子どもが砂をぶちまけた時、カッとなる心を静める方法

たまご

昨日、スーパーに買い物に行った帰り

ドサっと買い物袋をキッチンのカウンターに置いたら

卵を買ったことを忘れていて

悲惨なことになりました(笑)

 

 

ありますよね?そんなこと・・・

大人だってあるのだから、子どもだったら仕方がない。

仕方がないとわかってはいても、

いざ目の前でやられると、カーっとなってしまうもの。

 

 

 

 

【母学特別レッスン】受講生の
報告です

 

年中さん、3歳、0歳の三人の

お子さんがいらっしゃいます。

 

毎日の忙しい生活の中で

心がなくなりそうになったら

スカイプ面談を申し込まれます

(忙しいという漢字は
「心を亡くす」と書きますね)

 

 

スカイプでは悩み相談と言うより

雑談で大笑いする感じ(笑)

 

終わった後は

「すっきりして元気をもらいました
これでまた今日から頑張れます!」

と笑顔でおっしゃいます

 

 

 

>>年中の息子が幼稚園から帰ってきた

ときのことです

幼稚園で作った工作を出そうと

袋をひっくり返した途端、

大量の砂が工作と一緒に家の床に

ばらまかれました(;^_^A

 

 

砂遊びが大好きな息子が

袋に砂を入れたことを忘れたまま

工作も入れてしまったのです

 

 

一瞬固まって身構える息子。

きっと私に怒られると

小さくなっていたのでしょう

 

 

私も床にばらまかれた砂を見たときに

一瞬頭が真っ白になりましたが

その時にでてきたのが特別レッスンの

「心の目を天井に飛ばすワーク」

 

 

 

 

「あ、床は掃除機をかければいいじゃん」

そう思えたら、

怒る気持ちは起こりませんでした

 

「大丈夫大丈夫、掃除機かければ平気だから」

 

 

そう笑顔で言っている自分に気づいた時

「特別レッスンのお陰だ~(^^♪」

としみじみ感じました。

 

 

 

こうやって京子先生に

その顛末をお話し出来る事が

またまた嬉しいのです。

気持ちがすーっと軽くなりました!
(Tさん)

 

 

私とのセッションは

「王様の耳はロバの耳」的な

誰にも言えないような話が

できます(笑)

 

 

子育てをしていると

案外大人とたわいない話を

することができません

 

 

ご主人に言っても

いまいち状況を理解してくれないし

 

ママ友に言ったら

「それって自慢? 」

と思われそうだし・・・

 

 

でもそういった日常の小さな事

の重なりが子育てなのです

 

 

一つ一つの事件を認めてこそ

次の段階に進めるのです。

 

多くの方が私と話をすると

「スッキリします」

「元気が出ました」

とおっしゃいます。

 

 

それこそが私の仕事なんだなぁ

としみじみ思うーこの頃です。

東大・京大・高校単身留学の子どもを育てた母の「全国対応 無料メールマガジン」



母学アカデミー

コメントを残す