子育てのハンドルは親が握る!

suk
母学アカデミー学長の河村京子です。

「母学」を学んで子育ての花を咲かせましょう!

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ 

以前パーソナルセッションをしたママさんから感想のメールをいただきました。
(ご了承いただいております)

>先生にお話を聞いてもらった安心感と、色んなアドバイス、そのお陰で私が精神的に安定して、娘へ少し気持ちのゆとりが出来てた接し方が出来てきました。

一緒に遊ぶのも、今までは頭の中は家事の事や時間を気にしたりしてましたが、少しの時間でもそれを忘れて一緒に遊んだり、
遊び食べも、座らなってお片づけを始めると、泣きましたがその後抱っこして、明日は座って食べようねと言うと、
「うん」と落ちつきて予想外に泣かなかったので、驚きました。
今まで機嫌を損ねて泣かれるとこっちがイライラしてしまってたので、
なるべく泣かさない様に遊び食べでもこっちが追いかけてあげてましたが、ちがうーと分かりました。

一つ上手くいくと私も自信が少しづつついてきて、これからの糸口がつかめてきたような気がします。

ハンドルは親が握るように上手く促し、物事を選択するのは子供…そうですね。

ご飯食べさせなくちゃ、ちゃんと座ってたべさせなくちゃ…させなくていいんですよね。

させなくちゃ…をやらない事で私も娘の様子をだまって見守る事も出来るようにもなってきました。
まだあれから何日かしか経ってませんが、お互いが少し居心地よくなってきました。

まだまだこれからも成長と共に色んな悩みがでてくると思いますが、またその時もはよろしくお願いします。
(ここまで)

一生懸命子育てをされているママさんですが、大きな責任感を背負って
押しつぶされてしまいそうなイメージでいらっしゃいました。

でも、ゆっくりお話ししていると、ある瞬間で
ストーンと心に落ちたようで、
途中から顔色がパァ~と明るくなりました!(^^)!

「子育てのハンドルを親が握る」

とても大切なことです。
子どもがハンドルを握ってしまうと、子育ては右往左往します^^;

親がハンドルを握れるよう導きましょう。

そして、ハンドルを握るのは、車でも子育てでも同じです。
無免許で車を運転するのは、とても危ないことです(-_-;)

子育ても同じ。子育てに免許証はありませんが、
勉強してから子育てをするほうが、安全運転ができますから、
落ち着いて快適なドライブ(子育て)が楽しめます(#^.^#)

【母学通信コース】は、そんな「親がハンドルを握る」ための学びです。
「子供にハンドルを握られているなぁ」と感じたら
ぜひお母さんがハンドルを取り戻しましょう!
詳しくはこちら→★

【母学】情報
詳しくはメルマガでお知らせしますので、
どうぞ、ご登録くださいね!(^^)!
登録はこちらから→★

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ 

「0歳から6歳までの東大に受かる子どもの育て方」
河村京子著 KADOKAWA中経出版

購入はこちらから→★



母学アカデミー

コメントを残す