お金教育は「自己肯定感」を高く育むこと

DSC_0032

【お金のこと、子どもにきちんと教えられますか?】青春出版

 

読者のお母さんから感想をいただきました!

 

>先生のご著書が出版される前に「お金教育」セミナーを受講していましたが、
改めてご著書で勉強させていただけたことは、本当にありがたい機会でした。
セミナーで学んだことの良い復習になったことはもちろん、
先生の御著述も、他のお母さんの実践例も、セミナー以上のもりだくさんの内容で、
これから長く手元において、度々参照したいと思う本です。
一番大きな発見は、お金教育を扱ったこのご著書は、母学の応用編ともいえるし、
ある意味では母学の大事なことをひとつの生活実践として現したものだと感じたことでした。
先生のご著書もセミナーも、様々なものを勉強させていただいていますが、
いずれも通底している大きなひとつの哲学があるように思います。
それは、
★子どもに自分の頭と体を使って、生きる力を身に付けさせること、
★人生を前向きに切り開いていける精神力、自己肯定感をはぐくむこと、
★そのために母親がすべきこと、すべきでないことを学び、そこから自分の目指す子育てを貫くための、確固たる軸を作っていくこと
だと今は理解しています。お金教育はまさにその精神の日々の、そして長きにわたる実践だと感じました。
先生が強調されていた、うまくいかなくても大目に見て、見守るという姿勢も、
まさに母学の大切な心得のひとつで、そしてこれが難しい・・・。
大いなる忍耐と寛容を要するのですが、それこそが子どもを、そして母親を育てていきます。
この本に書かれていることを、すべてそのとおりに実現することは、目標ではないと思います。
回り道をしながらも、最終的にたどりつくゴール北極星のようにして見失わず、
それぞれのやり方で、たゆまずにたどりつけることが一番大切だと感じます。
ご著書の内容は、その回り道の一例(回り道とはいえない、ショートカットですが)だととらえています。
この本をひとりでも多くのお母さんが読み、未来を担う子供たちに健全なお金感覚がみについてくれることを、切に期待します。
(東京都I・Mさん)
いつもセミナーに参加していただいているお母さまです。
お金教育の本ですが、実はお金だけのことが書いてあるわけではありません。
子育ての基本となること、
母の心得
など、【母学】ならではの子育ての基本にのっとって書きました。
その奥の奥まで読んでくださっているI・Mさん
ありがとうございます♪
表紙

無料小冊子【留学するために何よりも大切なこと】

ダウンロード開始7日間で877名の方に
ダウンロードしていただけました!
まだダウンロードしていない方はこちらから
http://bit.ly/1QNKsGC

 

【イギリス留学便り】

娘がイギリス留学を語るメルマガ

【イギリス留学便り】にもぞくぞくと
登録いただいています。
有料メルマガ(340円/月)ですが、
留学生の生の声が届きます。登録された方は
お楽しみに~
登録はこちらから
http://bit.ly/1TvJl4y



母学アカデミー

コメントを残す