子育ては疲れる・・・だからってラクすると後でもっと疲れます☆

IMG_2704
母学アカデミー学長の河村京子です。

「母学」を学んで子育ての花を咲かせましょう!

高校物理(だったかな?)で「エネルギー保存の法則」って習いましたよね?ウン十年も昔の話で、うろ覚えですが(笑)
『ある閉じた系の中のエネルギーの総量は変化しない』というヤツです。高校生だった私は妙に納得した覚えがあります。。。。

今、子育てをしてみて、子育てにもこの『エネルギー保存の法則』は当てはまっているな~と感じています。

子育てのエネルギーとは
☆☆楽しさ
☆☆疲れ
☆☆充実感
☆☆怒り・・・・・などですね。つまり「子育ての喜怒哀楽」

そして、「子育ての喜怒哀楽」を構成するのが
☆体を使う
☆頭を使う
☆時間を使う・・・・メンドクサイ系

☆動力(電気・電池・エンジン・PCなど)を使う
☆他人を使う
☆お金を使う・・・・ラクチン系

子育てではやっぱり、楽しさや充実感を大きくしたいですよね。その時にはエネルギーがたくさん必要です。

そのエネルギーは「メンドクサイ系」でも「ラクチン系」でもトータルは同じですが、「子どもの成長」にとって有効かどうかは、正反対です。

「ラクチン系」のエネルギーは「消費」をするばかりで、「消極的・受身的」な人間になってしまいます。

「メンドクサイ系」のエネルギーは「生産」をしますから「積極的・活動的」な人間に育ちます!

同じ「楽しい育児」をしたとしても、エネルギーの種類によって結果が大きく違ってきます。

もし今まで「子育てのエネルギー」についてあまり考えたことがないとおっしゃるパパ・ママがいらしたら、
この際、ちょっと考えてみてくださいね。

「今日は○○をしよう!」

と計画するときに
そのエネルギーが「メンドクサイ系」かどうか、チェックしてくださいね!

あ、エネルギーって子どものじゃないですよ♫
「親の使うエネルギー」です。

「おけいこ広場in山口」のブログはこちら→☆


母学アカデミー

コメントを残す