我が子が生まれた瞬間は、

「かけがいのない宝物」
「生まれて来てくれてありがとう」
「この子の能力をどんどん伸ばしてあげたい」


と誰もが思ったでしょう。
それなのにイザ子育てが始まると

「寝てくれない」
「泣いてばかり」
「自分は寝不足でイライラ」


思い描いていた子育てとはかけ離れた現実・・・

数年たって、歩き出し、しゃべりだすようになると

「言うことを聞かない(怒)」
「周りの子が出来ることが出来ない(涙)」
「グズグズノロノロするばかりで、イライラ(焦)」


思い描いていた「理想の我が子」からは離れるばかり、

子どもの能力を伸ばすってどうやればいいの・・・
そもそも我が子に能力なんてあるのかしら・・・


「このまま成長していって、本当に大丈夫?」
「このままじゃ、他の子についていけないんじゃない?」
「悪目立ちばかりで恥ずかしい(-_-;)」


どんどん不安は増すばかり・・・




いったい、どうしてこんなことに
なってしまったのでしょう?


私の育て方が悪かったから???
そうやって自分を責めていませんか。


いいえ!違います!!

あなたは愛情を持って子育てをしています。
どうか、自分を責めないでください。


私たちは小学校の時、足し算やかけ算を習いました。
だから、足し算もできるし、かけ算九九も言えるのです。

小学校で「あいうえお」や漢字を習いました。
だから、字が書けるし、文章も書けるのです。

では、「子育て」はいつ習いましたか?

「え?子育てって習うもの?」
「え!そう言えば習ったことがありません」


ほとんどのお母さんはこう思うでしょう。

そうです。
私たちは子育てについて学んだことがないのです。


それなのに、子どもを宿した瞬間からお母さんになるのです。
出産をした瞬間から子育てが始まるのです。


頼りになるのは、数十年前に「自分が親から子育てをしてもらった経験」だけ。

もしあなたが、優しいお母さんに笑顔で子育てをされて育ったなら
あまり悩むことなく楽しい子育てができているでしょう。

でも、もしあなたのお母さんが感情的に怒ったり、
「子どもは親に従うもの」という強い態度で子育てをしてこられたりしたとしたら、

あなたも自分のお子さんを怒ったり怒鳴ったりして
落ち込むことが多いでしょう。

そして、日本ではそんなお母さんが大多数なのです。

巷の子育て書や育児ブログで

「子どもは褒めて育てましょう」
「怒るのは止めて大らかに子育てをしましょう」


と書いてあるのを読むたびに、凹んでしまうのです。

子どもの能力を伸ばすために塾に通わせても
アレもコレも出来ない我が子を怒ってばかりで、
「こんなことでは、我が子の能力は伸ばせない」
と焦りが積もるのです。




「笑顔で楽しく」子育てをして、
子どもの能力をどんどん伸ばすためには

無理に頑張ったり、
怒りをガマンしたりする必要はないのです。


あなたも子育てを学べばいいのです!!

足し算を習ったように、
「あいうえお」を習ったように。


子育ての軸が出来れば
自信を持って子どもに向き合えます。

お母さんが自信を持って子どもに向き合えば
子どもはどんどん能力を伸ばします。




そんな子育ての学びが【WEB母学通信コース】です。

子育てに一生懸命なお母さんのための
学びの場です。


とは言っても、子育てで忙しい毎日、
寝る暇もないほど子どもに振り回されている
お母さん、

子育ての勉強をする時間も余裕もないかもしれません。

そんなお母さんのために

★いつでも
★どこでも
★スマホでもタブレットでも


学べるように、WEB母学通信コースでご用意しました!

私の子育ての経験と、2000冊の育児書・教育書の知識から
体系化して作ったメソッド【母学のすすめ】を
【WEB母学通信コース】として学んでいただけます!




