体験ママの声|母学コーチング【初級編】

★子どもの心をしっかり聴くことが大切、ということを再確認しました。
コーチングのことを知ることができてよかったです。
しっかり教えていただきありがとうございました。
(ZOOM T.Yさま お子さまの年齢2歳10ヶ月・0歳10ヶ月)

★コーチングスキルを使うと、子どもの信頼関係作り、子どもが本音で話せる関係を
気づくことができると感じました。
(ZOOM K.Nさま お子さまの年齢3歳)

★まずは、自分自身の心を整え、『母親の軸』をしっかり固めていくことで
自ずと息子との信頼感がアップしてスキルが通用するピラミッドが成立するのだと
いう実感が沸いてきました。
少しずつですが実行していこうと思っています。
(ZOOM M.Nさま お子さまの年齢6歳)

★コーチングスキルを取り入れる前に、子育ての軸・娘との信頼関係を
もっと固める必要性に気づけました。
今日教えていただいたことを、順序立てて接してみたら一歩進めそうだな、と感じました。
(ZOOM U.Rさま お子様の年齢5歳・8ヶ月)

★親の都合や主観優先な会話行動をしてしまい後悔する、の繰り返しですが
子どもが、今、何を感じて話しているのかどうしてこのような行動をとるのかを
冷静に対応することが大切だと気づきました。
(ZOOM N.Kさま お子さまの年齢5歳・2歳)

★母親の軸が一番の基本ということで、母親としての私の価値観を一番大切にしてよいと
思うと、肩の力が少し抜けたように思いました。
自分の中に落とし込むには、ワークが大切だと思いました。
そして、一緒にセミナー受講された方の話を聞いて、自分だけでは気づけない有意義な時間を
過ごすことができました。
過去ではなく今と未来を見て子供と接すること、この2つのヒントをもとに
明日からまた子供と接していきたいです。
(ZOOM Y.Yさま お子さまの年齢3歳・1歳)

★親の都合や主観優先な会話、行動をしてしまい、後悔する、の繰り返しですが、
子供が今何を感じて話しているのか、どうしてこのような行動をとるのかを
冷静に対応することが大切だと気づきました。
(ZOOM N.Kさま お子さまの年齢5歳・2歳半)

★出来るだけ子供に寄り添いたいと思い接していましたが、最近は子供の反応などにイライラしてしまい
腰を据えて向き合うことが出来ていなかったように思いました。
可視化する事でこんなに沢山の事を思い考え気付くことが出来るのだと驚きでした。

受講後、直ぐに幼稚園のお迎えに行ったのですが気分が晴れやかで私の表情も良かったようで子供が
『お母さんお勉強楽しかった?』と言ってくれるほどでした。
学んだことを頭に入れ考えながら接したお陰か、
久しぶりに子供も沢山お話しをしてくれ、絵本も沢山読んであげることができ
就寝まで楽しく過ごすことが出来ました。
子供にトラブルが起きたときにコーチングのスキルを使えるようになると良いなと改めて思いました。
(ZOOM K.Sさま お子さまの年齢5歳)

★今までの自分の子育てには「見守る」という軸がなく、子どもが自分で転んで経験するという考えが
ありませんでした。そのためには、まず、子どもを信じて、信頼関係を築き上げる必要を感じました。
兄弟ケンカで、上の子が下の子のオモチャを取ってしまった時、「それでいいの?!」と
脅しの声かけをしていましたが、その前に子どもの気持ちを「認めて」あげる事を
していきたいと思いました。
ディスカッションにて、自分と同じ悩みを持つママ達に共感をし、
そしてその解決方法を知ることができて、とても勉強になりました。
(東京K.Hさま お子さまの年齢3歳・1歳)

★学ぶことによって、母親の軸を固める必要があり、それが子どもの為になると思った。分かっていてもなかなかできないので、スキルを学びたいと思いました。
(東京K.Kさま お子さまの年齢6歳・1歳)

★どうしても子どもの気持ちより、感情的に話してしまう事が多いので、ぜひコーチングを学びたいと思いました。子どもの気持ちをくみ取り、自分で考える力を身につけてほしいので、そのためにもまず自分が変わっていきたいと思います。
(東京K.Mさま お子さまの年齢5歳・7ヶ月)

★子どもが困らないようにどうにかしてあげなくちゃ。と思っていましたが、
自分で考えて行動させることが大事ということに気づき、基づいて行動してみようと思いました。
コーチングを学ぶというか知れたことがすごくよかったです。
また、ディスカッションで他の方のお話を聴いて、共感できることがたくさんあって、
私だけが困っているわけではないんだと気づいて、気持ちが楽になりました。
(東京K.Mさま お子さまの年齢5歳・3歳)

★今まで、よりよいアドバイスを子どもにした方がいいとばかり考えて、子どもの気持ちを汲み取る努力を
しなかったなーと反省しています。
先走りして会話するのではなく、子どもの話や気持ちをまず認めて受け止めて、
子ども自身が答えを見出せるように接したいと思います。
(大阪M.Yさま お子さんの年齢小3・年長)

★ゆっくり話を聴くことで、子どもの気持ちが違うということを、改めて感じた。
(大阪M.Mさま お子さんの年齢3歳・1歳)

★とにかく子どもの話を聴く、認めることを大切にしたいと思った。
上下関係ではなく、サポートできる親になりたいと思った。
(大阪E.Iさま お子さんの年齢4歳・2歳)

★聴く・認めるを行なってみようと思います。
(大阪C.Mさま お子さんの年齢年少・1歳)

★実際のスキルを学び、それを使えば子どもがどういう風に感じるのかを知ることができました。
そのおかげで、お母さんのほんの少しの一言で子どもはこんなにも反応や感じ方が違うんだ
ということがよくわかりました。
本で読んだりして知識としては持っていましたが、1度詳しい方から直接話を
聞きたいと思っていた分野でした。
一番はじめの講座だったからこそ、一番大事なことをエッセンスとして教えて頂けたように思います。
(タイC.Tさま お子様の年齢10歳・8歳・5歳)

★子どもに対して、自分の主観ばかりで話したり接していることに気が付きました。
子どもの話を聴き、認めてあげ、受け入れてあげることが信頼関係を築く上で大切だと改めて感じました。
これからは、まず子どもの気持ちを受け入れることを大切にしようと思います。
(名古屋M.Mさま お子さんの年齢4歳・7ヶ月)

★親の関わり方で、子どもの気持ちを上げたり、反対に下げたりしてしまう事が分かり、重要だと思った。
コーチングが子育て全てに、また、子育て以外の付き合いにも応用できることが分かりました。おもしろいと思いました。
(東京N.Sさま お子さんの年齢9歳・5歳)

★セミナーから学んだことの中で私に足りない「聴く・信頼」を意識しながら、
ガミガミ母さんを卒業できるように、少しずつ前進していきたいと考えております。
コーチングは、子育て以外にも自分に関わる全てに使えると思いました。
もっと「話を聴ける人になりたい」と思う90分でした。
(東京T.Eさま)

★子どもと話すことが、苦痛に感じ子育てに対するモチベーションが保てなくなっていましたが、
子どもの本当の気持ちを引き出せる技術があることを知り、自分もそうなりたい。
楽しく子育てをしたいと前向きになれました。
母学コーチングのお話を伺い、希望を持つことか出来ました。
子供と楽しく会話し、個性を回復させてあげられるかも知れない、また私自身の会話のスキルアップにも
なるかも知れないという期待で、子供たちにも少しだけ余裕を持って接するようになった気がします。
これから母学コーチングを受講できたらと思います。
(東京K.Nさま)