わが子に優しくできない母

 

 

 

教師をされているお母さんのお悩み

 

 

私は中学教師です。

河村先生のYouTube、本、その他いろいろな方法で子育てを学び、

仕事では実践でき、学ぶ前と教育感もかわり、

すごく楽しく仕事しています。

 

でも、わが子にはどうしてもここまでできないんです。

 

イライラしてしまったり

つい言い過ぎてしまったり…

 

これは、私のどんな部分がこうさせるのでしょう?

家族なので甘えてしまっているのでしょうか?

 

「生徒だったらこんな言い方しないな」

「こんな接し方しないな」

と後で思うのですが…

 

 

 

親子の心理的距離は近い

 

 

生徒さんは他人ですから

ある程度の心理的な距離があります。

 

「なんでできないの!」といった

子育てでは言ってはいけない言葉を使わないでいられるのですけども

わが子というのはどうしても一心同体というか

距離がすごく近いですから

「自分ができない」くらいに思ってイライラしてしまうのです。

 

例えば

小学生のわが子が足し算を間違えたときに

「なんであなたは分からない」のみたいな怒りが

やっぱりこみ上げてくることがあります。

 

 

わが子との距離を取る

 

 

心理的距離を離すように心がける

少し変わってくるかなと思います。

 

私は本の中で

「わが子を隣の家の子だと思う」と書いています。

 

つまり

わが子であれば怒ってしまうようなことも

隣の家の子どもであれば怒らないことがあります。

 

子どもをもちろん愛するのは当然ですけれども

心理的距離を取って

少し他人目線で子どもを見る

怒ることはすごく減ります。

 

普段から子供との距離を意識しながら

生活していただきたいなと思います。

 

 

blog_mailmagazine


母学アカデミー

コメントは停止中です。