体験ママの声|母学コーチング【中級編】

★毎回のワークで自分がどのように子どもに接してきたかがよくわかりました。
子どもの言葉や表情など、様々なメッセージに気付き、それに対してスキルを
使うことで、もっと子どものことを理解していきたいです。
コーチや他の受講生の子育ての様々な話や考え方が聞けて、
また自分の話を聞いてもらうことでの発見もあり、とても有意義な時間でした。
講座中はトライ&エラーの毎日でした。上手くいっているのか不安になる
こともありますが、コーチの「細く長く続けていくことで、必ず上手になり、
必ず親子関係が変わる」という言葉を信じ、続けていきます。
(ZOOM T.Sさま お子さまの年齢6歳・3歳)

★今まで無意識に行なっていた子どもとのコミュニケーションが
いかに子育てにおいて大事かを改めて気づかされました。
イライラして感情的に爆発してしまうことを、良くないとわかっていても
止められないことにとても悩んでいました。
今回受講して、子どもとのコミュニケーションをとことん意識してみることと
自分にも子どもにも客観的になる時間をもてたことで、感情的になる場面を
減らすことができたように思います。
ぜひ、今日学んだことを少しずつでも意識して、子どもに安心感、自信、
このまま進んでいいんだという気持ちをプレゼントしたいなと思いました。
(ZOOM A.Kさま お子さまの年齢3歳・2歳)

★上の子はお話ししたいことがたくさんあり、上手に話せなくて
もういいやとかどちらでも良いと言っているのだと思っていましたが、
お話ししたいことを認め導いてあげることができたらと思います。
まだまだ難しいですが、徐々に練習しお互いに1人の人として認め合えるような
信頼関係を作って行けたらと思います。

下の子に関しては何を言っているのか分からないので宇宙人だと思って放って
おいたのですが、言いたいことを認め導いてあげられるようになれると
良いと思います。

特に3日目のフィードバックはやるのがちょっと嫌だなと尻込みするほど難しいと
思いましたが、これをやったことでこの中級編を受けて良かったと思いました。
まだまだ習った事すべて練習が必要ですが練習しながらやっていけばすぐに
答えが見えてくるので、行っていて楽しいです。もう少し効果のほどを見て
上級編に進めればと思います。
今後ともよろしくお願いします。

ありがとうございました♪
(ZOOM M.Oさま お子さまの年齢5歳・3歳)

★以前受けたコーチングの傾聴、共感、リフレーミングなど、様々なスキルを
どう日常に活かしていくかが分からずに、コーチング受けたのに…という状態でした。
それが母学を学び、子育ての軸と合わさることでなるほど!そうか!と日常に
活かす方法がわかったと思います。鬼に金棒ってこうゆうことね!って感じでした。

そして京子先生の本を読んでみたり、改めて自分の軸の構築に目を向けていました。
以前ならそれでもできていない、終わっていないところばかりみて、
私だめだーと焦り落ち込んでいました。でも今は、今日はこれだけ出来た、
頑張った、明日はこれやりたいなー。とポジティブに捉えられるようになりました。
やらなきゃ!じゃなく、やりたいに変わったのも大きいなぁと思います。
自分を追い詰めることがなくなったので、心に余裕が出て、やりたいっていう
ワクワクの気持ちが芽生えたのかなと自己分析しました。
京子先生がよく仰る、子供になってほしい姿にまず自分がなる。その一歩として、
ポジティブ思考を得られたことはとても大きなことだったと思います。

日々の自己チャンクも、だいぶスムーズになり、怒りながら頭の片隅で、
私の今のイライラの原因はこれね、とか同時に考えるようになりました。
そしたらイライラしてる時間も短くなり、イライラで自己を見失うことも
なくなったかと思います。。。
以前はいかに感情任せ、軸もブレブレだったか。。。(笑)

あおむしも平和な時には意識しながら娘の話を聞いております。
先ほど幼稚園の個人懇談だったのですが、かなり幼稚園のことをおうちで
お話してくれていたみたいです。嬉しくなりました。

とてもためになる講義をありがとうございました!
(ZOOM M.Oさま お子様の年齢4歳・1歳10ヶ月)

