:2000円

詳しい内容はこちら→★” target=”_blank”>→★

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ 

「0歳から6歳までの東大に受かる子どもの育て方」
河村京子著 KADOKAWA中経出版

購入はこちらから→★


母学アカデミー

コメントを残す