子どもに「考える力」をつけるためにすること★


skyandrainbows-500x400
母学アカデミー学長の河村京子です。

2000冊の子育て本にも書いてない「母学」を学んで子育ての花を咲かせましょう!

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ 

今日はよく晴れた青空が広がっています!でも、午後からは雨が降るらしい・・・

毎日を忙しく過ごしていると、空を見上げることも少ないかもしれませんね。
でも、「今」の一瞬と同じ空は二度とみることはできません。

そして、子どもにとっての空は「変化に富んだ面白い劇場」なのです。

しかし今や「日の出を見たことがない」子どもは半数以上というデータがあるほど
空を見上げる事、早起きをして日の出を見る事が少なくなっているようです。

もし、子どもが小さい時から毎日空を見上げて、考えたこと、思ったことを言い合う習慣があったとしたら
その子は何を学ぶでしょうか?

もしお母さんが科学的な目を持っていたら
「空が青く見えるのはどうしてだろうね~」
「どうして雲が多い日と少ない日があるのだろうね?」
という質問ができます。

お母さんが想像力豊かであれば
「あの雲はお母さんには、羊に見えるよ」
「雲をお皿にのせてホットケーキにかけて食べたいな」
と空のストーリーを作ることもできます。

お母さんが音楽が好きだったら
「今日の空の歌はこんな感じ~♪」
と歌を歌うことができるかもしれません。

どんな観点からでもいいのです!
一つのものごと(ここでは空)に対して
毎日、ディスカッションをすることで
子どもの中に、「観察力」が生まれます。

生まれた時からずっと空を観察し続けていれば
きっと何かが生まれるハズです。

自然は知識と創造力と想像力の宝庫です!
今日からお子さんと一緒に毎日空を見上げてみましょう(^○^)

空が見えていても何も考えずに通り過ぎるのと
空について毎日考え続けるのでは
何年も過ぎ去った後には、大きな差が出ます!!

「考える力」って、そうやって身に付くのではないかと思います。

まずはお母さんが自分の「子育ての軸」をしっかり持つこと。
その上で「子育てのアレコレ」を学ぶことで、子育てはスムーズになります。

人間は経験がないこと(学んでいないこと)に出会うとパニックになるし、混乱します。
でも、あらかじめ学んでおいたことには、
冷静に対処することができるのです。

子育てのすべてを事前に経験することはできませんが、
「学んでイメージする」ことはできます。

そんな学びが【母学通信コース】です。
ぜひ日本中のお母さんに「子育て」を学んでいただきたいと思います。

くわしくはこちら⇒★

4月のセミナー予定ですヽ(*´∀`)ノ

4/24 10:00~12:00  【子どもの未来を拓く習い事セミナー】in東京(満席)
4/25 10:00~12:00 【子どもの未来を拓く習い事セミナー】in東京(残席3名)

詳しい内容は【子どもの未来を拓く習い事セミナー】をご覧ください

4/17 10:00~11:30 【説明力養成入門講座】in大阪
4/19 10:00~11:30 【説明力養成入門講座】in福井

詳しい内容は【説明力養成入門講座】をご覧ください。

【母学】情報
ブログでは書けない「子育て裏ワザ、私の子育て実績」をメルマガでお知らせしますので、
どうぞ、ご登録くださいね!(^^)!
登録はこちらから→★


母学アカデミー

コメントを残す