幼稚園児なのに歩きたがらないわが子

 

 

 

年少の女の子のお母さんのお悩み

 

 

4歳の長女は

あまり歩きたがりません。

 

幼稚園に行く時

お出かけする時など

いつも「抱っこして」と言います。

 

動物園に行った時も

玄関を出てすぐに言い出し

動物園に着くまでも抱っこ

着いてからも抱っこ。

 

理由を聞いても

「歩くとしんどい」

「歩くより抱っこがいい」

と言うだけです。

 

 

 

体力不足が心配です

 

 

抱っこをしてあげるというのは

お母さんの愛情が伝わりますから

とても良いことです。

 

ただ

ずっと抱っことなると

運動量が足りず、

体力がつきません。

 

健康面からして歩かせてあげる

というのを意識すると良いと思います。

 

 

 

お約束を守らせる

 

 

例えば

お子さんが行きたいところへ

出かける前に

お約束をしたらどうでしょうか。

 

「今日は抱っこでは連れて行けないよ」

「自分で歩けるかな」ということを

お約束してみてください。

 

それで

子どもが納得して

「歩いていく」と言ったら

「じゃあ歩いて行こうね」と

出かけましょう。

もし途中で

「抱っこ」と言い出したら

 

「お約束が守れないなら帰ろうね」と

帰る勇気を持ってください。

 

途中でも

まだ着いていなくても

帰るのです。

 

ここで親が頑張って

その約束を守らせるということが大事です。

 

このまま子どもの思い通りに

何でもしていたら

あとから苦労することになるでしょう。

 

もう年少さんです。

 

親が主導権を握る

ということを意識されると

良いと思います。

 

 

blog_mailmagazine


母学アカデミー

コメントは停止中です。