★小5の長男が悩み種でした。特性もあってか、ああ言えばこう言う、屁理屈が
何時間にも及ぶのでずっとイライラしていました。
でも、話す私の方の心の持ち方に問題があることがコーチのアドバイスで気付きました。
自分の気持ちの持ち方次第でこんなにも関係が良くなるのかと実感出来ました。

母学と知り合ったのが長男が高学年になってからで、自分の今までの怒り倒す子育てに
後悔しかなく、皆さんお子さんが小さい時から母学的な接し方をしているのを
FBで見る度、気付けたのはよかったけど、遅かったなぁと引け目に感じている部分が
ありました。
息子が小さい時、同じ状況の時、こうやって言葉がけをしたり対応しておけば
よかったんだ…とまた後悔したり。

こう考えればいいのかと京子先生の話を聞くものの、なかなか、今まで培ってきた
流れや癖を変えられず、やってみて上手く行く時もあれば親子で大喧嘩になって
終わる時も多くて、やりたい気持ちはあるのに出来ないスパイラルに陥って
おりました。

しかし母学コーチングを受け、集中的に実践を繰返すことにより、
自分の良くない癖や思考パターンを自分で気付いて修正する練習が出来たんです。
母学、母学コーチング、自分は三位一体であると確信しました。

母学コーチングの効果を一番早く実感出来るのは、小学生高学年や思春期男子だと
思います!(自分調べ:大学の理系研究室勤務で男子学生さん達ばかりですが
この母学コーチングの心意気でいったら心を開いてもらえる時が多々ありました)
まだまだ子育て発展途上ですが、これからも少し立ち止まって考えて、
気付いたらすぐ修正で、何かやっていけそうな気がしております。

「コーチングってスゴイ」体験を何度もさせて下さったコーチにはとても感謝しております。
(ZOOM K.Iさま お子さまの年齢11歳・8歳)

★母学コーチングに興味を持ちながらも、受講を悩んできました。
「自分が実践できるようなものなのだろうか」そんな不安から
様子を見てきました。でも、「今すぐ受講しないと!」
と言うところまできて、必死に1ヶ月間取り組めたように思います。
1人ではうまく行かないことを経験したからこそ、コーチに確認したい、
うまく行かないことを打ち明けたい衝動がありました。
どんな言葉にも丁寧にコメントを頂けてコーチングの会話で話を
聞いてもらえることがどれほど心地よいことか?安心するか?を
私自身が体験させてもらえたことが何よりも貴重な体験だったように
思います。こういうことに「やさしさ」や「温かさ」を感じるのだなぁ、
と娘を支える立場として私が体験できたことは何よりも良かったこと
だと思います。できているかどうかは別として、本当に相手が悩んで
いるときにどうするのが良いか?迷いがなくなるような気がします。
1ヵ月のフォローの中で、しっかりと自分と向き合って、
しっかり悩めば自分で答えは出せる。それを信じて、見守る「環境づくり」が
私の役目だということが一番心に刻まれています。
何度もマインド編に差し掛かる質問をしてしまいましたが、
「キモ」の部分をお話しいただけて、なぜコーチングで「あおむし」を
使うのか?そのほかの会話のパーターンがあるのか?うっすらとですが
自分なりに目的がはっきりしたように思います。
さをりコーチにずっと付き添っていただけたことで、自分自身が冷静で
いられたことがとてもよかったです。支えてくれる人のありがたさを
深く感じる1か月でした。本当にありがとうございました。
(ZOOM R.Iさま 12歳・9歳・4歳)

★困っている事例をメッセンジャーに伝えると、講師から具体的な
心の持ちよう、言動をアドバイス頂けて、視点が変えられたり、
はげみになり、とてもとてもとてもよかったです。
本やセミナーだけではやはり「大枠」の話になってしまいますが、
フォローは本当に細かく、1人1人に向けてのものであり、
より頭と心にひびいてきて、「腑」に落とすことができました。
他のメンバーの方の具体的な事例や、それに対するアドバイスも
見ることができてとても良かったです。
もっと長くても有り難いなんて思いました。
(ZOOM T.Tさま お子さまの年齢11歳・7歳)

★自分がイライラすることが無くなったことがすごく感謝です。
子どもは子どもなりに考えていると思えるようになりました。
子どもとの折り合いの付け方、受け止め方、受け入れ方が
できるようになってきました。ありがとうござます。
これからもニュートラルを心がけたいと思います。
(ZOOM N.Yさま お子さまの年齢8歳・5歳)

