特典おわりに

おわりに

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。
「夢を叶える未来の我が子」がイメージできましたか?

いくら子どもに
「夢を持ちなさい!」
「がんばって夢を叶えなさい!」
と口を酸っぱくして言っても、無理だということはわかっていただけたと思います。「夢を叶える子」になるためには、お母さんのかかわりがどれだけ大切か、わかっていただけたと思います。

これから貴女のお子さんがどんな夢を持つかは誰にもわかりません。お母さんの望む夢を持ったときには、大喜びで応援できるでしょう。では、お母さんの思ってもみない夢や、顔をしかめてしまうような夢を持ってしまった場合は?

どうぞお子さんを信じて応援してあげてください。お子さんの人生はお子さんのものです。親という字は「木の上に立って見る」と書きます。親は子どもの人生を見守ってあげることしかできないのです。
お子さんが自分で夢を持って、夢を叶えるために努力する姿をどうぞ応援してあげてくださいね。

「はじめに」でも書きましたが、私の今の夢は「お母さんのための子育ての教科書」を作ること!
この本に著したことは、そのほんの一部です。この本を読んでくださった貴女の「子育ての軸」がしっかりとできること、そしてブレない子育てをしていただけることを信じて、筆を置かせていただきます。そして次には、お母さんのための子育ての教科書を「母学」と名付けて、お届けしたいと思います。

最後に、いつも温かく見守ってくれている家族に感謝の気持ちを捧げたいと思います。そしていつもブログを訪問して励まして下さる読者のみなさま、私はみなさまに背中を押していただいてこの本を書くことができました。感謝の気持ちでいっぱいです。

近い未来、「母学」を学んだお母さんに育てられたお子さんたちが成人し、世界中で活躍する姿を楽しみにしています。