子どもの癇癪、どうする?やめさせるorなだめる

pp816IMGL0944_TP_V (1)
 

 

「ああもう~っ(怒)」

 

 

こんな感覚は誰でもきっと
味わったことがあるでしょう。

 

あるお母さんからの報告です

 

 

>子どもが癇癪を起こすと
イライラしていました。

 

【母学通信コースを始めて
お母さんはどう変化しましたか】

 

怒りそうになったら、
子どもの能力を伸ばすことと
自分の感情を天秤に
かけるようになりました。

 

 

この子もきっと幼稚園で
疲れて帰ってきたんだなと
考えたりする様になりました。

 

こういう時、
河村先生ならどうするかな~と
考えたりしています(^^)

 

 

【どんな方に母学通信コースを
オススメしたいですか】

 

子どもの能力を引き出したいのに
どうしたらいいかわからないお母さん

 

色々な情報を集めているけれど
子育ての軸ができていないお母さん
(Uさん)

 

 

 

子どもが癇癪を起こすと
お母さんはイライラします。

 

 

周りに他人がいたりすると
余計に

「静かにさせなくては」

と焦ります。

 

 

 

例え家の中だったとしても
うるさくてイライラします。

 

 

うるさいこと=悪いコト

 

 

と思っていると

 

 

癇癪=やめさせなければいけないコト

 

 

になります。

 

 

 

なぜ、子どもは癇癪を起こすのでしょう

 

 

大人だって日常生活の中で
イライラすることはあります。

 

ストレスを感じることもあります。

 

 

でも、

★相手に言葉や態度で伝えたり

★ストレス発散にやけ食いをしたり

 

 

そんな方法で解決しています。

 

 

中には、ご主人や子どもに八つ当たり
という方もいらっしゃるかも。

 

 

子どもはまだ言葉が豊富では
ありません。
自分の気持ちを的確に表現も
できません。

 

自分でやけ食いをすることも
できません(笑)

 

 

 

だから、体と声を使って
「癇癪」という表現をするしか
ないのです。

 

 

「癇癪」=やめさせなければならないコト

 

 

と親がやっきになると
子どもだってイライラして
余計に癇癪を起こしたくなりますよね。

 

 

 

私がやけ食いをしている時に
「体に悪いからやめた方がいいよ」
「いい加減にしなさいっ!」

 

と言われたら、

 

 

「ほっといてよっ!」

 

 

と逆切れしそうです。

 

 

 

それと同じことなのです。

 

そのことが理解できたらきっと
お子さんの癇癪への対応が
変わると思います。

 

 

 

なるべく「ほっといてあげる」

 

 

 

でも、人間は無視されると
余計に腹が立つので

 

「共感をする」

 

このバランスをとるのです。

 

 

無視しすぎてもいけない
共感しすげてもいけない

 

 

このバランスをとりましょう

 

 

 

単なる「方法論」ではなく
子育ての「本質」を学ぶのが

 

【母学通信コース】です

 

【母学通信コース】の詳細や
お申し込みはこちらから

【母学通信コース】

 

 

毎月1280円(税別)~学べます。

 

オススメは3000円(税別)の
動画コースです!

 

テキストにはない
私の解説や体験談、失敗談など
リアルな話を動画で見ながら
学ぶことができます。

 

 

 

 

東大・京大・高校単身留学の子どもを育てた母の「全国対応 無料メールマガジン」



母学アカデミー

コメントを残す