★今まで自分の子育てがいかに上からものを言う高圧的で否定的な
言葉が多かったかに気づきました。
もっともっと子どもを信頼し、認めて聴くこと、そして子ども自身が
自分の思いを整理し考えたり気づくことをサポートしていくことが
子どもにとっても親を信じていけることに繋がると思いました。
すべてにおいて否定しないことと、「あおむし」「チャンクダウン」
「フィードバック」などのスキルを使って子どもの気持ちに寄り添って
いこうと思いました。
(ZOOM Y.Kさま お子さまの年齢6歳・6歳の2人)

★子供と接する時「あおむし」を意識するように心がけることで、
解決することが多いと感じます。
無駄に怒ることが減った気がします。
自分の体験を、グループの皆様に伝えることで、自分自身と向き合い、
整理することができたことが まず良かった。
さらに、お返事をいただくことで、次に活かすヒントや、褒めてもらえて
単純に嬉しいと思えたことが良いと思います。
せっかくだから、フォローの場を前向きに活用した方が得だと思います。
普段の何気ない会話や触れ合いの中に実は親子の絆というか、
信頼関係を作るための土台があることに気付きました。
この度は貴重な学びをありがとうございました。
(ZOOM T.Hさま お子さまの年齢10歳・10歳・7歳の3人)

★平和なときは、「あおむし」でより落ち着いて話せて、
またイラッとしたときも、子どもの発している言葉の意味ではなくて、
言葉の下には表現したい感情があるんだよな、それはどんな気持ちかな、
と考えてみようと思えるようになりました。
これからは、今までキーッとなっていた場面でも、冷静に対応できる
ことが増えたらいいなと思っています。
フォロー体制があるので、セミナーを受けて終わりではないのが
ありがたかったです。
本当にありがとうございました!
(ZOOM M.Mさま お子さまの年齢8歳)

★娘の話を聞く姿勢が変わりました。
実際にワークで相手の立場になってみると、聞き手の態度で話し手の心が
揺さぶられるところを実感できて良かった。
娘の心や態度が荒れている時の心構えができて自分の動揺が少なくなりました。
コーチの体験談で安心できました。
それから、コーチのフォローの言葉がとてもうれしかったです。
孤独になりがちなネガティブ思考の時にフォローメールでいつも救われて
いました。ありがとうございました。
(ZOOM S.Yさま お子さまの年齢8歳)

★感情的になって言葉をぶつけてしまう自分がとても嫌でした。
地蔵になったまま地蔵からなかなか戻れなかったり、心の目を天井に
飛ばしてもどうすることもできず苦しんでいたのですが、
とにかく教わった「あおむし」を毎日意識して、
聴き方ワークで自分がしてもらって嬉しかったようにやってみたり、
メッセンジャーのフォローからヒントをいただいたことを実践してみたりして、
少しずつですがこどもとの心の距離が近くなってきたように感じています。
なかなか自分からは投稿出来ずにいたのですが、ご一緒したメンバーの方が
投稿され、その内容やそれに対するコーチの回答が大変参考になり、
沢山の気づきを得ることができました。
メンバーの方との共有はとてもありがたかったです。
コーチが、とても丁寧に向き合ってくださり、話がしやすい雰囲気づくりを
してくださったことに心から感謝いたします。
ありがとうございました。
(ZOOM A.Yさま お子さまの年齢5歳)

★1ヶ月があっという間でなかなか実践する機会が持てなかった。
ただ、スモールステップの実践でこんなことでも良いのかなという少しの
気付きでも投稿すると詳しく回答していただけたのが良かった。
もっと早く投稿すれば良かったと思う。
なかなか回答、返信ができず申し訳ありません。
献身的に親身になってサポートしていただけて、嬉しかったです。
京子先生がコーチの人間性は本当に素晴らしいとおっしゃった意味が
わかりました。 
本当にありがとうございました。また上級を学べる日を楽しみにしています。
(ZOOM H.Iさま お子様の年齢5歳)

