バレエのお教室、変える?変えない?

 

 

 

小学校1年生の女の子のお母さんのお悩み

 

 

娘は

年少の頃からバレエを習っているのですが

お教室を変えようか

迷っています。

 

理由は先生との相性で

このまま続けていたら

自己肯定感が下がってしまう

と思ったからです。

 

意地悪なママ友との

もめ事があったり

 

私としては

気持ち新たに

新しいお教室に移りたいのですが

 

娘は

今のお教室に未練があるようで

「今のお教室で頑張りたい」

と言っています。

 

 

 

自己肯定感を上げることが大事

 

 

習い事においては

先生との相性が

すごく大事になってくると思います。

 

やはり子育てをする中で

一番大事なのは

「子どもの自己肯定感を上げること」だと

私は思っています。

 

厳しい指導によって

子どもの自己肯定感が下がっていくと

感じていらっしゃるのであれば

お教室を変えてもいいのではないでしょうか。

 

 

 

変えることは大変だけど

 

 

人間というのは保守的です。

変わるのがイヤなのです。

 

 

お子さんが

「今のお教室がいい」と言うのは

そのためもあるでしょう。

 

新しいお教室に変えたら

また1から

やり直さなければいけないとなると

今のままでいいと考えるのが

多くの人間の考え方なのです。

 

だからと言って

お母さんが無理に変えるのは

良くありません。

 

例えば

新しいお教室に見学に行ってみては

いかがでしょうか。

 

みんなが楽しそうにやっているか

先生が温かい目で見てくださっているかは

見学だけでもきっと分かるでしょう。

 

最終的に決めるのは

お母さんとお嬢さんです。

 

いろんな視点から見て

お教室を変えるかどうかを

考えてみてください。

 

 

blog_mailmagazine


母学アカデミー

コメントは停止中です。