中学生の息子が、マイペース過ぎる!

 

 

 

中学校1年生の男の子のお母さん

 

 

息子はひとりっ子で

のんびりしている性格です。

 

時間を上手く使えないことに

モヤモヤする毎日です。

 

体力が無いせいか

成長期のせいなのか

 

眠くてたまらない様で

宿題に取り掛かるのにも

時間が掛かります。

 

 

 

口出しせず、見守る

 

 

中学生となれば

 

親がどうこう言って

どうにかなる時期は

もう過ぎています。

 

今から親御さんができるのは

子どもを信じて見守ることだけです。

 

1つだけ

「宿題をやらないで学校に行って平気か」

ここだけはチェックしてあげてください。

 

宿題というのは

先生に提出するものですから

 

内容はどうこうとか

さっさと時間をかけずにやるとか

 

そんなことは関係ありません。

 

提出することができれば

もうそれで良し!

としていいのではないでしょうか。

 

親が

「もっと早くしなさい」

「段取り良くしなさい」と

 

それ以上のことを

口出ししていると

 

もう少しすれば反抗期ですから

「うるさい」

「ウザイ」と返ってくるかもしれません。

 

ケンカになるのも

あまり良いことではありません。

 

もう親は覚悟を決めて

見守ってあげてほしいのです

 

 

 

励まし、共感する

 

 

中学生ぐらいの子は

ずっと寝ているという話をよく聞きます。

 

やはり体は成長する時には

眠いということがあるのだと思います。

 

そのあたりは

お母さんも共感してあげましょう。

 

「眠いよね」

「眠いのに宿題を頑張っているよね」と

 

励まし

共感してあげる。

それを続けてみましょう。

 

 

blog_mailmagazine


母学アカデミー

コメントは停止中です。