★セミナーを受講する前は、子どものことを「認める」というのは、
どういう風にすれば良いのか、自分の心の中では認めていると思っても、
それを子どもにわかってもらうには、伝えるには、どうしたらいいんだろうと
いう疑問を持っていました。
今回セミナーを受講して、「あおむし」で聞くことを意識するだけでも、
子どもが自分の気持ちを話してくれたりと、「認める、聞く」って、
こういうことか、と腑に落ちました。
母学コーチングは、以前から気になっていましたが、考えているうちに満席に
なっていて申し込めなかったり、毎日のバタバタに追われて忘れていたりでした。
今回受講してみて、本当によかったです。
基本は、母の軸だと思うのですが、スキルを知ることで、日々の
コミュニケーションを補うことが出来ると思いました。
チャンクダウンの質問やフィードバックは、まだ使いこなせていないので、
これからも実践して練習したいと思います。
今回は、本当にありがとうございました。
(ZOOM A.Mさま お子さまの年齢5歳・2歳)

★私の困り事は親子でお互いの主張ばかりで相手の話を聞くことができていないと
感じていたことで、これを改善したいと思って受講しました。
コーチングを学び、まずは私が子どもの話を受け止めることを意識すると、
子どもも私の話を聞くようになり、コミュニケーションがしっかりとれていると
実感できるようになりました。
まだ私がすごく感情的になってしまった時にコーチングに気持ちを
切り替えることができなくて完全に解決とはいかないのですが、
コーチングを意識すると感情的に怒る段階までいくことが激減しました。

セミナー後1ヶ月間グループでフォローして頂きました。課題があり、
投稿すると丁寧なレスポンスがあり、また新たな課題を頂けることもあって、
投稿するのが楽しかったです。でも、投稿は必須ではなく、
期限もない(1ヶ月以内で)ので、気楽に書きたい時に書くことができました。

セミナーでは丁寧に優しく教えて頂き、スッと身についていきました。
コーチングを受講して本当に良かったです。
(ZOOM A.Mさま お子さまの年齢5歳・1歳)

★中級編のサポート期間中は、狙ったように?長男の「お友達とのケンカ」が
増えた時期でしたが、中級編を学んだおかげで、長男と向き合い、
話し合いができたと思います。ケンカしたことに怒ることもなかったし、
ケンカの内容を冷静に聞き、フィードバックを使えました。
このタイミングで中級編を受講でき、本当に良かったです。
大げさではなく、中級編を受講する前の自分とは別人!と言えると思います。
いつも頭のどこかにコーチングスキルや母学の子育てポイントがあるという
母親人生の中で一番スキルが高い状態です。
中級編、たくさんのことを気づかせていただき、ありがとうございました。
(ZOOM 匿名)

★下の子が生まれてから、上のお姉ちゃんの赤ちゃん返りがひどく、
さらに自分も余裕がなく、怒ってしまうことが増えていました。
今回受講させていただいたことで、愛着関係(土台)が大事だと強く再認識したことで、
怒る回数が減りました。
実際に教えていただいたコーチングスキルを使って会話をしてみると、
3歳の子でも効果を感じました。(おうむ返しや相槌)

そして、フォローがすごく丁寧でありがたかったです。コーチがスモールステップで
うまく褒めてくださるので、前向きな気持ちになれました。こんなにこまめに
アドバイスや自身の体験談等、教えていただけると思っていなかったので、
びっくりしました。
普段母親という役目は褒められることが本当に少ないと思うので、
コーチに褒めて(認めて)もらえるととても嬉しかったです。

怒ってしまうことで悩んでいましたが、講座を受講させていただいたことで、
愛着関係や母親の軸をしっかり見直すことができました。
今回教えていただいたことを少しずつ日々の会話に取り入れていきたいと思います。
(ZOOM M.Aさま お子様の年齢3歳・6ヶ月)

★日々の悩みを相談でき、返信がすぐに返ってくる安心感が有り難かったです。
コーチの返答が、1人1人に対してコーチの体験を伴った話や、できているところを
褒めてくださるところ、決して上から目線ではなく私達に寄り添って言ってくださる姿、
優しい言葉が文字から伝わってきました。ですので、コーチからの言葉が、
すっと自分の中に入ってきて、「やってみよう」という気持ちに繋がりました。

また、グループでのフォローという利点も感じました。
同じように子育てで悩んでいる方がいること(普段は他のママに話せない)、
他の方の投稿で、自分とは違う経験や悩み、視点を知ることができ、
それに対するコーチの返答も学びが多かったです。
(ZOOM T.Mさま お子様の年齢2歳)

