子どもを怒らなければそれでいい?褒めればそれだけでいい?

pixta_28394148_M
 

 

【母学通信コース】受講生の声

 

>子どもの気持ちに寄り添い、
子どもを否定しない育児を
してきたつもりだったが、
子どもの力をうまく
伸ばせているか自信がなかった。

 

 

【母学通信コースを始めて
お母さんはどう変化しましたか】

 

子どもの自己肯定感を高めることが
子どもを伸ばすことにつながるとわかり、
自分の基本的な育児の姿勢は
間違っていないのだと安心できた。

 

 

【どんな方に母学通信コースを
オススメしたいですか】

 

子どもの将来について
あれこれ心配しすぎてしまうお母さんや、
自信を持って子育をしたいお母さん。

(Nさん)

 

 

 

「特に困っていないけれど、
今の私の子育てでいいのかどうか
不安・・・」

 

というお母さんは本当に多いのです。

 

 

★怒らなければいい
★褒めればいい

 

 

 

子育てはこんな簡単なものでは
ありません。

 

もちろん、子どもを親の感情だけで
怒ることはしない方がいいし、

 

褒めてあげると子どもはやる気がでます
(ただし、褒め方が大事ですが)

 

でもそれだけでは、子どもの能力を
十分伸ばすことはできないと
私は考えています。

 

 

 

それらをベースにして

「子どもを伸ばす」子育てを

お母さんにはして欲しいのです。

 

 

感想をいただいたお母さんのように

 

>自分の基本的な育児の姿勢は
間違っていないのだと安心できた

 

 

自分が自信を持つことが大切です

 

お母さんの自信がない = 自己肯定感が低い
= 子どもの自己肯定感も低くなる

 

 

こんな等式があります。
つまり、お母さんが

 

「私の子育ては、これでいいの?(不安)」

 

 

と思っていると自己肯定感が低くなるの
です。

 

 

 

「私の子育ては、これでいいの!(自信)」

 

 

こう思えたら、自己肯定感は高くなります。

 

 

 

そのためにも、「自信を持てる根拠」が
必要になります。

 

 

その「自信を持てる根拠」になるのが

【母学通信コース】です

【母学通信コース】の詳細や
お申し込みはこちらから

【母学通信コース】

 

 

毎月1280円(税別)~学べます。

 

オススメは3000円(税別)の
動画コースです!

 

テキストにはない
私の解説や体験談、失敗談など
リアルな話を動画で見ながら
学ぶことができます。

 

 

 

 
東大・京大・高校単身留学の子どもを育てた母の「全国対応 無料メールマガジン」



母学アカデミー

コメントを残す