赤ちゃん返り、どうする?

 

 

 

7歳の女の子のお母さんのお悩み

 

 

昨年秋に男児を出産し、

6歳まで一人っ子だった娘が

姉になりました。

 

産後一週間だけ実家に預け、

その後は今まで通り

家族の家にて生活しました。

 

その後に卒園、小学校入学と

いろいろ環境は変わったのですが、

 

未だに弟が他人に構うと拗ねたり

嫉妬して逃げたりと

情緒が不安定です。

 

赤ちゃんのお菓子を食べたり、

おもちゃで遊んだりします。

 

 

 

赤ちゃん返りを認める

 

 

それまで一人っ子だったのに

赤ちゃんが生まれたことで

お母さんの愛情が半分なくなってしまった。

 

お母さんを取り戻すためには

どうすればいいのだろう。

 

お利口にしていても

お母さんはこっちを振り向いてくれないので

わざと困ることをする。

 

赤ちゃんがうらやましいから

自分も赤ちゃんになりたい。

 

これが赤ちゃん返りです。

 

兄弟というのは仲間であり

同時にライバルです。

 

お母さんは一人ですが

子どもは2人だったり3人だったりするわけですから

お母さんを取り合うライバルと言えます。

 

お嬢さんはお母さんに自分の方を見てほしい

と思っているわけですから

それを叶えてあげるのが

赤ちゃん返りを終わらせる

一番の近道だと思います。

 

 

 

赤ちゃん返りは人生はじめての試練

 

 

赤ちゃん返りが悪いことかというと

私はそうではないと思うのです。

 

今まで

お母さんの愛情を全て受けて思う通りになっていた

それが思う通りにならない。

 

弟という赤ちゃんが出現してきたということで

今、混乱しているわけです。

 

人間って

生きていく中で上手くいくことばかりではなく

邪魔が入ったり

自分がやりたいことが何かできなかったり

 

でも

それを乗り越えていくのが

今からの人生です。

 

そういう意味で

赤ちゃん返りというのは

お姉ちゃんにとって

初めての人生の試練とも言えます。

 

赤ちゃん返りを乗り越えるのを応援してあげる

 

そういうスタンスで

お母さんは見守れられたらいいと思います。

 

 

blog_mailmagazine


母学アカデミー

コメントは停止中です。