★実際に、コーチングを受けた時、「認めてるんだけどな~」
「体の向きや視線だけでどこまで娘が変わるんだろう」そういう思いもありました。
いざ意識して使ってみると、その日の娘の機嫌がいい気がする!
「ん?たまたまかもしれないし…私も刺激を受けて気分いいからかな~」
(そこも大事なんですよね(#^.^#))
そんなにすぐ変わらないかもしれないし、と不安を持ちながらだったのですが、
機嫌のいい日が続いて、その上、だんだんと娘から積極的に行動したり、
新しいことにチャレンジするようになりました。

1番嬉しかったのは、否定的な言葉が98%くらい減りました!!!!!

1か月前、[○○ちゃんなんかどうせ]「○○ちゃんなんかいなくてもいいんでしょ」
ひどい時は
「死んでもいいんだ」「兄弟なんかいらない!いなくなればいい!」と
2、3日に1度は聞いていて、子供の口からそんな言葉を聞きたくなく、
なだめる日もあれば、余裕がない時は酷く叱っていました。
死に関しての言葉は、私が一番敏感に嫌う言葉なので、
娘は怒られても気を引きたかったんですよね。

私は「認めていたつもり」だったので、これだけ長女のことを心配して
一番手をかけているのに、これ以上かまって欲しいなんてムリムリ!と
イライラとモヤモヤがMAXでした。
ですが、この1カ月でその言葉を聞いたのは1回。
2回あったかもしれませんが、はっきりと覚えているのは1回です。
それも、コーチングを使っていたのでゆるーく流れていったような…
つい最近のことなのに思い出せません。
まだまだ、余裕のない時は冷たい対応をとってしまうこともあるのですが、
その時が見直しチャンス!と気持ちを切り替えなきゃ!と、
脳が変わってきた気がします。

下品な話ですみませんが…
2万円安すぎる!と思うくらい今回、学び、気づき、変化がありました。
上級編に進むと、私も子供たちもどこまで輝いて伸びるんだろう、と期待しています。
(ZOOM M.Tさま お子さまの年齢8歳)

★これまでコーチングの本は読んだことはあったけれど、実生活に
活かすことができなかった。
スキルをどう使っていくかということに意識が向いていた気がするが、
今回セミナーを受けたことで、信頼関係の大切さに気づけたので、
日々の生活の中で信頼関係をちゃんと築いていこうという意識に変わった。
子どもが無理なことを言ったり、イヤイヤが出た時に、つい感情的な言い方に
なってしまい、どう対応して良いかわからなくなっていたが、
まず、本人の訴えを受け止めて、その上で自分の育児の軸に沿って対応する、
という方向性がわかった。
(ZOOM M.Mさま お子さまの年齢4歳・1歳)

★講座で学んだことを実践してみて、できたこと、わからなかったことを
アウトプットすることができました。
2回の講座だけでなく、その後、メッセンジャーによるフォローもあったので
実践した時の疑問や、上手くいかなかったことなど、講師に聞くことができて
良かったです。
(ZOOM Y.Tさま お子様の年齢5歳・2歳)

★子どもがなぜこんなに癇癪を起すのか理解できずに困っていました。
けれど、私も子どもの気持ちを理解できたり、子どもも自分の気持ちを理解できたり、
整理できたり、癇癪が少し減ったりといった変化を感じることができるように
なりました。
今後の娘の成長が楽しみになりました。
(ZOOM K.Eさま お子さまの年齢3歳・10ヶ月)

★受講前までは、子育てが嫌で嫌で仕方なかった。毎日が地獄のようだった。
娘に振り回される毎日が嫌だった。それが、受講したことにより、娘の気持ちを
理解しようと思えるようになり、「あおむし」の「あお」までできるようになった。
行き詰まった時に、相談できた。コーチに共感してもらえた。
娘との関わりに悩んだ時は、「あおむし」を特に意識して接してみようと思います。
ありがとうございました。
(ZOOM Fさま お子さまの年齢3歳・2歳)

★コーチングの質問が使えなくて悩んでいたが、時々使えれば
良いと知った。
とても丁寧に話を聞いてくださり、私にとって必要な言葉を
くださいました。
本当にありがとうございました。
(ZOOM 匿名)