★2才の娘と共に、朝マラソンやお弁当作り等、新しい取組みも始めました。
子供が満たされ始めたのか、ご機嫌で一人遊びをしてくれる時間やお手伝いをしてくれることが増え、
家事を片付ける為に見せていたテレビの時間も自然となくなりつつあります。
(神奈川県O・Aさん)


★育児にもこういうプロ意識というか、
母であることの自覚、覚悟、誇りのようなものを持つ事ってとても大事なんですね。

目に見えないけれど、この変化はとても貴重なものでした。
投資すべき所にお金をかけることができました。娘もこのわずか数日明らかに変わってきました。
(東京都H・Mさん)


★先生の具体的な例は、とってもわかりやすくて助かります。
1つの事が解決すると、他の細かいこともサッと流せるようになり、気になることが少なくなりました(^○^)


★「30年後の我が子の為の今」と考えることが出来、
幼い我が子に自分のイライラや自分の思うようにならないことをぶつける事は
意味がないことだと学びました
(山口県K・Sさん)


★信号待ちの時、見知らぬ人に見つめられて、はっと気づきました。

「あ、これって不自然なことだった!でも、全然恥ずかしくない!」

雨が降ってもいないのに、カッパ&傘の完全装備で幼稚園へ行った娘を
むしろ誇らしく思えたことが、なんだか嬉しかったです(^○^)

これも【母学】のおかげです♪
(岡山県I・Mさん)


★最近、母学のおかげで娘を怒る回数がグンと減ったように思います。


★母学アカデミーは 毎月数ページなので、物足りなさはあるかもしれませんが、
それは、じっくりと自分と向き合って、自分のものにする為の最適な量だと思います。

ファイリングして、毎日パラパラとめくるだけでも、効果はあると思います。

子供を変えようと思う前には
親が変われば子も変わる事を思い知らされるコースです。
(山口県F・Sさん)
































【WEB母学通信コース】受講者には
【WEB母学通信コース応援メルマガ】で【母学】の学びを応援します!






あなたは数年後(十数年後)、
自分のお子さんにこんな風に
言ってもらいたいと思いませんか?




これは私の長男が大学1年生の時、
ある方の質問に答えた言葉です。

周りに誰がいても、
堂々とこういった発言ができる子どもに
育てたいと思いませんか?


母親がしっかりとした「子育ての軸」を持ち、
ブレない子育てをすれば、自然とこんな子が育ちます。


私の子育ては孤独でした。

自分で必死に
2000冊の育児書教育書を読んで
学びました。

でも、それが正しいのか正しくないのか、
お手本がないのでわかりませんでした。

周りからは、

「子どもは育児書通りに育たないのに、
そんな子育ては無駄!」


と言われ続けました。

誰かに自分の子育てを認めて欲しかった。

答え合わせをしながら子育てをしたいと
思い続けてきました。

だからこそ今、
私の子育てを参考にして欲しいのです。


全てが正解だったとは思いません。
失敗もたくさんあります。

あなたにピッタリかどうかもわかりません。

でも、何もお手本のない暗闇の中での子育てよりは、
ずっとずっとやりやすいと思います。


失敗例を見て「こうすれば失敗しなくてすむ」
成功例を見て「こうすればより成功しやすい」
ことを学んで欲しいのです。

そうすればあなたもきっと
「子育ての軸」が出来て、
ラクに楽しく子育てが出来ます。


母学アカデミーはいつまでも
あなたの子育てを応援しています!




お申込み頂き、第一回目の決済後すぐに
第一回目教材をメールでお届けします。

その後30日ごとに、次回教材をお届けします。



メール末尾の「解除ボタン」をクリックして頂くか、
クレジットカードの支払いを停止されると、
その月から配信が止まります。



その際は、必ずお問い合わせフォームよりご連絡ください。



4項目に分けて、1ヶ月に1項目ずつお送りします。

テキストとワークに分かれていますので、
テキストで知識を吸収し、
ワークで身につけていただくことができます。



お届けするメールの最後の
「メールアドレス変更はこちら」を
タップして変更して下さい。










お申込み方法がわからない方は、こちらをご参照ください。

その他お問い合わせはこちらから