ウチの子、中学受験に向いてる?向いてない?

 

 

 

3歳のお子さんのお母さんのお悩み

 

 

将来

わが子に中学受験をさせたいのですが

 

ウチの子が

中学受験に向いてるのかどうか分かりません。

 

いつ頃、分かるのでしょうか?

 

 

 

向き、不向きはあります

 

 

小学校3年生ぐらいになると

中学受験をするかしないかという

選択を迫られる時がきます。

 

その時に

中学校受験に向いている子と

向いてない子というのが

私はあると思います。

 

中学校受験は小学校6年生でしますが

 

実際は

その3年前から

受験勉強をしていかなければいけません。

 

小学校3年生ぐらいから

毎日長時間の勉強をしていきます。

 

そうなると

向いてないお子さんも出てくるでしょう。

 

子どもには2通りタイプがあると思います。

 

まず「早熟型」

小さい時から

親の言う事を「はい」と聞いて

「この勉強しようね」と言えば素直にやる子。

 

そういうタイプのお子さんは

中学受験に向いていると思います。

 

でも「やんちゃ」なタイプ。

「これをやろう」と言っても

「イヤだ」みたいに言う子は

勉強させるのに苦労もします。

 

本人もその気にならないのであれば

テコでも動かないみたいなタイプの

お子さんが多いですので

 

中学受験には

少し向いてないかもしれないです。

 

だからと言って

向いてない子は受験してはいけないかというと

そうではありません。

 

・親の志望校の選び方

・勉強のさせ方

・声のかけ方

 

そういったものに工夫がいると思います。

 

お子さんがどのタイプかは

年中ぐらいから小学校低学年くらいの間で

親がよく観察していれば

分かってくるでしょう。

 

 

 

その子にあった学校を選んであげる

 

 

それから

中学受験と言っても中学校もいろいろあります。

 

私立もあれば

公立の中高一貫というのもありますし、

 

私立の学校でも

難関校と言われる学校から中堅校

それから割とお手軽に入れる学校まで

いろいろありますので

 

どこを受験するかによって

かなり違ってきます。

 

学校選びにおいても

中学受験が向いてる子が選ぶ学校は

範囲が広くなると思います。

 

でも

中学受験に向かないタイプのお子さんを

中学受験させようということになったら

志望校を選ぶときに

かなり範囲が狭くなるでしょう。

 

その子に合った学校を選んであげる

というのが大事です。

 

 

blog_mailmagazine


母学アカデミー

コメントは停止中です。