★いつでも子どもの気持ちを認めたり共感しなくてもいいとわかった。
自分の中で許せることと、許せないことの線引きをしようと思えたので
今後の対応がはっきりして悩むことがなくなりそうです。
(ZOOM M.Yさま お子さまの年齢2歳)

★子どもの年齢に合わせて質問の内容も変える必要があることに気づいた。
子どもと楽しく話してはいますが、子どもの深い思考を引き出す会話が
できていないように思っていました。質問の仕方を変えるだけで、
随分と話したいことや話す内容に変化があることに気づきました。
まだ落とし込めていないので、解決はしていませんが、ヒントは
たくさんいただきました。

自分の生活を見ながら、問題だと思ったことは相談できた。
そして、コーチの実体験から学んだことも教えていただき、とても参考になった。
(ZOOM K.Cさま お子さまの年齢8歳・4歳)

★息子がなぜそれをするのかがわからず、理由を聞きたかった。
あおむし、4W1H、チャンクダウンを使うことで、私が想像していた答えと違う
答えを息子から聴く事ができた。
(ZOOM M.Nさま お子様の年齢5歳・3歳)

★子どもを思い通りに動かそうとしていた自分が甘いというか、間違いだったと
思いました。娘との関係が良い方向に向いたようで嬉しいです。
娘との嫌な雰囲気が良くなった。
コーチが、どんな質問でも誠実に、的確に答えてくださってすごいなと思います。
(ZOOM S.Mさま お子様の年齢8歳・4歳)

★息子が自分の気持ちを話してくれないこと、息子と衝突すること、に
悩んでおり、コーチングスキルで親子関係を改善したいと思い受講しました。

セッションを受ける中で、息子と考えが違った時に、私の考えに誘導しようと
していたから、息子は話したくなくなったのだとわかりました。
「自分ベクトルからあいてベクトルに戻す」ことを心がけていたら
息子が自分の思いを話してくれるようになりました。
そして以前より、衝突も減りました。

コーチの温かい雰囲気と心強いサポートのおかげで1ヶ月学ぶことが
できました。
本当に感謝しております。ありがとうございました。
(ZOOM S.Sさま お子さまの年齢10歳)

★オンラインでの講座の時は実践をしながら、スキルを使う側、使われる側の
体験をするというのが、実感を伴うので腑に落ちやすかったです。

一方、フォロー期間中の質問には、具体例を挙げながら詳しいお返事をくださいました。
それを後日、自分のノートに書き起こしてみたのですが、大事なことがたくさんありました。

幼児向けのスキルの使い方、自分の心のベクトルがどこに向いてるか、
相手に向いていないときはどうするべきか、など今後のバイブルに
なりそうです。

また、メールの返事は常に私を受け止めてくれる内容でした。
こうやって受け止めるのか、というのも非常に参考になりました。
(ZOOM A.Tさま お子さまの年齢5歳・2歳)

★私は、コーチングスキルがよく理解できず、何がわからないかも、自分で
上手く言葉にできませんでした。でも毎回コーチは驚くほど的確に疑問点を
くみ取ってくださり、ズバッと具体的かつ明確で本質的な回答をくださり、
大変ありがたかったです。おかげで、どんな小さな質問や報告からも、
気づきがどんどん深まりました。ワクワクして行動したくなり、
まさにコーチングをしていただいた感じです。
また、ご一緒した受講生さんが積極的にスキルを使い、アウトプットして
くださったおかげで、フォロー期間で学べる量も深さもぐっと大きくなりました。
そして、自分もやろうという気持ちになれたので、とても感謝しています。
(ZOOM S.Mさま お子さまの年齢6歳)

★私は、コーチングも子育ての軸も両方学べました。
私は、セミナー前に、「認める」「聴く」はできていると思っていましたが
セミナー後は、全然できていない(していない)ことに気づきました。
ワークで実践し、コーチと話すことで目的意識が持て、日常の中に落とし込む
ことができました。
私が意識するだけで、子ども達が180度変わりました。
私と子ども達の関係、子ども同士の関係、更に夫、義母との関係まで
全てに良い相乗効果を生んでいます。
自分の感情を素直に認め、家族に伝えることで、助けてくれたり、共感してもら
えることがわかりました。
私は今、とても満たされ、幸せな気持ちです。
コーチには、本当に感謝の気持ちでいっぱいです。
ありがとうございました。
(ZOOM Y.Sさま お子さまの年齢9歳、7歳)

★実際にレッスンを受けて実践すると、大きな変化を感じました!
まだまだ学ぶ事ばかり、日々勉強ですが、少しずつ前進しています!
もちろん後退もありますが、継続、そして諦めない気持ちを強く持って、
学んだコーチングも自分のものにできるようにしていきます。
沢山のサポート、そして沢山のきっかけを下さり、ありがとうございました。
感謝しています!
(ZOOM F.Hさま お子さまの年齢6歳、4歳、1歳)

★今までも息子は結構話をしてくれているほうだと思っていましたが、
私が聞きたいことだけを誘導尋問(言葉は悪いですが)のように
聞いていたかもしれないと思いました。
息子が話したいことをもっと聞いてあげたいと思うようになりました。

具体的に何かに悩んでいたということはないのですが、コーチングのスキルでの会話には、
息子も私も笑顔でいられるためのヒントがたくさんありました。
(ZOOM K.Hさま お子さまの年齢4歳)

★子供が癇癪を起こしている時、今までどう声をかけてあげればよいのか
悩んでいましたが、あおむしを意識して聴き、聞き取れた言葉をオウム返ししたり、
気持ちに共感してあげたあと、オープンクエスチョンで質問を
投げかけた所落ち着いたことがありました。
普段から聴く姿勢を続けていたことがよかったのかなと感じました。
今までも子供の話は聴いているつもりでしたが、いつも頭の中の半分は違うことを
考えていたり、自分の聞けるタイミングだけ話しを聞いていたりそんな感じだったと思います。
いつでもちゃんと聴くように意識し、努力したところ、子供との会話が充実し、
何というか子供との関係が良くなった様な気がします。
(ZOOM N.Yさま お子さまの年齢3歳・6ヶ月)

★子どものことをよく見るようになりました。
聞いてもらえると、安心感が増し、自分で考えて行動することで目的ある行動を
自ら取れるようになったと思います。考えてもらう質問を親が考えるようになりました。
子供が考えていることを親のフィルターで勝手に解釈して、子供の言い分を
聞けていなかったことに気が付きました。聞けていなかったことによって、
子供が怒っていることもあったのでは?と気づくこともありました。
子供の発した言葉を糸口に、その奥にある思いを引き出すきっかけとして
これからも使えるように練習してみたいと思います。
(ZOOM I.Jさま お子さまの年齢4歳・3歳)

★先日、娘が癇癪を起こした時、「嫌だ」「嫌だ」しかいわなくなるのですが、
ひたすら、娘の言っていることを認め、「おうむ返し」をしていたら、落ち着き、
なぜ癇癪を起こしていたのか、を話してくれました。
時間はかかりましたが、娘が、だんだんと、安心していっているんだろうなと
感じました。
中級のコーチングを受けて良かったと思います。
(ZOOM N.Mさま お子さまの年齢8歳・6歳)

★ワークで実践してみると、人の話を聞く姿勢はついつい相手に話しにくい気持ちに
させているのでは?と、再認識できました。
頭でわかっているつもりになっていたところを、もっと意識して実践していこうと
思いました。
(ZOOM M.Nさま お子様の年齢7歳)

★聞くだけじゃなく「認める、聴く」ことが大切なんだと思いました。
1日10分でもいいこと、具体的な聴き方を知ったことで、
「聴く」のモチベーションが上がりました。
また、子供にではなくても夫にも「あおむし」で聞いてみたら
今までになく上機嫌になったので、もうちょっと夫の話も
聞いてあげようと思いました。
(ZOOM K.Nさま お子さまの年齢 年長・年少・2歳)

★子どもとのコミュニケーション技術と実践方法を教えていただき、
実際の育児の現場で「あ!今うまくいったぞ!」ということがあり
少し前向きな気持ちになれました。
今までは怒鳴った自分に凹み出来なかったことへの反省と
落ち込みばかりでしたが、講座を受けたことで失敗よりも成功を
振り返ることができるようになりました。それだけでだいぶ気持ちが楽です。
(ZOOM E.Yさま お子さまの年齢9歳・3歳)

★自分の夫や子供が話し相手となると、なにかにつけてすぐ感情的になってしまい
他人とならできる「冷静な会話」ができなくなってしまう事、
そしてその積み重ねにより、家族との関係性が悪くなっていく事に悩んでいました。
講座を受けて「認める・聴く」を意識して実践しだしてから」子供達も
「考えて(=より頭を使って)」話をしてくれるようになったと感じます。

コーチングはスキルなので、知識として得た後は、とにかく実践し、
反復練習して身に付ける必要があると思いますが、
「できるようになるまで、あきらめず練習する」事の重要性と、
その難しさを感じています。
難しいので挫折してしまいがちですが、この度は受講後のフォローと
お仲間の存在がモチベーションになり、一人では続かなかったであろう
「実践し続ける」事ができています。そうして実践し続けた事により実際に
「成果」が目に見える形で現れ、それがまたモチベーションになるという、
良い流れが生まれています。
また、練習を続けていると、自分に精神的・時間的余裕がないと
上手くいかないという事を実感しましたが、精神的余裕を生み出すためには、
まずは時間的余裕を作り出す必要がある事に気付き、
そのためにはどうしたら良いかと生活上の「段取り」を、
以前よりも考えるようになりました。

子供達としっかり向き合う時間を確保するために、夜、
次の日のスケジュールや雑務の優先順位を確認するようになったり、
隙間時間に作り置きのおかずを作るようになったり、
睡眠時間の確保を意識するなど、生活全般の質も向上しています。
なんだか私の体調も良くなり、家庭内も以前より明るくなって、
良い効果がたくさん現れています。

それなりの投資をしてコーチング講座を受講し、そして実践し続けてみて、
本当に良かったと感じています。
上級編も申し込みをしております。
これからもコーチングが生活の一部となる事を目指して取り組みを続けて参ります。
(ZOOM A.Nさま お子さまの年齢8歳・3歳・1歳)

★コーチング中級を学んでみて、とても興味深い事が沢山ありました。
「子供の目線の高さで話を聞く」や「子供の方に体を向ける」などは
前から知っていたことだったのですが、1週間意識してみると
筋肉痛になるほどやっていました。
意識するとこんなに違うの?とびっくりしました。
そして、一番良かったのはアフターフォローです。
美奈子コーチは大変だったんじゃないのかな?と思いました。
メッセンジャーのやり取りはとても多く申し訳なく思いました。
その中でも、的確に返信をしてくれて、
尚且つその後の方向まで導いていただくのには驚きました。
ぜひコーチングの上級も受けさせていただきたいと思いました。
(ZOOM F.Iさま お子さまの年齢4歳・3歳)

★私は対人関係で「同感」の気持ちが強すぎて苦しくなることが多いと気付かせて頂いたことです。

受講後、仲の良いママ友さんから悩みを聞く機会があり、「同感」で【受け入れる】ではなく、
「共感」で【受け止める】ことを意識して会話をしたところ、今までのように相手に同調し過ぎて
苦しくなるのではなく、ママ友さんの気持ちを受け止めた上で、
前向きで建設的な自分の考えを述べられたことがとても嬉しい成果でした。

また、彼女との会話の中で、母学コーチングのチャンクダウンの質問も取り入れてみたところ
(子どもに使うよりも緊張しましたが、、、)大人同士の会話でも、以前よりも、
相手の気持ちを深く知ることが出来ました。

大人同士の場合のコーチングも更に知りたくなり、上級編を受講してみたい、
という気持ちが強くなりました。

貴重な機会を頂き、本当にありがとうございました!
(東京 M.Mさま)

★聴くワークで、子どもが安心して話せない、スムーズにできない気持ちや理由がわかりました。
私の態度にも問題があったことを実感しました。
子どもの話の引き出し方を具体的に教えていただいたことで、子どもも上手に話せるのではないか、
私も子どものを深く理解できるのではないか、と思えました。
具体的な方法を教えていただけて、すごくモチベーションが上がりましたが、
実践の難しさに自分が出きるのか不安になっています。
1歩ずつでも階段を登れるよう練習していきます。
(東京K.Nさま お子さんの年齢7歳・4歳)

★自分の子どもが、いい方向に向かっているか、そうでないかを確認したいしたいと思っていた事に
気が付きました。
とにかくたくさんコーチングを使ってみて、失敗も成功もしてみようと思いました。
(東京M・Kさま お子さんの年齢小4・小1)